2011年12月

2011年12月27日

面会・委員会・法務省要請

12月27日の午前中、再審を求める会の福田氏、ライターの渋谷氏と共に、東京拘置所へ袴田さんの面会に訪れました。
今回も、福田氏と渋谷氏は受け付けてもらえませんでした。
面会は、「呼んでも出て来ません」とのことで、またしても拒否でした。
いつもと同様、新田がボクシングマガジン、ボクシングビート、福田氏が花を差し入れました。(写真:左・福田氏、右・渋谷氏)

20111227_面会



午後1時からは、水道橋でボクシング協会・袴田支援委員会をおこないました。
出席者は、北澤事務局長、真部会長、福田氏、渋谷氏、新田の5名。
DNA鑑定結果を受け、ボクシング界はどういう活動をすべきか協議しました。
年明けの1月中には、何かアクションをおこしたいと考えています。

午後3時には法務省へ移動し、議員連盟と弁護団の要請行動に合流しました。
議連の牧野聖修会長、漆原良夫議員、弁護団の西嶋勝彦団長、戸舘圭之弁護士が、平岡秀夫法務大臣と約30分間面談し、検事総長に対して刑の執行停止と釈放への手続きを命ずるよう要請をおこないました。
今回は、初めて姉の秀子さんが、法務大臣との面談を許可され、思いを語ってきたとのことでした。(写真:記者の質問に答える秀子さんと牧野議連会長、西嶋弁護団長)

20121227_法務省要請



何かが大きく動き出そうとしている予感がします。


nittaboxinggym2000 at 23:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年12月25日

DNA鑑定結果

12月22日、DNA鑑定結果が提出され、弁護団が会見をおこないました。
弁護団側推薦の鑑定人は、犯行着衣とされる衣類に付着していた血液のDNAが、被害者のモノとは異なるという結果を出しました。
一方、検察側推薦の鑑定人は、被害者のDNAである「可能性を排除出来ない」という内容で、要するにはっきり分からなかったとのことでした。

20111222_DNA鑑定会見



この鑑定結果は、袴田さんが犯人であるという証拠が根底から覆されることを意味します。

これを受け、日本プロボクシング協会では、12月23日の理事会で、「緊急声明」を発表し、引き続き袴田さんの支援活動をおこなってゆくことを表明しました。

<読売新聞>
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20111223-OYT8T00198.htm


<緊 急 声 明>

 昨日、いわゆる袴田事件の第2次再審請求審で行われていたDNA鑑定で、犯行着衣とされる「5点の衣類」に付いていた血液のDNAは被害者のものと一致しないとの結果を鑑定人の一人が出したことが明らかになった。

 我々は、この鑑定結果が意味する事実、すなわち我々が長年にわたって支援を続けてきた元プロボクサーの死刑囚・袴田巖さんが無実であることを改めて確信し、一日も早く再審が開始されることを望むとともに、拘置所の独房というリングで過酷な闘いを続けてきたがゆえに心身を病んでしまった袴田さんに一刻も早く適切な治療が施されることを望む。

 そして我々は、袴田さんが晴れて自由の身となり、後輩たちが命をかけて闘う姿をリングサイドから観戦してもらえるその日が来るまで、全力を挙げて袴田さんを支援することをここに表明し、ボクシングファンはじめ、多くの人々の協力を訴えるものである。FREE HAKAMADA NOW!


2011年12月23日 日本プロボクシング協会


nittaboxinggym2000 at 14:41|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年12月02日

2011.11.29 面会&委員会報告

11月29日(火)午前中、再審を求める会の福田氏、ライターの渋谷氏と共に、
東京拘置所へ袴田巌さんの面会に訪れました。

今回も、福田氏と渋谷氏は面会申請を受け付けてもらえませんでした。

そして、袴田さんは「用がない」と言って部屋から出てこないということで、
面会も実現しませんでした。

昨年7月の面会以来、誰も面会が実現していない状況が続いています。


午後からは、後楽園ホール近くで、東日本ボクシング協会の袴田巌支援委員会を開催致しました。

12月22日が提出期限となっている、DNA鑑定の結果を受けて、
協会として何が出来るか等を協議しました。

また、袴田巌ニュースの発行を、12月18日に開催される「全日本新人王決定戦」に合わせ、
試合会場でパンフレットに挟み込みをすることとしました。


DNA鑑定実現や、取り調べテープの存在が明らかになるなど、
好材料が出てきていますが、袴田さん自身はおそらく認識出来ていないのでしょう。

とにかく良い結果を期待したいですね。


20111129


※写真は東京拘置所の様子です。周囲の景色も変わり、年月が経ってしまっていることが感じられます。

nittaboxinggym2000 at 06:25|PermalinkComments(18)TrackBack(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: