And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

tateishifesta2



にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。



2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる。
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひる、横浜の喫茶へそまがり、の2店舗には置いてありますので、そこで買うこともできます。

2016年3月3人編成のロックバンドジョズエを結成。
にたないけん:エレキギターとボーカル
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


「ずぶぬれシアター」



「ダンス」



「うそでもいいのさ」



ジョズエ「ダンス」


 

にたないけんドキュメンタリー

作:成富紀之



https://vimeo.com/198898776





おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com





―1月―

■1/8(日)吉祥寺シルバーエレファント
silver elephant presents しるえれコネクション―16文キック―
17:30open/18:00start
前売2000円/当日2500円 +drink
イヌガヨ/鈴木実貴子ズ/ギャーギャーズ/鶴ヶ屋/ジョズエ
※ジョズエ出演は1番目18:00~


―2月―

■2/4(土)山羊家
「ヤギロック―5匹のイカれる料理人―」
15:00開場/15:30開演
入場無料(料理投げ銭あり、ドリンク持ち込み自由)
出演:にたないけん/藤井えい子/じゃっく(イヌガヨ)/渡邊広幸(THE 抱きしめるズ)/山羊青い

※個人宅でのイベントです
出演ミュージシャンが一人一品料理を振る舞います
ライブもやります
要予約先着15名です
nitanaiken@gmail.com
まで連絡お待ちしてます
質問も気軽にどうぞ

yagirock


■2/15(水)亀有KIDBOX


―3月―

■3/10(金)横浜FAD
※ジョズエでの出演になります

■3/14(火)新宿ロックンロール以外は全部嘘

■3/27(月)池袋Adm
※ジョズエでの出演になります


―4月―

■4/1(土)野毛ボーダーライン
19:30open/20:00start
500円+drink(投げ銭あり)
にたないけん/松井文




チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




オカルトも
スピリチュアルも
サブカルも
きらいだけど
きょうはっきりとじぶんの人生が
エピソード3に突入したことが
すっくりとわかった

金曜日の昼間から突如として腹の中にでかい石をぶちこまれたような痛みを感じ
ああこれは変だな兆しだな兆してるなと思うのも束の間
全体的なだるさ、寒気、節々の痛み、吐き気
食中毒だろうか、あれ、変なもん食ったっけ?
と考え込みながら布団に埋没
とにかくいくら着込もうが絶望的に寒いので睡眠導入剤で強制睡眠

土曜の朝起きて内科へ
原因はよくわからないがお腹にばい菌がいることは確かなのでそれっぽい薬だすっちゃと言われる
オバタリ看護婦には、ポカリ飲むのはいいけど常温でね、きゃぴ!とにこやかに言われる
やわらかいもんしか食うなと言われる
風呂も禁じられる


まえにもこういった原因不明の病魔にお世話になったことがあり
そのときは症状がひどすぎたので入院した
高級病院で全身検査を受けたのだがどこにも異常がなく
4泊5日したのに結局なんの病気だったのかわからず迷宮入りになった
当時は僕のレテパシーズというバンドでドラムをたたいていたのだが、この入院によりライブできなくなり、現在のドラマーのアディーが代打で札幌から呼ばれることになる

今回のもそのときの病状のライト版である
入院こそしてないもののおれにはわかる
現在日曜日の昼
病状はゆるやかに下降
近いうちに健やかになるだろう


しかしほんとうに言及したいのはそこではない
おれは2日間酒を口にしてないのである
ぼくは休肝ということをまったくしないのである
つまり酒を飲まない日はないし
なにも予定がない場合
もしくはそこそこどうでもいい予定の場合
午前様から酒を注入することも多々ある
いや、ええい、ままよ、白状するならば早起きして朝の5時くらいからわざわざ飲み始めることもある
それがこの2日間いっさいがっさい飲まないというていたらく
酒を飲みたいという欲情がまったくわかなかったのだ


