=リハビリ実験報告=

脳血管障害の方々を対象とした
手のひらにぎにぎ体操の実験を
開始してから約2ヶ月が経ち
ました。

ケース:Cさん<脳内出血>
第一回目:平成8年(約14年前)発症。
その後、回復率80%。
第二回目:平成10年(約12年前)発症。
Cさんに、今まで自力では難しかった
ことに挑戦して頂きました。

<2月9日(火)の状態>
Mr.T No.0 (平成22年2月9日)


固まっていた右手の手のひらに自力で
にぎにぎ君を押し込んで、右手の甲側と
指側から左手で押して、動かない右手に
刺激を与える方法です。

<3月12日(金)>
No.1
リハビリ作業所の担当の方の補助で、
にぎにぎ君を手のひらに押し込んだ状態
リハビリ作業所実験Mr.TNo.1

No.2
刺激を5分位与えた後、手が
少し開くようになった様子
リハビリ作業所実験Mr.TNo.2
 

<3月24日(水)>
No.1
右手ににぎにぎ君を自力で
押し込んでいる様子
リハビリ作業所実験Mr.T No.1

No.2
指先で手のひらと指の付け根の
奥まで押し込んでいる様子
リハビリ作業所実験Mr.T No.2

No.3
親指の上から左手で刺激
を与えている様子
リハビリ作業所実験Mr.T No.3

No.4
右手の甲側と指側を左手で上から
押して右手のひらと指全体に刺激
を与えている様子
リハビリ作業所実験Mr.T No.4

No.5
刺激を5分位与えた後の写真
リハビリ作業所実験Mr.T No.5


現在Cさんは、毎日昼間障害のある
右手ににぎにぎ君を挟んで、5分間
の刺激を与えること、動かせる左手
も5分間刺激を与えることを日課と
されています。
<Cさん弁>
以前は、にぎにぎ君を右手に挟んだ
まま寝ていましたが、最近10日間
は、毎日昼間にやっています。
少しずつ改善されていくのが、
愉しみのこの頃です。

Cさん作短歌

 大切な
 親にもらった
 この身体
 元に戻れと
 にぎにぎ始む (南行)


次回は、来週「爪もみ」に挑戦して頂く
予定です。
1a2c96da.jpg