And juseppe loves her

にたないけんの生存と残像と記録

tateishifesta2



にたないけん。

男。
1984年生まれ。
東京都葛飾区立石在住。

ひとりで歌とギターとハーモニカ。

高校生からずっとドラムを叩いていたが、2008年アコースティックギターを買って歌をつくって歌いはじめる。

ライブ演奏をするようになる。
都内でも地方でもライブハウスでも飲み屋でもどこでも歌うようになる。



2011年23曲入りの1st album(CD-R)をつくる。
2013年20曲入りの2nd albumをつくる。
2015年9月10曲入りの3rd albumをつくる。
入手方法はライブ会場で購入するか通販のみですが、岡山の古本屋ながいひる、横浜の喫茶へそまがり、の2店舗には置いてありますので、そこで買うこともできます。

2016年3月3人編成のロックバンドジョズエを結成。
にたないけん:エレキギターとボーカル
うわがわこういち:エレキベース
たなかけいご:ドラム

twitter:@nitanaiken
instagram:wagahaiken



いついきなりきみとであってもいいように
ぼくはきょうもちいさな歌をじゅんびしている
この歌はしらない街をあるくための靴にもなるし
ゆうだちから身をまもるためのおおきなはっぱにもなる
ばけネコがいやがる音をだす笛にだってなるし
いつだったかの夜あけのあまくこげたこおひいにだってなる
かなしまないでポーラ
そんなことはぼくにはいえない
うんとかなしんで
それからそのきみがもってきた
ちぢんだてのひらにあるものを
くしゃくしゃにまるまったものを
ぼくの歌ととりかえっこする日がいつかくるよ

2015年5月 にたないけん





【VIDEO】


にたないけん「ずぶぬれシアター」


にたないけん「ダンス」


にたないけん「うそでもいいのさ」


ジョズエ「ダンス」 作:和久井幸一



にたないけんドキュメンタリー 作:成富紀之



にたないけん「クロール」 作:和久井幸一


おたより、チケット予約、ライブ出演のお誘いはこちらまで
→ nitanaiken@gmail.com





―1月―

■1/8(日)吉祥寺シルバーエレファント
silver elephant presents しるえれコネクション―16文キック―
17:30open/18:00start
前売2000円/当日2500円 +drink
イヌガヨ/鈴木実貴子ズ/ギャーギャーズ/鶴ヶ屋/ジョズエ
※ジョズエ出演は1番目18:00~

■1/24(火)下北沢Daisybar
クリープハイプモバイル会員限定ライブ「ひめはじめ」
18:30open/19:00start
前売3000円 +drink
クリープハイプ/台風クラブ/ジョズエ


―2月―

■2/4(土)山羊家
「ヤギロック―5匹のイカれる料理人―」
15:00開場/15:30開演
入場無料(料理投げ銭あり、ドリンク持ち込み自由)
出演:にたないけん/藤井えい子/じゃっく(イヌガヨ)/渡邊広幸(THE 抱きしめるズ)/山羊青い

※個人宅でのイベントです
出演ミュージシャンが一人一品料理を振る舞います
ライブもやります
要予約先着15名です
nitanaiken@gmail.com
まで連絡お待ちしてます
質問も気軽にどうぞ

yagirock


■2/15(水)亀有KIDBOX
にたないけんワンマンリサイタル「燃えよけん」
19:30open/20:00start
2000円(2drink付き)
食べ物持ち込み自由
◎店主すみさんのおでんあり

■2/28(火)下北沢BASEMENT BAR
「soybean!」
19:30open/20:00start
2000円 +drink
真黒毛ぼっくす/ジョズエ/しんきろうのまち/manent
※ジョズエ出演は22:15~


―3月―

■3/10(金)横浜FAD
classicus 1st album release tour 「ツアー・イズ・ノット・ライク・ザット」
18:45open/19:15start
前売2500円/当日3000円 +drink
classicus/SEVENTEEN AGAiN/Gate ballers/ジョズエ
※ジョズエ出演は20:45~

■3/14(火)新宿ロックンロール以外は全部嘘
カトウタクミ39th Birthday「カトウタクミ以外は全部嘘」
18:30open/19:00start
1000円 +drink
にたないけん/アマノカオリ/人人人/怪盗銀次郎(怪盗ザ・デッドボール)/大藪麻琴/ちるや笛子/
石田千尋/千夏/ぼぶサチコ/The REMENBERS/ハラダミキ(BLACK VELVET LUCY)/伊覇祐也/
アマノカオリ(プピリットパロ)/まもポール(プピリットパロ)/ごーださんとシラハタくん/ナディーン/
オハラナオミ/みやたまこと/山崎余市
※一人10分の持ち時間で出演者18人が順番にカトウタクミ(ブルボンズ)の歌をカバーするイベントです
にたないけん出演は最後22:30くらい

