And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

20131014org3


にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。



2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる。
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひる、横浜の喫茶へそまがり、の2店舗には置いてありますので、そこで買うこともできます。

2016年3月3人編成のロックバンドジョズエを結成。
にたないけん:エレキギターとボーカル
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


にたないけん「ずぶぬれシアター」


にたないけん「ダンス」


にたないけん「うそでもいいのさ」


ジョズエ「ダンス」 作:和久井幸一



にたないけんドキュメンタリー 作:成富紀之



にたないけん「クロール」 作:和久井幸一


にたないけん×夜久一「うそでもいいのさ」 作:和久井幸一



おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com





―8月―

■8/2(水)池袋Adm
「将軍は寿司と餃子がお好き」
19:00open/19:30start
前売2000円/当日2500円 +drink
ジョズエ/JUNIOR BREATH
オープニングゲスト:あきらめきれず
※ジョズエの出演は20:10~

■8/10(木)新宿ロックンロール以外は全部嘘
ゆうじろう(渋谷club乙)presents「音温酒場」
18:30open/19:00start
2000円+drink
にたないけん/馬場治彦/佐古勇気/藤井えい子(岡山)/晶ランチャー/aya(A Month of Sundays)
※にたないけんの出演は21:30~

■8/13(日)池袋ロワンディシー
「ブクロックフェスティバル2017」
12:00open/12:30start
前売2500円/当日3000円+drink
2日間通し券(e+のみ)4000円
【Admステージ】
ブルボンズ/LUNCH-Ki-RATT/ロマンス&バカンス/river(ロマンチック日本代表!!!)/Su凹ko D凸koi/
絶叫する60度/Ailiph Doepa/朝眠る/午前3時と退屈/HANKs/ザ・ルーディー/The quilt/ユタ州/バックドロップシンデレラ
【ロワンディシーステージ】
豊島"ペリー来航"渉(バックドロップシンデレラ)/まめ(パンパンの塔)/SNOOPY,BETTY&BIGBIRD/
性闘人☆準矢/怪盗銀次郎(怪盗ザ・デッドボール)/にたないけん/石田千尋/アサヒキャナコ(バックドロップシンデレラ)/ワタナベカイ(ハカイアクト)/チクシヒロキ/ロマ岡大ナマイト(ロマンス&バカンス)
※にたないけん出演は20:15~

■8/18(金)吉祥寺Days
~Days20周年記念LIVE~「仕事のあとは星の駱駝に乗ってダンス」
19:00open/20:00start
2000円+drink
The mammy rows/にたないけん/アカリノート

■8/26(土)岡山古本ながいひる
飛び入りライブ&モア『どうにかなるスペシャル』
にたないけん/sunny sunny girl/その他飛び入り希望者
18:00開場/18:00開演
1500円(定員15名)
飛び入り希望者は8名まで
食べ物持ち込み自由
※にたないけん出演は21:00~
飛び入り希望の方は、nitanaiken@gmail.comまで連絡ください

■8/27(日)松山ワニとサイ(愛媛)
「二人四脚」
20:30開演
チャージ無し(投げ銭)
にたないけん/藤井えい子

■8/28(月)大分Bar78(大分)
「二人四脚」
20:00開演
チャージ無し(投げ銭)
にたないけん/藤井えい子/ショウノリョウ

■8/30(水)西荻窪ARTRION
ARTRIONスペシャルスリーマンライブ
18:30open/19:30start
前売2500円/当日3000円 +drink
にたないけん/松浦湊/suppa micro pamchopp
※にたないけん出演は20:25~


―9月―

■9/2(土)立石フェスタ2017
今年も立石フェスタ出演します
13:30~14:00 中央通りステージ
三菱東京UFJ銀行脇の路上です
お立ち寄りください

■9/9(土)鶯谷ワッツアップ
「夜が明けたら vol.6」
19:00open/19:30start
1500円(1drink込み)
にたないけん/グルパリ/ケイタ爆発/SWANS JAPAN
※にたないけん出演は21:45~

■9/11(月)渋谷clubKINOTO

■9/13(水)亀有KIDBOX

■9/29(金)堺犬吉(大阪)

■9/30(土)金山ブラジルコーヒー(愛知)


―10月―

■10/2(月)西荻窪ARTRION
福原正登 1st anniversary~鳴り止まない一週間~「三籟」
18:30open/19:30start
前売2500円/当日3000円 +drink
にたないけん/徳網正宗/松尾よういちろう
※にたないけん出演は19:30~

■10/17(火)池袋鈴ん小屋
19:00開場/19:30開演
前売/当日2000円 +drink
にたないけん×松倉如子

■10/27(金)高円寺U-hA
19:00open/19:30start
2000円+drink
にたないけん×西村勇紀

■10/29(日)新宿LiveFreak
※ジョズエでの出演になります



チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない


syaberunapola

ジョズエ「しゃべるなポーラ」
10曲入り2000円

1.ナイトインザナイト
2.風になるのさ
3.ギロチン
4.カバンとコートとカートコバーン
5.きょうはかなしいのさ
6.レディドントダイ
7.女生徒
8.スーパーカー
9.映画みたいだ
10.ダンス



