キャプチャ
出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

キャプチャ 
一行解説
・・・終り方が完璧な漫画・ について議論するスレ⑦だよ。
広告
※上記が記事の場合・記事内のURLや。
色違いの文字クリックで各情報元へ飛びます。
(記事は下まで続く(^^♪)・・・) 
 

hjkhkj2 
2chでの議論】 

※記事やスレに関する意見がない場合、
別のお話やスレを採用しています 。

《・・・》  

・サイボーグクロちゃん
キャプチャ
コミックボンボン増刊号での読み切り連載を経て後に本誌で本格的に連載。
二足歩行も出来るうえに手先も器用なネコが
サイボーグ化したことでさらなるポテンシャルを手に入れ、
かかわった事件を解決するはずが、
自分自身が武器を片手に町を破壊し、
暴れ回るというハチャメチャギャグコメディ。
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
雑種の黒猫「クロ」は生意気な暴れん坊だが、
飼い主の老夫婦への恩返しを忘れない忠誠心の持ち主。
ある日ドクター剛がクロを使って世界征服をしようと企み、
勝手にサイボーグにしてしまう。

それから次々と一癖も二癖もあるキャラクターが出てきて、
クロをトラブルに巻き込んだり、逆に巻き込まれたりしていく。
そんな毎日をうんざりしたり楽しんだりしながら、
サイボーグクロちゃんは今日も暴れ回る。

※アニメでは最終回は放送されず。
キャプチャ
キャプチャ
クロちゃんと仲間たちは、
ロボットになってしまった少年ゴロー(五郎)を人間に戻すべく奮闘。

しかしゴローの中で増大した憎しみが少年を怪物に変えた。
ゴローを憎しみから解放。

戦いによって崩壊された町も修復され物語は締めくくられる。

・泣くようぐいす
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
千石うぐいすが、あるきっかけで真面目に野球をやり始めることになり、
ライバルである原幕との試合や、
幕張第一野球部内の出来事を時にシリアスに、時にコメディに描く。

幕張第一高校野球部員(通称・幕一ナイン)の1年生で、
守備位置はセンター。

小口詩織にドッキリをやられ、
彼女を見返すために真面目に甲子園を目指す。

身体能力はプロのアスリート並みで、
加藤礼司が投げた球(150㎞/h)を初球でホームランにしたり、
守備ではセンターゴロに相手のバッターを打ち取り、
140km台/hの球を投げられる。

(自称)幼少期、グレイによって改造手術を施された改造人間。
呪いのビデオを観た際には、
テレビから現れた貞子をプロレス技で返り討ちにした。

蘇我の宝物を川に投げ捨てる・先輩をブロックで動かなくなるまで殴るなど
非常に容赦ない行動を取る一方、
今の催眠商法みたいな口車に乗せられたり
自分の対応で相手が泣き出すと気まずそうに自分から折れるなど、
意外と防御面が弱い。

夢は、PRIDEでガチャピンと戦うこと。
必殺技は「千石パンチ」「千石一輪挿し」など。
蛭子能収の息子と呼ばれるほどの勝負事好きで、物がかかると強くなる。
下克上を信条としているらしく、
先輩達にも平気で悪態をつき、逆上すると言葉がナメック語になる。
キャプチャ
キャプチャ
最終回、高校野球千葉予選一回戦のマウンドに立とうとするうぐいす。
「起きろ」と声をかけられ夢からさめた。
彼の野球人生は夢だった。
さらにうぐいすは剛田君を殺した罪で逮捕された。

・ドラえもん

本作は22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット・ドラえもんと、
勉強もスポーツも苦手な小学生・野比のび太が繰り広げる。

少し不思議(SF)な日常生活を描いた作品。
基本的には一話完結型の連載漫画。

一方でストーリー漫画形式となって
日常生活を離れた冒険をするという映画版の原作でもある「大長編」シリーズもある。

一話完結の基本的なプロットは、
「ドラえもんがポケットから出す多種多様なひみつ道具
(現代の技術では実現不可能な機能を持つ)で、

のび太(以外の場合もある)の身にふりかかった災難を
一時的に解決するが、
道具を不適切に使い続けた結果、しっぺ返しを受けるというものが多い。

のび太がお正月をのんびりと過ごしていると、
突然、どこからともなくのび太の未来を告げる声が聞こえ、
机の引出しの中からドラえもんと、のび太の孫の孫のセワシが現れた。

セワシ曰く、のび太は社会に出た後も沢山の不運に見舞われ、
会社の倒産が原因で残った莫大な借金によって子孫を困らせているという。

そんな悲惨な未来を変えるために、
ドラえもんを子守用ロボットとしてのび太のもとへと連れてきたのだった。

同級生の源静香(しずか)、剛田武(ジャイアン)、骨川スネ夫などの友人たちも
交えた日常の中で、のび太は時として反省し多くのことを学び、
未来は少しずつ良い方向へ進んで行く。

