And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

tateishifesta2



にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。



2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる。
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひる、横浜の喫茶へそまがり、の2店舗には置いてありますので、そこで買うこともできます。

2016年3月3人編成のロックバンドジョズエを結成。
にたないけん:エレキギターとボーカル
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


にたないけん「ずぶぬれシアター」


にたないけん「ダンス」


にたないけん「うそでもいいのさ」


ジョズエ「ダンス」 作:和久井幸一



にたないけんドキュメンタリー 作:成富紀之



にたないけん「クロール」 作:和久井幸一


おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com




―3月―

■3/10(金)横浜FAD
classicus 1st album release tour 「ツアー・イズ・ノット・ライク・ザット」
18:45open/19:15start
前売2500円/当日3000円 +drink
classicus/SEVENTEEN AGAiN/Gate ballers/ジョズエ
※ジョズエ出演は20:45~

■3/14(火)新宿ロックンロール以外は全部嘘
カトウタクミ39th Birthday「カトウタクミ以外は全部嘘」
18:30open/19:00start
1000円 +drink
にたないけん/アマノカオリ/人人人/怪盗銀次郎(怪盗ザ・デッドボール)/大藪麻琴/ちるや笛子/
石田千尋/千夏/ぼぶサチコ/The REMENBERS/ハラダミキ(BLACK VELVET LUCY)/伊覇祐也/
アマノカオリ(プピリットパロ)/まもポール(プピリットパロ)/ごーださんとシラハタくん/ナディーン/
オハラナオミ/みやたまこと/山崎余市
※一人10分の持ち時間で出演者18人が順番にカトウタクミ(ブルボンズ)の歌をカバーするイベントです
にたないけん出演は最後22:30くらい

■3/17(金)下北沢BASEMENT BAR
まる&きゃわち企画「TODAY!」
18:30open/19:00start
(翌日5:00終演)
前売2500円/当日3000円 +drink
にたないけん/クリトリック・リス/ゴールデンローファーズ/中古U.F.O./salsa/ハートたち/ベルノバジャムズ/
みずすまし/メシアと人人/野々山領(まちぶせ)/山下ゆうき/ゲスバンド/逃亡くそタわけ/TeenagerKickAss/tomodati
FOOD:HITOES/きしぱん
※にたないけん出演は21:10~

■3/27(月)池袋Adm
「裸足のバレリーナ」
18:30open/19:00start
前売2000円/当日2500円 +drink
ジョズエ/Theドーテーズ/チャー絆/Jimi-JAM/石田千尋
※ジョズエ出演は21:40~


―4月―

■4/1(土)野毛ボーダーライン
19:30open/20:00start
500円+drink(投げ銭あり)
にたないけん/松井文

■4/5(水)吉祥寺シルバーエレファント
「しるえれコネクション ‐桜の詩‐」
18:00open/18:30start
前売2300円/当日2800円 +drink
ジョズエ/山田エリザベス良子/ドキュメンツ/ベランパレード/鈴木実貴子ズ/classicus
※ジョズエ出演は21:15~

■4/16(日)「都電ライブ ~黄色い電車に揺られて~」
都電荒川線の中でライブします
1500円(お土産付き)
出演:にたないけん/松浦湊
13:45 都電荒川線早稲田停留所集合
14:01 発車
15:03 都電荒川線三ノ輪橋停留所着 解散
先着20名
予約はこちらまで→ripy98@yahoo.co.jp

■4/18(火)新宿JAM
THE KONISHI presents「地球興し」
open/start未定
前売2300円 +drink
にたないけん/THE KONISHI/小森清貴(壊れかけのテープレコーダーズ)/飯田裕(僕のレテパシーズ)/
あなるちゃんとクロダセイイチ/ペケキング・テリー/...and special secret guest

■4/22(土)池袋Adm
ブルボンズ「Bullbones in the sky」アナログ盤レコ発企画『VINYL』
13:30open/14:00start
前売2500円/当日3000円 +drink
ブルボンズ/THE AUTOCRATICS/シャク&リハビリーズ/JOSY/ジョズエ/THE STEPHANIES/
ザ・チャンバーズ/Virgin Crab Band/PJJ/パンパンの塔...and more

