カテゴリ:
6
次のサークルは、居酒屋で懇親会だとのんちゃんから連絡があったのは、初めてのサークルから1週間ほどした頃だった。
乗り気ではなかったが、のんちゃんの立場も考えて、あと何回かは顔を出しておこう、と由香は決めていた。
「サークルは夕方からだし、それまで久しぶりにテニスでもしない?」
のんちゃんはサークルの話が終わると、由香をテニスに誘った。

まだ4月だというのに約束したその日は真夏のような暑さだった。コートにいる間中、肌がジリジリ焦げ付いていくような、そんな感覚に捕われていた。
案の定ロッカールームで自分の姿を見ると真っ赤に日焼けしているのが見えた。

夕方、のんちゃんと居酒屋に行くと、二階の座敷席に通された。部屋に入ると、他のメンバーはすでにそろっていた。
「適当に座って」
という声が聞こえたので、空いている席を探して、由香は思わず「え?」と声をあげた。
あの嫌な男、新井さんの横しか空いている席が見えなかった。彼の左隣は当然のごとく、鈴木さんが陣取っていた。
のんちゃんを見ると空いていたもう一席に座って隣の人と話し始めていた。
ボーリングの時、同じグループだった恵ちゃんに、ことの経緯を聞いてみると
「あ~、新井さんの隣ね、初めは他の子が座っていたの。だけど、鈴木さんがあまりに新井さんにべたべたするものだから、嫌気がさして、別の席に移っちゃったのよ」
と、しかめっ面で教えてくれた。
そういう事情なら、新井さんの横に座ったところで、彼は鈴木さんと話すのに忙しく、自分に構うこともないだろうと思い、由香は空いているその席に座ることにした。

案の定、鈴木さんは自分が食べることをそっちのけに、料理をお皿に盛っては
「はい、新井さん。これ美味しいよ。私もさっき食べたんだけど、すごく美味しかったの」
などと言いながら、甲斐甲斐しく面倒を見ていた。由香は彼らの方を一瞥しただけでそっぽを向いた。
しかし、そんな由香に新井さんは声をかけてきた。
「ブラックコーヒーの格好いいお姉さん、飲んでる?食べてる?」
「飲んで食べてますので、どうぞおかまいなく」
そんな素っ気ない態度にもめげず、新井さんは続けて質問をしてきた。
「大人しいね?ボウリングの時も静かだったし。どこの大学だっけ?出身は?」
「南のはずれにある、誰も知らないような短大に通う、地元の人間です」
冷たく答えてやれば、そのうちあきらめるだろうと思ったのに、彼は嬉しそうに続けた。
「南にある短大って、もしかしたらあそこ?俺の家のすぐ近くだよ?俺の家はね…」
などと聞いてもいないのに、自分の家の説明まで始めた。

サークルは乗り気がしないので大人しくしているけど、由香は普段、決して大人しい人間ではなかった。
コンパやパーティをするときには、たいていの場合、幹事で、もちろん、それは由香の盛り上げてくれる性格を知ってのことだった。あの子に任せておけば楽しい場が作れるとみんなが思っていたからだった。
人が集まる場所には、必ずいる『場を盛り上げるだけのピエロの役回り』それが由香だった。
但し、それは仮の姿。
本当は、賑やかなことは苦手だった。全てのことを一歩引いたところで、冷めた目でしか見ることが出来ない女。
だからこういう自分に似通った、賑やかなピエロ男の真意を探ってしまう。そして探ってしまう自分に疲れてしまうので、得意ではなかったのだ。

つまらなそうに答える由香の態度にもかまわず、新井さんは話し続けた。
その新井さんの向こう側では、鈴木さんがしきりに彼に話しかけていたが、彼に無視される形となっており、寂しそうにしているのが見えた。
「お隣の彼女、あなたと話したがってますよ。私なんかにかまってる暇があったら、お隣と話されたらいかがですか?」
由香は冷たく新井さんにそう言い放った。
「実はね、あの子、苦手なんだ」
新井さんは杏子の耳元で答えた。
「苦手なら苦手だって言えばいいじゃないですか。あなたがいい顔ばかりするから、彼女、勘違いして…」
そこまで言いかけた時だった。新井さんはくるっと鈴木さんの方を振り返って言った。
「あのさ、俺ばかりと話しても、仕方ないでしょ?もっと他の人とも話さなきゃ」
その言葉を聞いて、鈴木さんはすごい形相になった。しばらくすると涙目になり
「そんな風に言わなくても…」
と言い返したが、新井さんは
「だってそうだろう?いろんな人と会話するために、このサークルも親睦の場もあるんだから。俺だって他の人とも会話したいし、君ばかりかまってるわけにもいかないんだよ」
と、ムッとしている様子だった。

一瞬にして場が凍り付いた。