キャプチャ
(ローペンと呼ばれた鳥の画像)
ローペンはパプアニューギニアの北東にある島々の一つビズマーク諸島で目撃されたという鳥のような生物。


広告(記事は下まで続く)

黒っぽい色の身体に長い尾・コウモリに似た翼に鋭い歯を持ち、舌は二つに分かれているののが特徴的であるという。

体長は6mほどで普段は洞窟に潜み夜の行動が多く、人が葬式を行うと突如現れ死んだ人の遺体を食べてしまうことから現地では悪魔のような存在としても恐れられている。

ローペンらしき動画がいくつか投稿されておりなかには、それらしきものや鳥の玩具を飛ばしている動画がローペンではないかと話題にもなったりした。

1944年にはアメリカ兵による巨大な鳥の目撃談がありローペンのような特徴があったという。

キャプチャ
ディモルフォドン・イメージ

さて正体には翼を広げて全長2mほどのオオコウモリやジュラ紀の翼竜で翼を広げて全長1.4mほどのディモルフォドンなどの誇張説などがある。