■4/30(土)上野恩賜公園野外ステージ
「FOREVER YOUNG BIG」
13時開演
前売2500円/当日3000円
※にたないけんは12時~13時の間におこなわれるオープンマイクイベントで5分だけ歌います
順番は当日あみだくじで決まります
興味ある方はnitanaiken@gmail.comまで連絡ください
foreveryoung


―5月―

■5/3(水・祝)横浜喫茶へそまがり
16時開場/17時開演
2000円
にたないけん/三輪二郎/沢田ナオヤ
※閉店した空き家のため注文はできません
飲み物食べ物は持ち込み自由です

■5/7(日)池袋鈴ん小屋

■5/26(金)心斎橋酔夏男(大阪)

■5/27(土)塚本エレバティ(大阪)
※ジョズエでの出演になります

■5/28(日)京都
ライブサーキット「いつまでも世界は...」ににたないけんとジョズエ両方で出演します
http://sekaiwa.info/


―6月―

■6/25(日)勝田ごじゃっぺ音楽祭(茨城)
にたないけん出演します
イベントHP:gojappe.net




チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




コインランドリーがあった
中をのぞくと警官が4人いた
そのそばに私服の男がひとり立っていた
警官4人は茶髪の女が服を袋から出したり入れたりしているのをずっと見ていた
自転車が1台やってきてそれに乗っていたとても背の高い男が少し急ぐようにコインランドリーに入った
そこで信号が青になったのでぼくは前に進んだ

7曲のうち4曲を初披露の曲にするというのは
思いつきだった

次はお前の番だ、さあどうする
天からそんな声がきこえた

毎回が初ライブだし
毎回がラストライブだった
演奏中ふと
もしかしてこれで終わりなんじゃないかって
そんな気持ちがよぎったけど
ぼくのまえには
長い長い道が続いている
ガイディングライト
ナビゲーター
クロックタワーからはなにも見えない
いいからこっちに降りてこい


昼間レコーディングをした
演奏も歌もすべて録音し終わった

ジョズエのCDアルバムがもう少しで完成する

酒をある程度量が飲める人なら心当たりがあるだろうか
ひとりの時に限る
家でもいい
外でもいい
歩きながらでもいい
酒を飲み始めてから1杯目2杯目くらいの浅い場所で訪れる
あの多幸感と無敵感
そしてあふれ出てくる言葉やアイディアの洪水
まさに門が開いたというあの感覚
え、なにこれ、我天才ちゃう?てってれーてってれー、の感覚
身に覚えがないだろうか
目にうつるすべての輪郭がくっきりとしだす
なんでもできそうという錯覚を帯びだす

そしてこの無敵感はマリオよろしく30分くらいで事切れてしまう
そのまま酒を飲んでも脳味噌はうなぎさがりに弛緩していくだけである
楽しさだけが活性化し
傍若無人となり
思考が鈍くなる
物忘れも激しくなり動きものろくなる
ここまではいい
よくある

しかしこのあとさらに酒を飲んでいると
ふたたび無敵感が訪れる
なぜかというと思考が停止するからである
思考というのはある意味ではストッパーである
思いついたことをちょっと考察してみたり検閲したりする役割を果たす
口に出していいものかどうかを検査するのである
だから思考がいなくなると無法地帯になる
反射神経だけでものを言うようになる
良くも悪くもピュアな発想だけがばかばか生産される
これが第2次無敵時代
ぼくはこの時代が結構好きである
そこからうまれた曲や企画も多い
そしてやはりこの時代も有効期限が少ない
すぐに終わる

このあとはなにもない
滅亡だけである


以前珈琲と煙草は合わないと書いたがそんなことはなかった
ということがわかった
酸味のある珈琲と煙草は合う
お互いまろやかになる
うまい
もしかしたら煙草を軽くすればどんな珈琲にも合う
でも吾輩は肺にいれない煙草飲みなので
軽くはできない
朝と夜でも味がちがう
空腹か満腹かでもちがう
喉が渇いてるかどうかでもちがう
煙草は案外に面白い
ショートピースを売っている煙草屋が意外に少ない