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




時計の針を少し戻して
昨日の俺にとどめをさした
失うものは何もないと
うそぶく俺のかかとのあざよ

灼熱のように俺がうたうのは
どす黒く焦げた鍋の底だ

あれが風だよ
これが風だよ

うたおう 声をはずませて
羽がはえるまで

木枠の窓にけずれた机に
黄ばんだ短冊 とれたドアノブ
もれた明かりが目をくすぐる
きみの背中に会いにきたのさ

ブリキのように俺がうたうのは
鍵をなくした酔いどれの店だ

あれが夜だよ
これが夜だよ

うたおう 声がはりさけて
はがれおちるまで

あれが風だよ
これが風だよ

うたおう 声をはずませて
羽がはえるまで

サンマが売っていた
まだまだ暑さ肥ゆる夏
初物のサンマが売っていた
1匹税抜きで198円もする
高いなと思いつつも買ってみた
新物好きの江戸っ子の血がこの体の底にも流れている

最近煮魚にはまっているので煮て食ってやれと思い切腹及び介錯をすると
あきらかに身がぱさぱさしている
脂がのっていない
煮て食ってみるとなんの味わいもない
やはり新物とはこんなものだ
半ば予想はしていた
一縷の望みをかけたのだ
結果無残な敗走
秋も深まり1匹80円ぐらいになったでぶでぶのサンマのほうがうまいのだ


この時期はまだイワシに軍配があがる
えげつないほどアブラギッシュである
先日梅煮にしてみた
イワシの野性味あふれる下品な脂と梅干しの酸味と清涼が融合して上出来の一皿となった

日本人というとアホの一つ覚えのようにサンマサンマとぴーぴー騒ぐが
主観によれば塩焼きはイワシのほうがうまいように思う
食いでもある
内臓だってうまい
しかもイワシのほうが安い
イワシは腐りやすいのが短所なだけであってどう料理したってうまい
えらい
イワシはほんとうにえらい
ウナギなんて買わなくていい
ぼくにとってイワシの蒲焼きはよだれしたたる大御馳走だ



日本の青魚四天王はちゃんと季節ごとに分布している
夏はイワシ
秋はサンマ
冬はサバ
春はアジ
流通や加工技術が発達してもはや通年お店に並んでいるが本来の旬はこうなっている

旬のものを旬に食べるというのはうつくしいことだと思う
日本にはちゃんと四季があるのだ
たまたま日本人に生まれたのだからちゃんと四つを感じていたいものである
季節というのはすなわち匂いである
風の匂い
夜の匂い
食べ物の匂い
そういうものが真っ先に我々に季節を伝えてくれるのだ


目に見える物やかたちになってるもので安心するほど耄碌していない
そんなものはいらない
ひとは常にかろやかでいたほうがいい
生きることは捨てることだった
執着は害悪でしかない
ただ通り過ぎるものでいたい
名前などいらない
名乗りたくない
立ち止まらないほうがいい
雲のように
風のように
誰にも自分の存在を言わないでいたい
でも雲や風を
たしかに誰かしらが見ているのだ

のみ亭の最後にいってきた
おおいに酔った
セイユーの床にワインをこぼした
さまざまの歌がはびこり
その場にいる人たちの人生の呼吸が少し止まった
ぼくも3曲歌った
笑っているひとがいた
泣いているひとがいた
見た目がちがうだけでそれは同じことだった

ぼくらは話さなくてはいけない
語り継がなくてはいけない
こういうことがあったんだよと
自分以外の誰かに伝えなくてはいけない
自分のものにしてはいけない
しまってはいけない
言わなくてはいけない
生の声で
肉の声で
バトンをわたすのだ
あのじいさんが歌ってることはなんだったんだろう
そう思わせるのだ
名前は言わなくていい
命のしぼりかすみたいなもの
それだけ歌うのだ
雲だ
風だ
それだけ歌うのだ


ライブがよかったのか悪かったのか
そんな判断はとっくにできないが
からだが音楽になるような感覚があった
なにも見えてないけど
ぜんぶ見えてる
とまってるけど
飛んでる
その代償なのか
首と左の肩と左の尻が痛すぎて動くのもままならない
ほんとに飛んだのか
飛べるってことはいつか落ちるのだ
音楽になるのも楽じゃない

隣のおっさんが話しかけてくる


となりのひとのものは何でもうまそうに見えちゃうね、おなかいっぱいじゃなきゃカレイ頼むんだけど
うまいですよ
鰻の肝焼き、これ案外いけるね、たいていは冷凍ものなんだけど
このお店ははじめてですか
うん、はじめて
ぼくは月に1回は必ずきます
好きなんだねえ
安くてうまいです、ここのカレイ煮は内臓がはいったままなんですよ、そこが好きです
それはいいねえ、魚の内臓はたいがい食べられるから
そうです
イワシの内臓もうまいよねえ
そのとおりです、でもアジのはあんまりですね
うんうん、悪くはないがわざわざ食うもんでもない、きみ、ちょっとこのシシャモ食べないか
え、いいんですか、じゃあひとつ
シシャモっていうのは卵持ってる雌ばっかり有り難がられるけど、ほんとうは脂ののってるオスのほうが何倍もうまいんだ
北海道は小魚がうまいですよね、氷下魚(こまい)も大好きです
きみは板前さんかね?
いや、ちがいますよ
若いのによく知っている
魚を食うのが好きなだけです
それにしたって、、、大学生くらいだろ?
いや、30こえてますよ
これは失敬

