キャプチャ
軍事費の増大が大きな話題になっている。

特に中国とロシアの前年比の伸び率が非常に大きい。

日本も初の五兆円を突破したとして話題を集めているが、その比ではない。

日本の場合は人件費がその多くを占めており、新兵器の研究開発などにかかる予算はほとんどない。

だが、国内には兵器に転用可能なさまざまな技術が存在している。

 しかし、世界には新兵器を開発している国が少なくない。

世界の最新兵器、それも、全く報道されてない“トンデモ兵器”と“開発中の兵器”をご紹介しよう。

もちろん、極秘資料なので、その詳細は伝えられない。

また、モノによっては保有数や保有国も明かせない場合があるが、そこはあらかじめご容赦願いたい。

次項

広告(記事は下まで続く)
~要約要点~
キャプチャ

■弾頭型砲弾(核搭載型砲弾)

「弾頭型ミサイル」というものがあることは皆さんもご存じであると思う。

また、「トランク型核兵器」の研究も、半ば都市伝説と化して伝わっている。

基本的に、核爆弾を最も小さくした場合は、約20キロ。

さすがにアタッシュケースとはいかないまでも、旅客機内に持ち込み可能な大きさのキャリーバックくらいにはなる計算になる。

もちろん、その場合は爆発力や攻撃範囲は小さくなるが、その熱風の攻撃力や核爆発が起きたという事実が与える人心への衝撃は大きなものになろう。

そこまで「核」が小さくなると、当然に、大砲の砲弾に搭載可能になる。

例えば、日本が戦中に建造した戦艦大和の主砲は「46センチ砲」であるが、その砲弾重量は九一式および零式弾が1,460kg、砲弾全長は約2mとなる。

砲弾用炸薬を除けば、十分にアタッシュケース型の核弾頭を搭載可能な大きさだ。

同時に、大和の主砲は最大射程は42,026mであり、風向きなどを考えなければ、42キロ以上離れていてなおかつ小型核であれば、発射した側の被爆はない。

「核」だけではなく「化学兵器」の砲弾も同時に開発されている。

遠く離れた陸上部隊に対して、砲弾を連射することによって帯状に防護帯を作り、その上で敵の進軍を阻むということになる。

敵を一か所に閉じ込めた後の空爆や、あるいは空爆で対処できない地下豪の基地に対する攻撃などが想定されている。

ミサイルの場合は迎撃されるケースがあるが、砲弾の場合はほぼその心配はなく、確実に敵に対して被害を与えることができる。

一部では「完成した」というような話も伝わっているが、少なくとも実験された形跡は確認されていない。

■EMパルスバリア

 バリアと聞けば、SFアニメに登場するようなバリアが思い浮かぶ方も多いだろうが、実際には、アニメのように空間に物理的な障壁を作ることは難しい。

しかし、兵器がデジタル化されつつある現在では、「プログラムをリセットする」、もう少し詳しく言えば「ミサイル内部のコンピュータをリセットして起爆装置を動かなくする」という形のバリアならばできるとされている。

ある一定周波数帯域の電磁波を帯状に空間に張り巡らせ、その電磁波が当たった場合に、中のコンピュータなどがリセットされるようにすればよいのである。

一時、日本でも北朝鮮のミサイルで話題になった「EMパルスミサイル」の防御版であると思っていただければよい。

 このバリアに関しては、すでにロシアやアメリカが実戦に配備している。

しかし、完璧なものではなく、同時に、広範囲に広げられるものではないとされ、まだまだ改良が必要であるとされている。

もちろん、このような防御兵器ができると、その上を行く兵器が出てくることになるので、その詳細などは記載できない。

■非可視化航空機

難しい書き方をしたが、要するに「透明戦闘機」「透明爆撃機」である。

当然のこと、敵に見えない状態で、敵の奥深くに入り込むことができれば、敵の中枢部を攻撃することが可能で、確実に大打撃を与えることが可能になる。

ステルスというのは、レーダー電波を反射しにくくする技術である。

ステルス機はアメリカ・ロシア・中国・フランスの各国が開発しているが、いずれも完全ではなく、一定の電波には反応してしまったり、あるいは、ゴミの付着やバードストライクなどが発生した場合はステルスの意味がなくなってしまう。