■3/17(金)下北沢BASEMENT BAR
まる&きゃわち企画「TODAY!」
17:30open/18:00start
(翌日4:00終演)
にたないけん/クリトリック・リス/ゴールデンローファーズ/中古U.F.O./salsa/ハートたち/
ベルノバジャムズ/みずすまし/メシアと人人/野々山領(まちぶせ)/山下ゆうき
FOOD:HITOES/きしぱん

■3/27(月)池袋Adm
「裸足のバレリーナ」
18:30open/19:00start
前売2000円/当日2500円 +drink
ジョズエ/Theドーテーズ/チャー絆/Jimi-JAM/石田千尋
※ジョズエ出演は21:40~


―4月―

■4/1(土)野毛ボーダーライン
19:30open/20:00start
500円+drink(投げ銭あり)
にたないけん/松井文

■4/5(水)吉祥寺シルバーエレファント
「しるえれコネクション ‐桜の詩‐」
18:00open/18:30start
前売2300円/当日2800円 +drink
ジョズエ/山田エリザベス良子/ドキュメンツ/ベランパレード/鈴木実貴子ズ/classicus

■4/16(日)
都電荒川線の中で昼間にライブします
詳細しばしお待ちください

■4/22(土)池袋Adm
ブルボンズ「Bullbones in the sky」アナログ盤レコ発企画『VINYL』
13:30open/14:00start
前売2500円/当日3000円 +drink
ブルボンズ/THE AUTOCRATICS/シャク&リハビリーズ/JOSY/ジョズエ/THE STEPHANIES/
ザ・チャンバーズ/Virgin Crab Band/PJJ/...and more


―5月―

■5/7(日)池袋鈴ん小屋

■5/27(土)塚本エレバティ(大阪)
※ジョズエでの出演になります

■5/28(日)京都
ライブサーキット「いつまでも世界は...」ににたないけんとジョズエ両方で出演します
http://sekaiwa.info/


―6月―

■6/25(日)勝田ごじゃっぺ音楽祭(茨城)
にたないけん出演します
イベントHP:gojappe.net




チケット予約・お問い合わせ・ライブ出演のお誘い→ nitanaiken@gmail.com






なかなかライブを観にいけない
でもCDを聴いてみたい
という方のために
にたないけんは通信販売を受け付けています




cd

「吾輩は猫ではない 名前はにたない」(CD-R)
23曲入り1000円

1.アニー
2.日が暮れるよりも早く
3.ライフイズビューティフル
4.メランとコリー
5.ぼくの神さま
6.ぼくはきみのかわいさしか知らない
7.雨男
8.レディドントダイ
9.戦車がやってくる
10.ダンス
11.風になるのさ
12.ダンボールムーン
13.アイラブユーはいらないよ
14.バイオハザード
15.長い夢
16.パレードはおわったよ
17.女生徒
18.メリミー
19.ずぶぬれシアター
20.むてきだぞ
Bonus track
21.もしも日曜日がきたら
22.1000のバイオリン(THE BLUE HEARTS)
23.スーパーカー




jacket

「きみを見つけるためにここで暮らすのも悪くない」
20曲入り2000円

1.トリップ
2.遠くへ行こう
3.名古屋駅
4.何もはじまってないのに
5.きみは何になりたかったんだい
6.アクアドルフィンランド
7.女がほしい
8.ゴースト
9.大掃除の朝
10.赤いマント
11.ブルーハーツ
12.夜になれば
13.ボーイミーツガール
14.きみにさわりたい
15.熱帯夜
16.カバンとコートとカートコバーン
17.鴨川
18.トムとソーヤ
19.うそでもいいのさ
20.愛の言葉



waretakutibiru

「われたくちびる」
10曲入り1500円

1.東京パンクミュージック
2.三浦海岸
3.地獄の犬
4.夏のはじっこ
5.ロッテリア
6.酔いざめの星
7.ぽたぽた焼き
8.ペチカ
9.ベトナム
10.まだねない



■注文の仕方■

1.お名前、住所、メールアドレス、欲しいCD、枚数を明記して
nitanaiken@gmail.com
までメールをください。

2.折り返しこちらからメールで口座番号などをお伝えしますので、そちらの銀行口座に金額をお振り込みください。

3.入金確認後、CDを発送させていただきます。

4.なお、送料として300円別にいただきます。2枚以上でも300円です。
銀行手数料はご負担くださるようお願いします。ご了承ください。


ぜひご利用ください
おたよりお待ちしてます!