「ドラえもん未来へ帰る」 キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ 時間観光旅行による旅の後野比家にようやく静寂が戻ってきた。 のび太が「時間観光旅行なんて迷惑だ!」とぼやいていると。 そこへセワシが現れる。 セワシは未来からの渡航者たちのマナーが非常に悪く、 過去の人間に迷惑をかけないために「時間旅行規制法」が制定され、 過去への渡航が一切禁止となったと説明する。 ドラえもんが元気がなかったのは、 「規制法」が近々制定されるのを知っていたからだった。 当然ドラえもんも帰らねばならなくなりのび太は引き止めるが、 ドラえもんは「男だろ!これからはひとりでやってくんだ。きみならできる!!」と のび太に檄を飛ばす。 やがて帰還のサイレンが鳴り、別れの時が来る。 のび太に檄を飛ばしたドラえもんも、 別れの瞬間を前にして「のび太くんとわかれるのいやだあ」と泣きわめくが、 セワシに引っ張られ、結局否応なしに未来へと帰っていった。 ドラえもんはセワシとともに未来の世界へ戻り、 タイムマシンの出入り口も机の引き出しから消えた。 勉強机に向かうのび太は、 その引き出しを開けるたびにドラえもんのことを思い出し、 そこに彼の影を見て静かに呟く。 「つくえの引き出しは、ただの引き出しにもどりました。 でも・・・・・、ぼくは開けるたびにドラえもんを思い出すのです。」

「ドラえもんがいなくなっちゃう!?」
キャプチャ キャプチャ
キャプチャ 友達とサイクリングに行く約束をしたものののび太は自転車に乗れない。 自転車に乗れるようになる道具を出してと安直にドラえもんに頼ろうとするが、 ドラえもんはそれを冷たく突き放し、 「ぐずぐずいってるひまに、練習したらどうだっ!!」と言い出し、 それにびっくりしたのび太は、慌てて部屋を出た。 実はドラえもんは、 彼に頼りっきりなのび太の自立心を養うために未来へ帰ろうと考えていたが、 なかなかそれを言い出せずに悩んでいたのだった。 困り果てたドラえもんはセワシと相談し、 「ドラえもんが故障した」というウソをついて帰ることにする。 そのウソを聞いたのび太は素直にそれを信じ、 ドラえもんがいなくなったら困るけれども ドラえもんのために我慢するから自分にかまわず帰ってほしいと言う。 優しい言葉に感激したドラえもんは正直にのび太に理由を告白するが、 のび太はそれを受け入れ未来へと帰るドラえもんを勇気を持って送り出す。 その後、のび太は一人で自転車に乗る練習を始める。 何度転んでも起き上がり、ひたむきに頑張るのび太。 その姿を、ドラえもんはセワシと一緒に タイムテレビで未来の世界から暖かく見守るのだった。

「さようなら、ドラえもん」
キャプチャ
キャプチャ
キャプチャ
いつもの通り、ジャイアンにいじめられて帰ってきたのび太。 ケンカに勝てる道具を貸してほしいとドラえもんに甘えるが、 ドラえもんはいつになく冷たい調子でつっぱねる。 様子がおかしいと思ったのび太がドラえもんを問い詰めると、 ドラえもんは未来の世界に帰らなければならなくなったと告白する。 最後の夜、眠ることのできない二人は一緒に夜の散歩に出かけることにする。 涙を見せまいとしたドラえもんと途中で別れたのび太は、 夜中に寝ぼけて徘徊するジャイアンをからかい喧嘩になる。 何度も何度も殴り倒されるが、 のび太は「自分がしっかりしないとドラえもんが安心して未来へ帰ることができない」 と必死でつかみかかり、ボロボロになりながらも ついに最後にはジャイアンに「おれの負けだ」と言わせる。 駆けつけたドラえもんに抱き起こされたのび太は、 自分一人の力でケンカに勝ったことを報告する。 ドラえもんに担がれながら家に帰る道中、のび太はドラえもんに、 もう自分は大丈夫だから安心して未来へ帰って欲しいとうわごとのように繰り返す。 肩を借すドラえもんは、大泣きしながらのび太のその言葉を聞いた。 帰宅したのび太は、疲れやドラえもんを安心させたからか、 静かに眠り始める。その横に座り、 のび太の寝顔を涙を流しながら見守っていたドラえもんは、 部屋に朝の陽光が射した時には、もう、どこにもいなかった。 起床したのび太は只の引き出しに戻った机を見つめ、 ママから「ドラちゃんは帰ったの?」と問われ、「うん」と答える。 ドラえもんがいなくなった部屋でのび太は、 ドラえもんがいなくなった寂しさを感じながらも乗り越えようとするのだった。

0:管理人つぶやき 200X/0X/0X 
(毎日月曜日)XX:XX:XX ID:魔王
キャプチャ
(ドラえもんか・・・) 

魔王AA

16
(やっぱりドラえもんはいいよな・・・
なあ?ドラえもん.。oO

0:助手勇者の情報 200X/0X/0X 
(毎日日曜日)XX:XX:XXID:勇者
キャプチャ
(ひどい最終回・・・)
URL青文字をクリック情報元へ飛びます。

 
一方  ・・ twitter  では?  
キャプチャ