And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

CD04DEA1-AB46-4313-8F4D-EBF7B8919E32



にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。

2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる(廃盤)
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひるにも置いてありますので、そこで買うこともできます。



2016年3月ロックバンド結成、名をジョズエ。
にたないけん:エレキギター、エレキハーモニカ、ボーカル
はなえもん:エレキギター、コーラス
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

ジョズエのホームページ


2017年10曲入りの1st albumをつくる。



twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


にたないけん「ずぶぬれシアター」


にたないけん「ダンス」


にたないけん「うそでもいいのさ」


ジョズエ「ダンス」 作:和久井幸一



にたないけんドキュメンタリー 作:成富紀之



にたないけん「クロール」 作:和久井幸一


にたないけん×夜久一「うそでもいいのさ」 作:和久井幸一



おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com



2018年


―7月―

■7/8(日)阿佐ヶ谷MUSWELL
「はっぴいえいと」
19:00open/20:00start
投げ銭+drink
パインズマインズ/にたないけん
20:00〜 パインズマインズ
20:30〜 にたないけん
21:30〜 パインズマインズ
※にたないけんはアコースティックバンド編成でのライブです

◾︎7/13(金)高円寺大陸バー彦六
「東京三文オペラ」
18時開店/19時30分開演
投げ銭+飲食代
ガリザベン/にたないけん/渡辺ヒロユキ

◾︎7/14(土)吉祥寺シルバーエレファント
「しるえれコネクション-夏の背中-」
17:00open/17:30start
前売2300円/当日2500円 +drink
ガリザベン/砂場/にたないけん/佐古勇気/tiny flower/内村イタル/しんきろうのまち
※にたないけん出演は20:35〜

◾︎7/19(木)新宿スタジオペンタ 101号室
ジョズエスタジオワンマンライブ「インザガレージ vol.2」
20:45open/21:00start
1000円(飲食持ち込み自由、喫煙可)
※1階ロビーで受付せずに直接101号室にお越しください

■7/21(土)大久保ひかりのうま
19:00open/19:30start
1800円+drink
輪/sour pomero(原名蕗子+依田ちひろ)/にたないけん
※にたないけん出演は20:20〜

■7/26(木)西荻窪ARTRION
-ARTRION5周年特別企画ワンマン月刊‐
にたないけんワンマンライブ【にたないけんおおいにうたう】
18:30open/19:30start
前売2500円/当日3000円 +drink


―8月―

◾︎8/4(土)渋川Casa Midori カーサミドリ
サワダヒロアキ企画「夏休みのおへそinカーサミドリ」
18:00open/19:00start
1500円+order
サワダヒロアキ/ハシヅメヒトリ(ホーガン紙)/にたないけん/さよならカンパニー
※にたないけん出演は21:00〜
住所:群馬県渋川市有馬1080-3
Tel 0279-23-6544

◾︎8/8(水)新宿Motion

◾︎8/11(土)三軒茶屋HEVEN’S DOOR
バイドクpresents「NAKED PUNK FESTIVAL’18」
15:00open/15:30start
前売2000円/当日2500円 +drink
※童貞、梅毒感染者割引有り
※18歳未満入場禁止
バイドク/SLANG BOOGIE/東京梁山泊/SCRUM SYRUP/デッドバンビーズ/
THE CATTLEFISH FRITTER/ヒゲと味噌汁/SHOWKYOS ME/にたないけん
special guest:おいおい教教祖
Drag Queen:634・マンガリッツァ
Food:中村屋
※にたないけん出演は18:50〜

◾︎8/21(火)高円寺U-hA
19:00開場/19:30開演
2000円 +drink
にたないけん/コガラチヒロ
※にたないけん出演は20:35〜

◾︎8/31(金)新世界のこされ島(大阪)
アカネコ企画「のこされ日々是好日」
Nonsugar’s Book『夏の残像』
19:00開場/19:30開演
2000円(1drink込み)
シラハタショウコ/加納未樹/にたないけん/Nonsugar
※にたないけん出演は21:00〜


―9月―

■9/1(土)塚本エレバティ(大阪)
はなたBarプレゼンツ
たむらゆうこ写真展併設
【なつのおわり会】
16:30open/18:00start
予約2000円/当日2500円 +drink
岡沢じゅん/にたないけん/ガリザベン
写真展示:たむらゆうこ
ご飯:ちょこ(バニーブルース)

■9/2(日)北浜雲州堂(大阪)
「夜には星と音楽を」
18:30open/19:00start
前売2300円/当日2800円 +drink
にたないけん/西島衛(ザ・シックスブリッツ)/青木拓人/藤井えい子
住所:大阪市北区菅原町7-2