にたないけんより




女というものは「言いたい」生き物である
男というものは「言わない」生き物である
と僕は思う

男や女が、目的や打算があって、そうしているわけではない
そういう生き物なのである

ひとつ例にあげよう
一人の女と一人の男が同じ目にあったとする
街を歩いていたら子豚がいたので捕まえたというケース
それをうちに帰ってきてパートナーに報告する場合


まず女だったら

「あのね、今日午前中にミサコからメールきてね、たまにはいっしょにランチいかない?って言われてさ、えー、どうしよ、お弁当作っちゃったしな、と思ったんだけど、あ、ミサコもしかしてなんかあったな、相談かな?ってピンってきちゃったのね、ほら、わたしそういう勘けっこうするどいじゃん、だからランチいったのよ、どこにするー?どこでもいいよ、でも会社から近いほうがいいなってなって、んで結局いつものジョナサンいったのね、あーミサコ髪きった?短いの似合うじゃーんって、そしたらさ、ミサコ、わたし今ダイエットしてるんだよね、とか言って、なんだっけな、ヘルシー和膳だかヘルズゲート和膳だか忘れたけど、とにかくそんな名前のセットのやつのご飯抜きとか頼んでて、まじウケる、でもそれ結局お腹空いて夜がっつり食べちゃうパターンじゃない?って言ったら、いいのいいの減らせる時に減らすのよ、何もしないよりマシよ、とか言っててさー、そんで結局恋愛相談よ、ミサコだいたいいつもそうなのよ、ランチと恋愛相談がセットなの、今付き合って2ヶ月の彼氏がいるんだけどなんかあんまり愛されてない気がするって言うのよ、メール返ってくるのも遅いしそっけないし、でもそれ仕事忙しいんじゃない?しょうがなくない?ってミサコに言ったら、ちがうのよ、彼氏なんか携帯のアプリにはまってて、知ってる?いま流行ってるやつ、街にいる子豚をつかまえるやつ、いや実際にはいないよ?でもなんかつかまえられてそれを育てたり戦わせたり結婚させたりできるやつ、それにミサコの彼氏めっちゃはまってるらしくて、しょっちゅう街うろうろしてるんだって、まじかよ、わたし子豚以下かよってミサコ言った瞬間わたしのデビル御膳の地獄豆腐に七味かけたのね、え、なにすんの?地獄豆腐もとから辛いじゃん?って言ったら、七味かけたほうが辛いと思うじゃん、辛いけど甘さも増して奥ゆかしくなるよ、って言うの、は?それ八つ当たりくない?絶対辛いしと思って、カチンときちゃって、わたしもミサコのカレーに魔神漬け大量にぶちこんでやったのよ、しかもミサコご飯抜きにしてるから、ごはん抜きで魔神漬けなんてまじ口ん中炎がフレイムだからね、ミサコだまりこんじゃってさ、でもわたし悪くないよね?そんで微妙な空気のままランチ終わって会社戻ってさ、ちょっとやり過ぎちゃったかなと思ったの、でもわたしから謝るのもしゃくだしなーって、今ここね、どうすればいいと思う?あ、そんでね、会社の帰りにスーパー寄ろうとしたのよ、そしたらさ、スーパー行く前に公園あるじゃん、いや、そっちじゃなくて、ブランコ20個あるほう、そうそう、そこにさ、子豚いんのよ、いやまじ、アプリとかじゃなくてさ、まじ子豚、リアル子豚、わたしかたまっちゃって、そしたら近くの餓鬼たちが枝もって子豚追い詰める陣形とってんのさ、でも子豚悪くないじゃん?ほら、わたし沖縄出身じゃん?小さい頃からじいちゃんが豚しめてるとことか見て育ったからさ、豚慣れてるんだよね、だから、なんだ餓鬼てめえら子豚いじめてんじゃねえぞハゲ、って思ってさ、餓鬼どもをまず追い払ったあと、子豚つかまえちゃってさ、やっぱわかるんだよね子豚も、わたしが味方ってこと、全然抵抗しなくてぷすぷす鳴いてんの、そんでそのままスーパー行くわけにもいかないから持って帰ってきちゃった、今バスタブにいるよ、そんでニュース見たら、荒川遊園地から子豚逃げたって言っててさ、絶対この子だよね?ね?返す?ねえ返したほうがいい?あのさ、まじぶっちゃけていい?わたし子豚解体してみたいんだけど、いい?じいちゃんがやってたの何度も見てたしできると思うんだよね、一度やってみたいってずっと思ってた、ねえ、いい?美味しく料理するからさ、わたしの作ったラフテーいっつも美味しいって言ってくれるじゃん、ばれたらヤバいかな?犯罪?牢屋?豚箱?豚だけに?」

