キャプチャ
この宇宙がどこまで広がっているのかと考えたところで、あまりにも壮大すぎて雲をつかむような話になるだろう。

では考える対象を逆方向にして、この世界をどこまでもミクロに突き詰めていけば宇宙の“原形”が見つかるのだろうか……。

~要約要点~

・この世の森羅万象を突き詰めていけば、素粒子の衝突と相互作用にあるとこれまでの標準的な物理学では考えられてきた。

ノーベル賞物理学者であるリチャード・ファインマン(1918-1988)は、この素粒子の相互作用を図形化(ファインマン図形)して、すべての可能性を描写することで物理現象を説明できるとした。

 しかしながらこの手法を使うと、果てしなく枝分かれした図形を延々と描き続けることになり、単純な現象を解明するだけでも莫大な時間が費やされることを余儀なくされ、物理学者たちからは敬遠されるものになってしまったようだ。

・しかし物事はもっと単純化できることが今から4年前に指摘されることになった。

イラン出身の物理学者であるニーマ・アルカニ・ハメド氏は、紙と鉛筆(黒板とチョーク)だけを使って数式を記しながら解説し、新たな物理原則の出発点となる幾何学多面体「amplituhedron」の存在を提示した。

 amplituhedronにまだ日本語訳はないようだが、意味としては“振幅する多面体”である。

つまり多面体の振幅によって、この世の森羅万象が具象化されているということだ。

そしてこのamplituhedronは、驚くことに3次元空間+時間という概念を前提としていないのである。

この世界はすべてamplituhedronの振動で浮かび上がったホログラムのようなものだと考えられるのだ。

・デジタルアートの魔術師と呼ばれるアンディー・ギルモア氏は、このamplituhedronを幾何学模様のアートに仕上げている。

キャプチャ


・この宇宙の“原形”を探る試みとしては、物質の最小構成単位である素粒子を実際に“見る”ことも挙げられてくる。

昨年、ポーランド・ワルシャワ大学の研究チームが、素粒子のひとつである光子(Photon)の可視化に成功している。

・初めてその姿が記録された光子だが、そのフォルムは美しくもありまた意外なものに似ていることが指摘されている。

それは「マルタ十字」だ。

キャプチャ
・マルタ十字はキリスト教のマルタ騎士団が象徴にしていた十字形の紋章で、現在でも多くのカトリック教会で使われ、フリーメーソンでも紋章などのデザインにこのマルタ十字が取り入れられている。

・青銅器時代やメソポタミア文明の時代にまでさかのぼれば、この十字は太陽十字(Solar Cross)と呼ばれる太陽の象徴であったと考えられている。

はたして太陽のシンボルと光子の姿が似ているのは偶然の一致なのであろうか。

続きはこちらのサイトで

広告(記事は下まで続く)
※上記が記事の場合・記事内のURL、
色違いの文字クリックで各情報元へ飛びます。
 
0:管理人トミのつぶやき 200X/0X/0X
(毎日月)XX:XX:XX ID:TOMI

gjgjhhZZZZZZZ 
(広大に広がるから形など無いと思っていたが・・・)

トミAA
キャプチャ
(十字・・・)


0:助手ヨシオの情報 200X/0X/0X 
(毎日月)XX:XX:XXID:YOSHIO
vbvffdv
(宇宙旅行にかかる費用は・・・)
URLや青文字をクリック情報元へ飛びます。
(記事下まで 続く)
 

hjkhkj2
2chでの議論

※記事やスレに関する意見がない場合、
別のお話やスレを採用しています 。

《宇宙はどこでも中央説・・・》  

1: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 06:38:05.506 ID:F1H/97xT0
球体の表面はすべてが中央で端がないのはわかる
そんな感じで人間に知覚できない高次元の形状をしていて絶対に抜け出せないんじゃない?

2: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 06:39:19.874 ID:HXahhR8Ed
もしかしてだけど~

3: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 06:39:48.913 ID:iYNVKD6c0
あーメビウスの輪から抜け出せなくて

4: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 06:40:16.857 ID:IxInJzCw0
これって人の都合で「そう考えよう!」ってことにしてるだけじゃね

5: 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします 2017/09/30(土) 06:43:28.803 ID:uwkMcewO0
>>4
この世の全てがそうではないか


一方・・ twitterでは?