◾︎9/12(水)池袋adm
「クレイジーモンキー」
18:30open/19:00start
前売2000円/当日2500円 +drink
ジョズエ/モーレツアタック/あきらめきれず/ユメイハダカ

◾︎9/13(木)新宿ロックンロール以外は全部嘘

◾︎9/17(月)吉祥寺WARP
「SUMMER OF LOVE 2018」
open未定
2500円 +drink
The mammy rows/コーンカワハラ(ポップコーンズ)/TADPOLE SPRASH/PEPPERMINT U/
人人人/Chieco and Her Drivers/ブリキオーケストラ/東京ゴッドファーザーズ/ブルボンズ/
シャク&リハビリーズ/BINJU/たいへんにんげん/イエローキャラバン/ジョズエ/NUTTY WESTERN’S
…and more
DJ:まーくん
FOOD:ブラジル肉串(橋本商店)

■9/30(日)四日市ドレミファといろは(三重)
「安島サンテントウリツ」
13時開演
charge未定
いとまとあやこ/石指拓朗/蠣崎未来/ガリザベン/黒岡まさひろ/佐藤守晃とブルーハワイ/
佐々木健太郎/樽木栄一郎と宮川剛/仲井陸/にたないけん/原田茶飯事/ひろたうた/
雰囲気バンド/堀田ダチオ/わたなべよしくに/ヲザキ珈琲


ー10月ー

◾︎10/5(金)高円寺U-hA
19:00開場/19:30開演
2000円+drink
にたないけん/松浦湊
※にたないけん出演は19:30〜

◾︎10/18(木)西荻窪ARTRION

◾︎10/31(水)亀有KIDBOX




チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円
※廃盤です

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない


syaberunapola

ジョズエ「しゃべるなポーラ」
10曲入り2000円

1.ナイトインザナイト
2.風になるのさ
3.ギロチン
4.カバンとコートとカートコバーン
5.きょうはかなしいのさ
6.レディドントダイ
7.女生徒
8.スーパーカー
9.映画みたいだ
10.ダンス



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




会った途端に、痩せた?だとか太った?だとか、疲れてる?だとか機嫌良くない?だとか、必ず聞いてくる人種がいる
僕はそういった人々をもっとも嫌悪する者である
何かしらを感じ取ったからといって、それを口に出して本人に確認するのははなはだ幼稚である
その会話は何も良い方面を産まない
だからどうした?である
ほっとけ、である
痩せてたらじゃあなにか、マヨネーズラードチャーシューおにぎりをくれるのか
疲れてたらなにか、無償で全身整体ののち、岩盤浴や温泉旅行を手配してくれるのか

僕は、人の身体的特徴に関するコメントは一切しないようにしている
気付いても言わない
なにか特別な衣服を装備していたり頭髪形態を変えていたりしても言わない
この誓いのせいで、かつて当時お付き合いしていた女性に怒られたことがある
どうしてこんなに髪を切ったことを言ってくれないのか、似合ってないのか、と糾弾され、そんなことはない、と言ったら、じゃあ何で言ってくれないのかふざけるなというさらなる爆炎を生み、そのままその日の会合が流れた

他人の身体的特徴に平気で立ち入る人は、今までその部分にコンプレックスを抱いたことがないか、自分の見た目に自信があるか、それを言うのが面白いと思ってるか、である
日本人はハゲとかゲイなどを格好の笑いの種とするが、僕はあれが面白いと思ったことが一度もない



僕は12歳のときになぜか自分の髪の毛をむしり続ける行動にハマってしまい、それでひどい頭になった
頭のところどころにクレーターのようなハゲを抱えた
授業中でも帽子をかぶることを特別に許可されたが、同級生に帽子をとられては馬鹿にされた

あと子どもの頃、両親が僕と弟をまったく同じ髪型でまったく同じ服装にしてたので、外に出ると、双子だ双子だと囁かれ、それがものすごく嫌だった
なぜ嫌なのか、理屈ではなく生理的なものだった
は?どこが似てんだよ、全然ちげえよ、という思いだろう
その頃の根深いかすり傷は今でも残ってて、弟に似てると言われるのが、すごく嫌である
弟が嫌いなわけではない、むしろ尊敬している
でも、似ている、と言われるのがどうしようもなく苛つく
実際似ているのもある
他人にはどうでもいいことであるが僕にとってはいまだにおおきなことだ
全然似てないじゃんて言われたことが今までに2回だけあって、その時は自分でも驚くぐらい嬉しかった
自分という存在が認められたという感触すら覚えた