という感じで報告するだろう



しかし男だったらこの一連の出来事なら

「なんか豚いてさ、つかまえてきた」

で終わる


これが女と男のちがいである




たまたま豚でたとえたが
これは狩猟時代の名残が遺伝子レベルで現代まで受け継がれているのだと思う

原始、男は狩りをしなければならなかった
そこに生活のすべてがかかっていた
家族や部族を食わせる為になんとしてでも獲物をとりたい
会話なんてしていては獲物に感づかれて逃げられてしまう
自然、男は無口にならざるをえなかった

逆に女は男が狩りに行ってる間、子どもの世話、家事、洗濯、することが山ほどある
みんなで同じところに集まって同じ作業をするうち
会話をしながら単純作業の退屈を紛らわせる術を覚えた
そうすれば男がいつ帰ってくるかわからない不安やさびしさもいくらか忘れることができたのだ

その癖が現代になっても抜けないのだ
今は現代であり狩猟文化ではないから
無口な女もいるしおしゃべりな男もいる



小説にたとえるなら
女流作家の書くものというのは心理描写が多い
とかく何を思ってるのか言いたいようである
全部言っちゃうからたまに押しつけがましい
読者のはいっていく余地がない
歌でもそうである
感情や主張は創作のうえでは殺せるだけ殺さないと芸術は成り立たない
気持ちがたかぶって真夜中に書いた手紙が翌朝見たらどうしようもなく恥ずかしい紙切れになるのと同じである
近代SNSにおいてもやはり女のほうが私生活を言いたがる傾向にある
女は思ってることを口に出さないと感情を処理できないのかもしれない

こういう路線でいくとどうやら男は芸術向きである
しかし男はえてして黙っているので誤解されやすい
なにを考えているのかわからない
なにか隠していると思われる
感情を殺すのがふつうなので処理できずにたまったストレスを発散させる必要があり
酒、煙草、ギャンブル、女、その他もろもろがそうであり
いきすぎると犯罪を起こすこともある
言わないということはあまり相談とか意見交換をしないので、頑固になり、考えが偏っていわゆる変態になる


これはひとりの男からの一感想なので
かたよった思想だとは思うが
ぼくは男なので
お手柔らかに宜しく頼むよ諸君
生まれ変わっても男でいたいと思うよぼかあ


女は言いたい
男は言わない
未来永劫すれちがい
天国地獄で愛しあう


すてきなさびしさに
息がとまりそう
言葉はうるさい
心はねむらない
本を読むように空をながめ
ものを食べるように煙を噛み
たくさんの女たちがぼくを通過していった
たくさんの男たちが組んだ肩をほどいた
素直であることがなによりもだいじだった
嘘はぼくにとっては音楽だった
日曜日の午後はみんなどこか疲れた顔
空港にいる人たちはみんなどこか覚悟を決め
無心になれればよかった
久しぶりの手紙が届いた
あの頃あんなにいっしょにいた人たちも
いつのまにか見えなくなって名前も忘れて
変わらないためには変わるしかなかった
それはよくある話
右から左へ通り過ぎてゆくだけのよくある話
でもきみはそれを忘れちゃだめだよ
くるしかった時代があったこと
どこにいっても行き止まりだったこと
それをぼくは忘れちゃだめだよ
ずっと歩いてる
ずっとずっとずっと歩いてる
走ったほうが街はきれいだけど
星と鼻水
冬とくるぶし
ころんでもすりむいても
すてきなさびしさに
息がとまりそう

悪いことをした人にはやがてそのツケがかえってくる
まわりまわって自分の身に悪いことがふりかかってくる
というようなことをよく聞くが
実際そんなことはない

悪い人とはどういう人か
ひとの気持ちに思いがまわらないひと
想像できないひと

見たいものしか見ないひと



二度と会いたくない人が何人かいる
酒や音楽はそれを忘れさせてくれる


先日ひとさまの家で料理とライブどっちもするというイベントをした
ぼくはたしかに料理はするが自分のためにしかしないので
料理を振る舞うという行為はくすぐったくて緊張した

3年前に父親の実家である中国の蘭州にいったとき一番よく食べた羊のスープを再現しようと思った
本場は羊の臓物が雑多にぶちこまれたスープで
現地の人はそれを朝の食堂で生のにんにくと固いパンをかじりながらもりもりたいらげて仕事にでかけてゆく
圧巻だった
さすが中国人は食の民である

