And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

CD04DEA1-AB46-4313-8F4D-EBF7B8919E32



にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。

2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる(廃盤)
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひるにも置いてありますので、そこで買うこともできます。



2016年3月ロックバンド結成、名をジョズエ。
にたないけん:エレキギター、エレキハーモニカ、ボーカル
はなえもん:エレキギター、コーラス
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

ジョズエのホームページ


2017年10曲入りの1st albumをつくる。
都内でライブ活動中。
不定期でスタジオワンマンライブを開催。 



twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


にたないけん「ずぶぬれシアター」


にたないけん「ダンス」


にたないけん「うそでもいいのさ」


ジョズエ「ダンス」 作:和久井幸一



にたないけんドキュメンタリー 作:成富紀之



にたないけん「クロール」 作:和久井幸一


にたないけん×夜久一「うそでもいいのさ」 作:和久井幸一


ジョズエ「モーターメイプルボート」  作:和久井幸一 



おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com



2018年


ー11月ー

▪️11/5(月)大久保ひかりのうま
ヤハタトシキ企画『アウトオブマインド』
18:30open/19:30start
2000円 +drink
ヤハタトシキ/にたないけん/グッナイ小形/大網新也
※にたないけん出演は20:40〜

▪️11/15(木)新宿ロックンロール以外は全部嘘
経血マドンナpresents「Good Music以外は全部●●」
18:30open/19:00start
1800円+drink
バイドク佐藤/柴田太尊(from大阪)/にたないけん/丸橋ミケ(黒猫財閥/艶街)/経血マドンナ
※にたないけん出演は21:00〜

▪️11/20(火)池袋Adm
第十一代目梅雨将軍2man series「涙の晩酌将軍」
19:00開場/19:30開演
前売2300円/当日2800円 +drink
みずすまし/ジョズエ
(O.guest)otsu
※ジョズエの出演は21:10〜
プレイガイドe+ 9/25 10:00から発売

◾︎11/29(木)長野 松本marsmoo studio
「いいにくいふたり」
20時頃開演
charge:投げ銭
岡沢じゅん/にたないけん
※誕生日がいっしょのふたりのツーマンライブ
ふたりで手料理も何品か作って出す予定です


ー12月ー

◾︎12/6(木)新宿Motion
※ジョズエでの出演です

◼︎12/19(水)愛知 金山ブラジルコーヒー
18:30open/19:00start
前売2300円/当日2500円 +drink
平井正也duo/にたないけん/石原ヨシト


ー1月ー

◼︎1/9(水)三鷹バイユーゲート
「夜の集い」
19:00open/19:30start
1500円 +drink
佐古勇気/にたないけん/佐藤守晃(from 名古屋)




チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円
※廃盤です

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない


syaberunapola

ジョズエ「しゃべるなポーラ」
10曲入り2000円

1.ナイトインザナイト
2.風になるのさ
3.ギロチン
4.カバンとコートとカートコバーン
5.きょうはかなしいのさ
6.レディドントダイ
7.女生徒
8.スーパーカー
9.映画みたいだ
10.ダンス



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




ぼくの毒よ
ぼくの腹でとぐろを巻く毒よ
ぼくの棘よ
ぼくのシャツの裏に隠れたる棘よ

水平線をにらみ
いまだ吐かれないぼくの毒よ
山手線のなかで
誰にも刺さらないぼくの棘よ

ぼくの毒よ
すぐにどくよ
ぼくの棘よ
そこをどけよ

光の痣よ
明かりの膝よ
よろずよろめく浮世の猿に
あまねくひとしく吠えてやる

それが遠吠えとて
それが舌打ちとて

太陽が珈琲のなかにいる


乾麺をよく買ってきて茹でて食べている
なにせ安くておいしいからである

パスタなんぞは店で食べると安くても1皿700円くらいかかって不思議ではないが
自分で乾麺を買ってくると1キロで200円とかで売っており、だいたい10皿はまかなえるわけである
パスタに関してはよっぽどじゃないと外で食べる気にならない
生パスタも試したし、ちょっと値段のはるものも試したが、僕は底辺中の底辺の糞麺が一番好きだ
つくづく楽ちんな貧乏舌である