―しばし幕間―

釣りはする?
海釣りなら3回ぐらいしたことありますよ、しますか?
するねえ、釣りはいいねえ
いいですね、持って帰って来てさばいて
料理もできるの?
できます、素人仕事ですが
おれもなんだよ、最近は釣ってきても、かみさんが嫌がってね、結局よくいく飲み屋に持っていって、そこでさばいて食っちゃうんだよ
なにを釣るんですか
なんでもやるよ、でもなあ、忘れられない料理があってな、いちどマグロを釣ったんだよ
え、マグロ?すごいですね
それでな、血合いってあるだろ?釣りたてのはくさくないんだよ、しかもマグロの血合いだからこんなでかくてさ、それを切って、フライパンにバター溶かしてステーキにするんだよ、中は半生でさ、これがうまかったなあ
それはちょっとすごいですね、釣り人じゃないとできないやつ

―しばし幕間―

じゃあぼくはお先に帰ります、すいませんお会計を
おれはもう少しいて帰るから、また
たのしい時間をありがとうございました
いやいや
ではよい夜を
あいあい



ひとりで酒場にいくとこういうことが多々ある
これがたとえば大人数で行ったり
女連れだったり
そうなると出会いのチャンスは限りなくゼロになる
人生の先輩から聞く話ほどおもしろいものはない
人生の後輩にだってぶっとい志を持ってるやつがいる

酒場はひとりでいくのがいい

深夜ワンマンライブというものをやった
西荻窪アートリオンで
朝までということだったが実質は0時から4時の4時間

深夜にひとりで延々と歌うなんてそんなイベント誰もこないだろう、おれならいかない、との不安が一抹あった
蓋をあけてみればなんのその、予想は裏切られた
いや、むしろ、ふだんの30分ライブの時より来てくれた


スペシャルドリンクを出そうと思い
眠眠打破のロックや
ウコンの力ハイや
焼酎のノンアルコールビール割り
を店に提案したらやってくれた
結局ひとつも注文がなかった
あとで本人とスタッフで飲んだ

フードもうまそうなのをたくさん作ってくれた
6Pチーズにメープルシロップをかけたのうまいよと言ったらやってくれた
豆腐に麻婆豆腐かけたらうまいかなと言ったらやってくれた

他にもいろいろふざけた
おふざけに付き合ってくれてありがとうアートリオン
しかし僕よりも倉沢シェフのほうが楽しんでいた



今回4時間ワンマンをやるにあたって持ち曲をかぞえてみた
カバーはかぞえなかった
もうやってない曲、バンドでしかやってない曲もあわせて数えたら118曲あった
もちろん全部はできない
いやそれどころか3分の1もできなかった

4時間は初めての試みだったが
ぜんぜん足りなかった
当日風邪で喉が痛かったけどつぶれるということもなかった
やるほうはいいが聴くほうは疲れるだろうと思ったが誰も寝なかった
あっという間だったという声がうれしかった

お客さん
アートリオン
ありがとうございました
しあわせでした
次は10時間やりたい

髭はすぐ生えてくる
個体差はあるようだが
こちらすぐ生えてくる
しかも我が髭はコシがあり固く強いので
無精髭状態で剃るとほとんど剃れず顎が血にまみれる
そのあと半日ものあいだ顎がひりひりする
そのくせ一日放っておくだけで
みっともない顔面になる
髭は嫌いだ
石油王になったらまずレーザー脱毛しようと思っている

しかし、こたび、魔がさして、というか調子にのって、いや好奇心かな、ちがう、あの時は酔っ払っていたのだ、とにかくメディカル薬局で少々高価な髭剃りを購入した

ちなみに電動髭剃りは嫌いだ
あの小箱のなかでいったい何が行われてるのか
想像するだけでおぞましい
音も嫌いだ
虐殺施設のようなものに思える
まかりまちがってカバーがはずれたら顔面を八つ裂きにしてしまうだろう
嫌いだ
だから買ったのは手でもって剃るやつだ
3600円もするやつだ
使い捨て髭剃りは5本300円くらい
見よ、このカーストの違い
ただちに使用したところ、そのあまりの剃れ具合、顎の無傷具合、持ちやすさ、すべてに感服した
見た目も非常にサイバーである
特撮ヒーローが変身したようなルックをしている
かっこいい
これ以上の髭剃りはない
洗面台の前でそう深く受理した

それ以降髭剃りの儀がやけに楽しみになった
いつ頃剃るのがいちばん快感を呼ぶのかわかってきた
そのためにわざと多少伸ばしてから剃るようになった
道具がひとを振り回す
こういうことは多々ある

このページのトップヘ