完全な再現は無理なのでせめて羊の胃袋と骨付きアバラ肉を買ってそれを煮込むことにした
羊の胃袋をうちで煮込んでるとき完全に家庭内が動物園の匂いになった
下処理が足りなかったのかもしれない
なんせ初めてだったので段取りがよくわからなかった

鍋ごとライブ会場に持っていき続きをした
塩で味付けするだけ
単純な料理である
トッピングに刻み葱と香菜を用意した


出演者5人のうちぼくの料理が出たのは最後だったので分が悪いとは思ったが
もはや腹いっぱいで食ってない人もいたが
でも瞬殺でなくなったのでうれしかった
たくさん余ったライ麦パンもいつの間にか霧消していたが誰がどうやって食ったのだろう

レシピ
思いつきで和風アレンジを加えた
本場では羊肉しか使わないのだが
大根もいっしょにぶちこみネギの青いとこもいれた
これでいくらか動物園臭がやわらいだ
白菜を入れてもよかったかもしれない
さらに実は利尻昆布としじみでおおいにだしをとった
味わいが2Dから3Dになった


会場に向かうとき駅近くに魚屋があったのでひやかしてみる
よく太った真鯖が丸のまま転がっていたので衝動買いしてしまった
キッチンを借りてさばいてシメサバを仕込んだ
シメサバができあがる頃ちょうど米も炊けていたので寿司にしていいかとの提案を皆にしたらみごと受諾された
しかしぼくは1貫も握っていない
ぼくは米を包むだとか巻くだとかこねくりまわすだとかそういった作業が徹底的に苦手なのである
握るのは友人たちにまかせた
シメサバの塩が強かったので醤油をつけずに食べてもらった
押し寿司のような具合である
これはこれで感慨深いものである



他4人の料理人たちの料理はたいへん素晴らしかった
四人四色、バラエッティに富んだメニュの数々、いかに普段自分が乱雑に料理をしているのかが解せた
たすきを締め直すような気持ち
当初の予定だとお客さんの投票により1位の料理を決めるはずだったのだが
その場にいた全員の意向により試合は無効
全員優勝ということに相成った
ちなみに他の出演者のラインナップは以下である
渡邊広幸:ケミカルカレー
じゃっく:鳥胸肉の南蛮漬け
山羊青い:カキフライ
藤井えい子:粕汁

個人的にいちばんうまかったのはじゃっく氏が本編とは全然関係ないところで作ったヒイカと菜の花の酢味噌和え
そして出演者でもないのに大阪は堺から泥酔しながらやってきたサコウさんのおでんです
あれは今考えるとおそるべきダークホースやったな

食べてくれたみなさんほんとうにありがとうございました


ライブはハダユキコのピアノといっしょにやった
いい手ざわりだった
これからもやりたい

もう7年くらいかよってる店がある
その店には「紅ショウガ 0円」との短冊がある
しかしいまだかつてこれを頼んだことがない
いや、おもいちがいはよしてくれ
ぼくは紅ショウガで白飯がいけるほどのジンジャーラバーなのだ
しかしこれだけはいけない
この紅ショウガください、と発言したとする
途端にそれを聞いた周りの客人が、ああ、あいつは何のコストもかけずにサービスを享受しようとしている、なんてあさましい性根なんだ、ああはなりたくないな、くそだな、絶滅したほうがいい、酒飲みのかざかみにも置けずにハゲちらかせ、このブスパンダが
となること必須なので
ずっと頼めないでいる
せめて50円にしてくれ
そのほうがたのみやすい

あたらしいビデオができました
風がつよかったです
川はひかってます
撮影のあと和久井くんとやまもと珈琲にいきました


ぼくは音楽をつくって人前で発表している
おなじようなことをするともだちがたくさんいる
音楽じゃなくても
絵でも本でも写真でも

恋人ができたり
結婚したり
こどもがうまれたり
そういえばぼくの周辺のひとびとは
そんな理由でどんどんいなくなる
いつのまにかちがう世界の住人になってて話すことも噛み合わなくなる
会わなくなる
生活のために
お金のために
あんなに夢中だったことを捨てていく

それぞれの生きかたがあるのはわかってるけど
手ばなせるものだったのなら
それなら最初からなにもやらなくてもいい人だったんだなって思う

ぼくはまだへばりついてる
くるってる
ひかってる
くだらない
つまらない
ダーリンぼくら抱きあってもひとりぼっちは変わらないけど

このページのトップヘ