キャプチャ
今日では疑わしいものも多くある心霊写真ですが、CGや合成の技術の使用が難しい時代にもそういった写真は出回っていたようです。

今回は第一弾です。

広告(記事は下まで続く)

ブラウン夫人の霊
キャプチャ
イギリスの東部にあるノーフォークにレインハムで1700年代に撮られた写真。

撮影された白い影はイギリスの政治家・初代首相ロバート・ウォルポールの妹、
ドロシー・ウォルポールではないかと言われています。

茶色いドレスを着ているように見えることからブラウン・レディーと呼ばれています。

ワートン卿との浮気の疑いから夫に天然痘で亡くなるまで、
屋敷に閉じ込められたという話があります。


コンバーメア(Combermere)卿の幻影
キャプチャ
1891年にイギリスの図書館で撮られた写真です。

椅子には
馬車の事故により亡くなった騎兵司令官コンバーメアらしき幻影が居ます。

当時は屋敷の多くの使用人の一人が彼になりかわりカメラをとるときに露光で、
幻影のように見えたと言われていましたが。

彼に似た人物が当時はおらずいまだに謎に包まれています。

フレディージャクソン飛行士の霊
キャプチャ
1919年にイギリス海軍ダナイー級軽巡洋艦ディーダラス号の、
訓練施設で撮影されたもの。

こちらから見て最後部左から4番目の人物の後ろ右側に、
顔らしきものが撮影されています。

キャプチャ
(拡大写真)

写真が撮影される2日前には整備士のフレディ・ジャクソンが、
飛行機のプロペラと接触し事故死しています。

顔ブレ・二重露光・印刷や撮影ミスなどのフェイク説が浮上しましたが、
撮影されている男性とは似ても似つかずいまだ謎のままです。

またディーダラス号自体も未確認生物シーサーペントとの遭遇が、
噂されたりと何かと逸話が残されています。

螺旋階段に横たわる霊
キャプチャ
1966年にイギリスのグリニッジにあるクイーンズ・ハウスで、
撮影されたものです。

カナダ人牧師のハーディさんによって撮影されたもので、
螺旋階段の横になぞの白い影が写っています。

ここは宮殿で有名なへンリー8世・アン王女・エリザベス1世らが、
誕生した場所でも知られています。

この場所では霊がよく目撃されています。

撮影者の話では当初人はおらず露光などのフェイク説も浮上しましたが、
専門家の検証でも詳しく解明されていません。


車の後部座席に乗っている霊
キャプチャ
情報ではこの写真は1959年ごろに撮影されたもので。

墓参りから帰る運転手の後ろには眼鏡をかけた人物が撮影されています。

かなり鮮明に撮られており一緒についてきてしまったのでしょうか。