キャプチャ
ワヒーラはアラスカやカナダで伝承されている狼。

広告(記事は下まで続く)

ネイティブアメリカンの間では悪魔のような狼として知られている。

体高は1m~1.5mほどで身体は白い体毛で覆われているという。

悪魔のような狼と言われるようになったのはカナダ北西部にあるナハニ渓谷で奇妙な事件が相次いだからである。

この場所にある金塊を求めて幾人かの冒険者が渓谷に訪れ、探検をしていたが。

次々と行方不明となり後に頭部のない遺体として発見された。


これがワヒーラのような謎の動物に関連付けされたり、地球外生命体の地下基地がひそかに存在しているのではないかと噂されるようになった。

またもともとこの地にはナハ族と呼ばれる凶暴な部族が住んでおり、徐々に彼らは姿を消したが生き残りが居たのではないかとも言われるようになった。

キャプチャ
(ダイアウルフの化石)

キャプチャ
アンフィキオン・イメージ

ワヒーラの正体としては新種の狼や史上最大級の狼と言われるダイアウルフ。

北半球に棲息し身体は熊のようで頭部は狼のようなベアドックと言われることもあるアンフィキオンなどが候補に挙がっている。