はなえもん
というギタリストがいる

9年前ぼくは弾き語りをはじめ
8年前バンドがやりたくてインターネットでメンバー募集をした
ベースとドラムを募集していた
半年ぐらい根気よくいろんな人に会っていたが
首に十字架のネックレスをつけたやつとか
信じられないぐらい音がちいさいドラマーとか
「とりあえずフロアあげちゃえばいいんすよね?」しか言わないやつとか
とにかく箸にも棒にもひっかからないトウヘンボクばかりが集結し
ぼくは疲弊し絶望しかけていた

そんなときに、はなえ、という人からメールがあった
「わたしギターなんですけど、いいですか?」
この一文だけである

募集してるのはドラムとベースである
しかしどうやらぼくの募集投稿文が気に入ったのだろう
気が合うかもしれない
しかも女の子のようだ初めてのパターンだかわいいかもしれないと思い
本八幡のマクドナルドで会うことになった



そして会った
そこからぼくの人生は変わった
転がりはじめるというのはああいうことを言うのかもしれない
そのときは気づかなかったけど

バンドやりたいんだよね、みたいなことをぼくは少し話した気がするが
それを凌駕する勢いではなえさんは自分のロック観をずらずら話しだし
興奮して瞳孔がひらきはじめ
「もうわたしたちいっしょにバンドするしかないよ!」と叫び
その迫力に気圧され
まあギターがもう一人いてもいいか、とも思ったし
年も同じだし
なんかすごそうな人なのでいっしょに組むことをその場で決めた

自分がいったいどんなやつなのかを伝えるため
マクドナルドを出たあとぼくは持ってきたアコギで歌った
駐車場でじぶんのオリジナルを歌った
そしたらまたもやはなえさんが興奮しだし
「こんな知らない人がたくさん歩いてるなかでいきなり歌っちゃうんだもん、びっくりしたよ、すごいよ!」
と何やら目を潤ませていた
とりあえずスタジオに入ろうとなり次に会う約束をした
23歳の夜が明けた



いざスタジオにはいってみてびっくりした
はなえさんはてんでギターが弾けないうえにアンプも使ったことなかったのだ
え、ジョニーサンダースみたいなギター弾くんじゃねえのかよ!って思った
ぼくもエレキギターを弾くのははじめてでアンプの使い方はわからなかった
まず2人でアンプから音を出すことが目下の課題になり
なんとかかんとか音がでたときひどく感動した
その日のスタジオはそれで終わった
異常なまでの無敵感に包まれながらまたマクドナルドにいき好きなバンドの話で盛り上がった

さらにあれだけ見つからなかったドラムとベースから連絡がきてふたりとも1週間で決まり
急にバンドメンバーがそろった

そして4人でマクドナルドに集まりバンド名を決めることになった
一人ひとつ持ってきたバンド名をあみだくじで決めることにした
くじをたどったボールペンのさきっぽは、はなえさんのところにいった
「メリミー?ってどういう意味?」
「結婚して!ってことだよ!」

メリミーはメンバーの名前を決めることにした
にたないけんはそのままで全員「ん」で終わらせることになった
はなえさんははなえもんになった




結成3ヶ月くらいで初ライブをした
お店は今は無き西荻窪TURNINGだ
はなえもんはこの日のために
派手な化粧をし
派手な衣装を調達し
ひどく高い青いリッケンバッカーを購入していた
しかもステージ衣装のまま家からやってきた
緊張しすぎてわけのわからない顔をしていた

初ライブのことはよく覚えてない
「あしたあのこにあいにゆくよ」
「脱走木馬」
「女生徒」
「風になるのさ」
「ライフイズビューティフル」
を演奏した
がむしゃらだった
血まみれになった
楽屋にかえると、はなえもんがいた
はなえもんも血まみれだった
青いリッケンバッカーも血まみれになっていた
はなえもんは笑いながら号泣していた
ぼくはあの顔を忘れない