ひとがどんな闇を持ってるかはわからない
コンプレックスをほんとうに乗り越えられる人はごくわずかだと思う
からだのことは言わない
こころは見えない
 
 

スズメがザリガニを食っていた
ぼかぼかに照りつける太陽のしたで懸命に食っていた
そのありさまは優雅ですらあった


小学生の時、飼育係に任命され、チャボの世話をした
いったいどうやって世話をしていたのかまったく思い出せないが、ゴキブリを食わせていたのだけは覚えている
ゴキブリを食うという事実がおもしろ気持ち悪くて、校内でゴキブリを発見すると頑張って捕獲、チャボに与えた
あんなに素早いゴキブリをチャボは一発のくちばしで仕止める
しくじらない
丸飲みである

ある日僕はチャボを小屋の外に出した
チャボが小屋ではなく校庭のそこら中にいる光景がシュールで気に入り、そのまま放し飼いにした
そして小屋に戻すのを忘れて下校してしまい、ある日チャボはいなくなった
なぜかそこまで問題にならず、飼育係である僕への責任の追及などもされなかった



家の近くでつかまえたカマキリを虫カゴで飼っていたこともある
興奮してその中にとにかく他の虫をぶちこんだ
捕食シーンをどうしても見たかったのだ
しかしカマキリは一度も食事せずにからからになって死んでしまった

駐車場にいくとダンゴムシがたくさんいた
片っ端からいろんな殺し方で殺した



小さい頃からずっと死に対して興味があった
死というより、終わることへの憧れ、だった
終わることはうつくしい、たのしい、と思っていた
よみがえりは信じなかった
終わるのだ
徹底的に存在しなくなるのだ

プールや公園で死ぬ真似遊びもよくやった
布団の中でもいろんな妄想で遊ぶのだが、最後は絶対に自分が死んだ
その死に方を考えるのがたのしかった


ずいぶんと大人になってから新宿の映画館で「たまの映画」を観たときに、劇中で知久寿暁が、「死ぬのってなんか面白くないですか?あれ、あいついなくなっちゃったよ、って。笑えますよね。」って言ってて、 自分の死生観が見透かされたようだった
少し嬉しかった
ああ、おなじ人がいたよ



僕は死に
きみも死ぬ
それだけが僕らに共通する事件だから
僕らはほんの少しわかりあえる

 

日本人が発明した言葉の中で、いちばん好きなのは、夜、だ
みんな知ってる言葉だ
けれども、よる、っていう響き、漢字のかたち
よくわからない
でも見ただけで、言っただけで、何とも言えない、何ものにも代えられない
静かもうるさいもない
暑いも寒いもない
無限におだやかな
宇宙にいちばん似てる場所

ぼくはいつもたのしい
ぼくはいつもかなしい
ひさしぶりに三崎にいきたい 

快感の追求だけに執心すれば何も怖くない
なにが起きてもへっちゃらである
失敗という現象がそもそも存在しない
練習通りのことや音源と同じことをしてもつまらない
MCや宣伝も不純物だ
ロックはお遊戯じゃねえんだよ
生きてるしるしを
せまいドアをこじあけて
なんとか見つける孤独な作業
その見つかったやつがまだあたたかいうちに
そこにいる人に渡す繊細な作業
音楽じゃなくてもいいのかもしれない
僕はライブがしたい

 

「続・ロビンへ」

あの頃僕らはじぶんの体重すら運べず
手足をふりまわして車輪にするしかなかった
望遠鏡をのぞいては遠くのものにばかり憧れ
きれいと美しいはちがうぜ、カステラベイブ
ボロきれ一枚を札束と言いはり
ドクダミのガムを噛みしめて
生まれたその日の朝から
「お前はいつ死んでもいい」と言われ
わたしたち気づかなかっただけで
何度もここで出会ってたんだよと言われ

ロビン、きみがもっとはやくそのメロディを
臆病をふきとって勇敢に発表していたら
すべての乱暴やすべての悲劇から
すべての崖やすべての落とし穴から
きみを救いだせたのに
きみをのせてどこへでも飛んだのに
竜の背中にしがみついた風船のように
ちいさくふとったメロディをきみはもってたのに
わたしたち気づかなかっただけで
何度もここで出会ってたんだよと言われ



 

この国は手でさわれないもの、たとえばサービスやアートに対して、金を払いたがらないようだ 

このページのトップヘ