するとどういう変化がおきるのか
当たり前だがしらふになる
しらける、という言葉のほうがしっくりくる
なにもかもしらける
体はなにやらやわらかい
起床時のごりごりした感じはない
視力がよくなった気がする
頭の回転がよくなる
感覚というのか精神というのか、とにかくそれが澄み渡っている
発想や言葉がアホほどうまれる
こんなに多感でいいのだろうかと思う
同時に泣きやすくなる
怒りやすくもなる
笑いとか安らぎのようなものがべつだん欲しくなくなる

世の中の飲酒しない下戸の方々はこんな感覚で生きているのだろうか
こんなにいろんなものをいちいち感じていたらすごく生きづらくないか
たったの2日の断酒でこれである
おれはしらふがこわい



この世にうまれおちる日はえらべない
うまれる場所も
うまれる時間も
えらべない
朝か夜かもえらべない
男になるのか女になるのかもえらべない
なりたい髪の色もえらべないし
なりたい目の色もえらべない
父親になってほしいひと
母親になってほしいひとはえらべない
はじめてしゃべる言葉はえらべないし
おそわる言葉もえらべない
だれと出会うのかもえらべないし
だれともう会わなくなるのかもえらべない
ちんちんのおおきさもえらべないし
おっぱいのおおきさもえらべない
どんな飲み物が好きになるかもえらべないし
どんな食べ物が嫌いになるかもえらべない
なにをおぼえてるのか
なにをわすれてゆくのか
それもえらべない
だれを好きになるのかはえらべない
だれに愛されるのかもえらべない
そしていつかこの世からはがれおちる日もえらべない
死ぬ場所も
死ぬ理由も
えらべない


ぼくらがこの世界でえらべるのは
やめるのか
つづけるのか
たったそのふたつだけ
やめるのか
つづけるのか
きょうも世界中のこめかみが
ピストルの銃口で焦げている


スーパで買い物をしていた
するとすれちがいざまに「松前漬けあるかしら?」と聞こえた気がして振り向くと
オバタリ客がオバタリ店員に対しそのような問答をしていた
店員は「あれ、どこかしらね、ちょっと待ってくださいね」と言い置いてその場を離れ
ちかくにいた星野源のような店員になにやら聞いていた
そしてオバタリと星野源はいっしょくたになって生鮮売り場を探索するのだが
いっこうに見つからない
ごめんなさい、ちょっとわからないです~と客に謝罪しにいき、そうですかーほほほ、ほほほ、てな感じで場は終息した
この1分ほどの顛末をなんとなく見ていた

よっぽど言おうと思った
スーパ通いが唯一無二の趣味であるぼくのポテンシャルを舐めくさらないでほしい
松前漬けの場所などは熟知しているので目をつぶりながらでもそこに到着できる
たいがい塩辛とかつぶわさびとかそういった珍味扱いの場所にいつもある
なんなら、松前漬け作成キットの場所も即座にわかる
明太子とか昆布とかひじきとかが置いてある場所にかならずある
ほれみろ、もうこのスーパの世界地図など脳内につぶさに叩き込まれておるのだ

しかし問題は、はたして、ほんとうに、松前漬けと、かのオバタリは発音したのだろうか
そこの一点である
そこに自信がなかった
テルマエロマエ、かもしれず、松ちゃんのまつ毛、かもしれず、待ってろずっけー、だったかもしれない
だもんで、「あ、松前漬けなら、ほら、こちらに、フォローミー」という会話が切りだせず、だってそうだろ、いきなりわけのわからん砂利餓鬼から「松前漬けの場所ぼく知ってますよ!」ってこられたら、気持ち悪すぎる、それはもう座敷童とおなじレベルの、害はないけど気色悪い妖怪であり、お前誰やねんとなるのは必須であり、たとえほんとうに松前漬けを探していたとしても、そんな妖怪からは1秒でも早く離れたいこと必至であり、生者必衰、心頭滅却、阿弥陀如来のボブスレー、と、テンポよく発狂してしまい、そんなことは避けたい、だってみんな今夜の温かい飯を作るためだけにここにやってきたんだ、僕ら見た目は違うけど、生き方も違うけど、ほんとうはそんなにちがわない、そうだろう
というようなことが瞬間に走馬灯してしまいオバタリを助けることができなかった

今となっては話しかければよかったと思っている
先日もカモメの餌をあげるおじさんに話しかけたかったのだが、あ、前後のいきさつは省きます、なんだか気がひけてそれをしなかった
しかしあれはあとから絶対に話しかければよかったと、そのときの連れと二人顎関節症になるほどうなずきあった

暮らしの中で
思いつきを実行する反射神経というのは絶対的にだいじである
ほんのすこしでも今よりたのしくなるためには


外は雪で
自転車で出かけようとおもったら
巨大なフクロウがばさー降りてきて
わしづかみにされて
フクロウだけど
うわっでかっきもちわるってなって
でもクチバシがするどかったから
これはつつかれちゃかなわんと思って
顔だけがっちりつかまえといて
きもちわるかったけどクチバシはあぶなかったし
そのまま駅まで歩いてって
道行くひと誰も助けてくれなくて
そしたら警察がひとりあらわれたから呼び止めたら
そっちのほうがいいって言われてそっち見たら
駅の事務所から大量に警官があふれでてきて
きみだいじょうぶか、はやくこちらへ、ってなって
事務所入ったらなんか屋上になってて雪もやんで
そんでいつの間にかフクロウの顔砕いちゃってて
蟹の甲羅みたいに粉々になって
でも体だけでひょこひょこ動きだして
そしたら街中を巨大な生き物がのし歩いてて
それをレーザーガンで倒しまくらなきゃいけなくて
漫画のガンツみたいな感じ
そんで順調に倒してたんだけど
全裸の青い体の男がつよくてぜんぜん倒せなかった
そのあと勝ったのか負けたのかごちゃごちゃになって
自衛隊の訓練がはじまった

実は先月から煙草をはじめた
といっても1日に1回多くて2回
帰宅したあとベランダで吸う

煙にも味がある
吸い方によって味が全然変わる
あまかったりからかったり
これがおもしろくて吸い始めた
喘息もちなので肺にはいれない
だから強いのを吸っている
噛むように吸っている
こういうのをクールスモーキングというらしい

よく朝起きた時とか食後とか吸いたくなると聞くが
そんなことはまったくない
むしろ煙に味がしない
この兆候だと大麻や阿片のほうがもしかしたら向いてるのかもしれない
ただし珈琲とウイスキには爆発的にあう
たがいの旨味がひきたつ

あとぼーっとできる
ぼくはぼーっとするのがすごく苦手なので
いいかもしれない

1日の夜に見た夢はなんか蛇に噛まれまくる夢だった
いたかった

2日の夜に見た夢はまた蛇に噛まれまくる夢だった
空飛んで逃げたのに蛇も飛んで追いかけてきよる
まわりのともだちも誰も助けてくれんかった
きのうより蛇がおおきくなってた
いたかった

3日の夜に見た夢はうちのアパートが巨大な野戦病院になってて
いつもは閉まってる地下室へのドアがあいてて
あけたけどこれはやばいと思って引き返した
外の階段をぶわーって走ってたら兵士が何人か歩いてた
自分の部屋にたどりついたらクマのぬいぐるみがあって
それがぶわーめくれてちこちこ後ろをついてきた
でかい蚊がずっと耳んとこいて
くすぐった気持ち悪かったずっと
窓の外を見るとむちゃくちゃ高い空の上にいて
でかい滝が地上まで落ち込んでて
男といっしょに車にのってて
ここから一回落ちるとかなりポイントが稼げる
だいじょうぶ終わったあとすぐよみがえるから
って言われたけど
あまりにこわくて
ああこれ夢だなじゃあ落ちてもだいじょうぶだ
ってうっすら気付いたけど
やっぱりすごいこわくて
やだって言ったら
へえーやらないんださっきはやったのにって言われて
そのあとお城のなかの庭を散歩した

このページのトップヘ