ましてや、ドッグファイトのように敵の戦闘機が目視で照準を合わせる場合には、ほぼ無力ということになる。

 そうなると理想は「目でも見えない」兵器だ。

例えば、周辺の色彩とほぼ同様の色に溶け込め、しかもその形がレーダー電波を吸収するような形状なら、レーダーからのステルスにもなり、かつ目でも見えないということになる。

もちろん、人間を含めて透明になることは不可能だ。

だが、それを可能にしているのが「高性能カメラ」と「有機EL」である。

音速でもブレないカメラで撮った風景を、そのまま機体に張り付けた有機ELで映し出し、目視できないようにするというものである。

当然、その表面にはレーダー電波の反射材を塗るということが条件になる。

なお、これらの防御兵器は「サーモ探知装置」つまり、「熱感知」で探された場合はほぼ無力だ。

この弱点の改良については現在も研究中である。

■究極のアナログ

ここまでは最先端のデジタル化した兵器とその防御兵器をご紹介した。

ところで、デジタルに最も強いのはアナログである。では、デジタル兵器に最も有効なアナログの兵器は何か、ということが問題になる。

それは台湾海軍の海獅級潜水艦である。正式には旧アメリカ海軍テンチ級潜水艦「カットラス」であるが、台湾海軍に売却されて「SS791-海獅(Hai-shih)」となっているのである。

さまざまな情報や写真も公開されているので、興味のある方は調べてみるとよいであろう。

テンチ級潜水艦は対日本海軍用に量産されたアメリカの潜水艦で、1943年に66隻建造された。排水トン量は水上で1,526トン、水中で2,424トン、全長95メートル、水中8.75ノットで推進する。

日本の敗色が濃厚になって生産計画が変更されたため、その後は造られていない。戦後、さまざまな国に売却された。

続きはこちらのサイトで

※上記が記事の場合・記事内のURLや。
色違いの文字クリックで各情報元へ飛びます。
記事下まで続く(^^♪)・・・)
 

hjkhkj2
2chでの議論

※記事やスレに関する意見がない場合、
別のお話やスレを採用しています 。

《アメリカ「お前大量破壊兵器持っとるやろ!(ボコー」イラク「」・・・》  
1: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:17:02.30 ID:rO+6h+sA0
北朝鮮「国民飢えさせて核兵器持ったで~」
アメリカ「…」
なぜなのか

3: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:17:29.21 ID:bCZRYH4I0
イスラエル「やれ」

4: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:17:44.10 ID:rO+6h+sA0
やっぱり核兵器作った方がええわ

6: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:17:57.74 ID:BGT6tsyG0
利害が無いから

8: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:18:45.49 ID:rO+6h+sA0
イラクのは言いがかりにもほどがあるやろ

9: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:18:50.15 ID:XwBZxBi60
石油が出ないから

10: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:18:51.67 ID:yaee9art0
占領するメリットがないから

5: 風吹けば名無し 2018/03/04(日) 21:17:51.91 ID:8Ki1qDdN0
同盟国が派兵に消極的だから

0:管理人トミのつぶやき 200X/0X/0X 
(毎日月曜日)XX:XX:XX ID:TOMI
gjgjhhZZZZZZZ  
(戦争に勝つためにどんどん改良されるから恐いね・・・) 

トミAA

4
(果てに人類が滅亡しないことを祈る・・・) 
.。oO

0:助手ヨシオの情報 200X/0X/0X 
(毎日日曜日)XX:XX:XXID:YOSHIO 
vbvffdv
(最新兵器の数々・・・)
URL青文字をクリック情報元へ飛びます。



一方 ・・ twitter では?