キャプチャ
(イメージ)
コンゴ共和国のマタバ川には巨大な生物が棲息するという。

広告(記事は下まで続く)

ングマ・モネネと呼ばれ大蛇の意味合いがあり体長は10m以上とも言われている。

誇張された話では50m以上などとも言われている。

蛇の姿以外に四肢やたてがみのようなものがある姿も目撃されており、何らかの爬虫類型生物とされている。

未知のオオトカゲ説も浮上しているが正体は謎である。