それから2年もたたないうちにはなえもんはメリミーを脱退した
そうやってメリミーは突然終わった
ぼくはなんとかメンバーを変えながらバンドを続け
はなえもんの消息はわからなくなった



ひさしぶりに会ったはなえもんはくすぶっていた
バンドはやっていなかった
新宿で飲んだ
ぼくはそのときやってた自分のバンド、ずぶぬれシアターに誘ってみた
すごく喜んでくれた

後日はなえもんはスタジオにやってきた
この日のスタジオのために36万のギターを買ってきた
水色のストラトキャスター
いい音が鳴っていた

はなえもんはずぶぬれシアターに加入することは叶わなかったけど
バンドへの情熱が復活したみたいだった

そうしてはなえもんは僕のレテパシーズに加入した
その初ライブが新宿Motionであったので観に行った
はなえもんがギターを弾いている
それだけで1曲目から涙がとまらなかった

去年の8月
ジョズエと僕のレテパシーズでツーマンライブをした
はなえもんと1曲だけいっしょに演奏した



3分だけでいい
3分で世界は変わる
3分後はもとどおりだ
でも3分だ
3分で世界はちゃんと変わる
はなえもんが教えてくれたことはたくさんある
ロックは怒り
ロックは光
どっちが欠けてもだめ
もちろん本人はそんなことは言わない
はなえもんはロッケンローしか言わない


本八幡のマクドナルドにいた
ロックの悪魔にたぶらかされて
ぼくもはなえもんも
今バンドをやっている


自分のことがわからないという人がいる
そんなわけないだろうと思う
なぜそうなるのだ
ぼくはぼくのことをよく知っている
にたないけんという分野においてはぼくは天才である
だがしかし周りの人のほうがにたないけんのことをよくわかっている
ということは多くある
ふぐは自分に猛毒があることを知らないかもしれないね

便利を求めてはいけない
過程はだいじである
バカになる
バカとはどういうことか
考えない人のことである
べつに考えなくてもいい
そんなことしなくても生きられる
でも考えたほうがぼくはたのしい
めんどくさいほうを選んだほうがたのしい
考えて、えらぶ
これが自由
選べるというのはとてもすてきなことだ
自由というのは自分の好き放題することではない
すごく孤独な作業である
ひとはひとりで生きられない
自分と世界との接着点を根気よく探してゆく作業
それが自由である
自分が楽しければそれでいいなんて人は表現なんてしなくていい
芸術は大衆に見られてああだこうだ言われて評価されてこそのものである
便利は求めてはいけない
考えろ
感性とか感受性なんて誰にでもある
だからあと一歩考えろ
うごけ
うたがえ
かんがえろ
そして考えてるとき以外はなにも考えるな
とべ



というような内容が携帯電話のメモ帳に書いてありました

星野道夫にしろ横尾忠則にしろ石川直樹にしろ
もともと文章で飯を食っているわけではなく
他分野でおおいに活動している人である
だのに文章がすこぶるおもしろい
読みやすい
むずかしい言葉がない
おおいなる経験に裏付けられてるからであって
そもそもちまちまとした言葉はもたないのだ
だからすんなり体にはいってくる
作家だか小説家だかバカだか知らないが
ほんとうにくだらなくつまらない文章の先生方が多い
なにやら耳慣れない言葉をこねこねしてるだけである
ぼくはインテリという生き物が嫌いである
きっと机の前にばかりいて外に出ないせいである
「雨が降っていた。屋根の下に猫がいた。」
この一文で済むところをなにをごちゃごちゃと感情とか回想とか自意識とか余計な知識自慢を書き込んで2ページくらいにしてしまう
文字数を稼ぎたいだけなんでは、とすら疑う


現実は小説よりも奇跡に溢れている
小説は想像の域を出ない
でも現実は想像なんて簡単にぶっ壊してしまう
ぼくは外に出ていたい
曇っている
雨はわからない
でも外に出たい

このページのトップヘ