蕎麦だってそうである
立ち食いでかけそばは300円くらいだろうか
安く思えるだろうが、乾麺で自分で買ってくれば300円で4杯は食べられる
僕は蕎麦は大好きだが蕎麦通ではないので、やれ二八やら十割やら、コシがうんたらやら、香りがちんたらやらのこだわりが一切ない
蕎麦ならなんでもいい
ただし蕎麦はパスタと違って、店で食べると提供速度が常軌を逸脱して速いし、美味しさの中に状況という要素が多く含まれる
たとえばクソ寒い冬の駅前で、のれんの内側で立ちながらすする温かい蕎麦は何とも言えぬ幸福である


日本人は世界で一番食事時間が短い早食い人種である
食事に時間をかけない、かけたくない、という思想が根底にあるせっかちアニマルである
質よりも速さを重んじる
このご時世だ
そろそろ立ち食いパスタや回転ピザが登場するのでは、と踏んでいる


道をそれた
乾麺である
乾麺は安くておいしい
乾麺の何が問題かというとその茹で時間である
これを袋の表記通りに茹でてうまくいったことがほとんどない

9分茹でてくれ、と書いてあるパスタを9分茹でるとしよう
7分ぐらいで、これもうよさそうなんだけどなあ、と鍋の横でもじもじしながら馬鹿正直に9分待つと、たいがいひどいしっぺ返しをもらうことになる
柔らかすぎてぱやぱやになる
逆に海外のメーカーのパスタで10分茹でてくれ、を10分計って茹でてみたところ、まだ全然ばきばきに固くて粉っぽくてとてもアスホールな気分に陥ったこともある

この前なんぞ久しぶりに十割そばを買ってきて、6分茹でたあとに2分蒸らせ、とあったので命令通りにやってみたところ、鍋の中がどぶのようになり、そのどぶ汁の中にだるだるになった蕎麦が水死体のようにけだるく遊泳していて、これはいったい何が起きたんだ、と思わず独り言が出てしまった

うどんなんかもそうだ
讃岐うどんを買ってきたので、13分茹でろの言いつけをきちんと守ると、見事にぺろぺろに柔らかくなったうどんが完成
もしも隣に香川県民がいたら、なんでそんな茹でたん?クソが、と逆鱗されることうけあいである

そうめんやひやむぎも言わずもがな
2分茹でてくれと書いてあるが、実際30秒でいい

ちなみにすべてちゃんと茹で上がりを冷水でしめているうえでの結果である


乾麺の茹で時間は信じるな
それだけは未来の子どもたちに伝えたい
あんなに日常にしれっとまぎれこんでいる邪悪はない
しかも誰も表立って糾弾しない
なまものじゃないから、だろうか
別にいいじゃん、なんだろうか


茹で時間は、茹でていて自分のおいしそうだなと思った時間でいい
計らなくていい
自分の感覚を信じろ
まずはうたがえ
料理とは本来楽しいものである
自分のやり方でいくらでも変幻できるからである
もう誰も泣いたり憎んだりしなくていい
諸君の健闘を祈る

 

ジョズエのあたらしい映像ができあがりました
撮影と編集は我らが和久井幸一
ご覧あれ

 

「おまえにはおしえない」

革命の前に
しゃぶれカスタード
戦争の前に
なげろマスタード

おまえにはおしえない
おまえにはおしえない

キリストのように
だませマーメイド
ファシストのように
あびろレモネード

おまえにはおしえない
おまえにはおしえない

手遅れなんだ neat neat yeah
しくじったんだ neat neat yeah

手遅れなんだ neat neat yeah
しくじったんだ neat neat yeah

おまえにはおしえない
おまえにはおしえない
おまえにはおしえない
おまえにはおしえない

 

衝撃的スキャンダルに気づいたんだが
海って昆布の出汁出まくってるじゃん
味つけしょっぱすぎて気づかなかったわ
 

塩サバというのは
スーパーに売っている冷凍のサバで一切れ80円とか90円で売っているやつである

面目無いのだが、かつて僕は塩サバを軽蔑していた
そんなものうまいはずがないと思い込んでいた
ある日焼き魚を食いたいと思って売り場を見るも心つらぬくものがいない
しかし塩サバはセールで、3切れで250円とかになっている
もうこれでいいや、安いし、 と妥協の一手で購入
帰宅して早速そのコチコチに凍ったサバをグリルにぶちこみ焼いてみたところ、おや、なんだこれは、脂がじゅくじゅくに溢れ出し皮もぱりりと香ばしく焼けている
もう食わなくてもわかる
目がおいしいおいしいと言っている
鼻がおいしいおいしいと言っている
じゃあもうこれは舌様に御献上するべきである
食べてみて、悶絶、恍惚、瞠目
すべての言葉が無になる
端的に言って、大戸屋や、やよい軒の焼き鯖を優に超える味
サバ読んでいるわけではない
これ以降何度も塩サバを買って焼いて食べているが、毎回新鮮な感動をくれる
今まで馬鹿にしててすまんかった、という謝罪の気持ちでいっぱいである
しかし、ときに生臭さがあるものもあった
それは個体差である
そのくらいは構わぬ、だって80円だぞ


サバには大きく分けて3種類いるらしい
真サバ
ゴマサバ
そして、ノルウェーサバである
この塩サバこそが、そのノルウェーサバである
果たしてノルウェーで採って日本に送られてくるサバなのかどうかは知らぬが、とにかく脂がのっている
ノルウェー様様
ノル様
こんなに安くておいしくて、まったく偉いもんである


ひとえに料理人の技術によるところも大きいかもしれない
手前味噌であるが、僕は魚を焼くことに卓越している
コツは焼き過ぎないことである
料理の極意はなんでもかんでもそこに集約される
焼きものは焼かない
煮物は煮ない
炒め物は炒めない
蒸し物は蒸さない
揚げ物は揚げない
ガムは噛まない
飴は舐めない
ギターは弾かない
洗濯物は乾かさない
散歩は歩かない
ゴジラは上陸しない
用は足さない
名前はにたない
なぜか途中からバグってしまったが、とにかく、過ぎない、ことが大事である
もうこんなんでいいかなぐらいで引き上げるのが一番よろしい
おい、やってみたけど火が通ってねえじゃねえかよ
という苦情は受け付けない
火は通せ
ちょうどよくやれ


およそ食用魚類ランキングの中で僕はサバが首位に躍り出る
いや、首位かどうかは気分次第だが銅メダルは確実だ
塩焼き、煮付け、味噌煮、ムニエル、船場汁、トマト煮、カレー、天ぷら、竜田揚げ、唐揚げ
どうしたっておいしく食べられる
刺身は自分で釣った時に食べた
シメサバも自分で何度もやった
失敗したことも何度かあるが、寄生虫アニサキスにあたったこともあるが、自家製のシメサバで飲む酒はつくづく幸せである
それと余談であるが、サバは青魚なので、シメサバもワサビ醤油ではなく生姜醤油でいただくことにしている
いや、むしろ、マグロやサーモンやウニ以外の刺身はほとんど生姜醤油のほうが良いのでは、とすら思っている

なんだか、いてもたってもいられないじゃないか
スーパーに行ってこよう
ブログを書いてる場合ではない
このサバらしき世界に万雷の拍手を

 

地元の高砂音楽祭に行った
渋さ知らズが無料で観られるという

高砂北公園まで自転車で
賑わっている
地元の商業高校の軽音のバンドなどもライブをしている
オリジナルをやっている
上手だしアレンジも凝っている
卒業と同時に解散だという

思い出せば僕が高校の時の文化祭ライブはひどかった
コピーしかしてなかったし、暴徒と化したクラスメートたちが(今考えると彼らはもちろんシラフである、若さはときどきおそろしい)次々とステージにあがってきて、マイクを奪われるは、線を引っこ抜かれてギターの音が出なくなるは、何かいつのまにか知らんやつが演奏してたり、結局ステージに20人ぐらいあがって尋常ならざる盛り上がりなのだが、鳴ってる音はかろうじて奪われなかった僕のドラムと、誰かががなるシャウトのみという事態、あんなに放課後一生懸命練習して曲を覚えたのは何だったのか、という果てしなく虚無の広がるライブだった(しかもその後僕以外のメンバーはクラスのカーストが上なのでさっさとサイゼリヤに行ってしまい、僕一人でステージを片付けた、永瀬と酒井が手伝ってくれた)


昼の12時から渋さ知らズである
初めて観る
バンド名しか知らないしどんな音楽かも知らない
1時間ぶっつづけで演奏した
歌もmcもない
気づいたら踊りながら泣いていた
民謡プログレフリージャズといったところか
いや、枠組みをしても無意味だ、もっとポップだ
観なくてはわからない

初めてパスカルズを聴いたときのような
板橋でJaajaを観たときのような
かゆくてくすぐったい笑い泣き


そのあと露店でビールを買った
500円だ
巨大なプラカップにどっぷり入ってる
さすがボトムオブタウン葛飾区
600円700円とるくせに検尿カップみたいなビールしか出さない
桑戸露や倶楽部灸は見習いたまえ

渋さ知らズにはたくさんをもらった
音楽とずっとかかわっていたい
つよく思った

 

このページのトップヘ