1
人間(にんげん、英: person)とは、 人のすむところ。
世の中。
世間。

人が生きている人と人の関係の世界。
(社会的なありかた、人格を中心にとらえた)人。
また、その全体。
ひとがら。
「人物」。

関係性を重視して「人‐間(あいだ)」という名称があてられたとされている。
 一般的な辞典類では「人間」という語の解説として次のようなものを挙げている。
人の住むところ。

世の中。
世間。
じんかん。
社会的な存在として、人格を中心にとらえたひと。

またその全体。
人類。
人柄。
人格。(「人間ができている」などのように使う。)

 旧約聖書の『創世記』において、人間はすべて神にかたどってつくられた(「神の似姿」)、とされ、身分や性別に関係なく、人間であれば誰であっても神性を宿している、とされた。

アリストテレスは著書『政治学』において、人間とは、自己の自然本性の完成をめざして努力しつつ、ポリス的共同体(つまり《善く生きること》を目指す人々の共同体)をつくることで完成に至る、という(他の動物とは異なった)

独特の自然本性を有する動物である、と説明した。

キリスト教では、旧約聖書の創世記で示された「神の似姿」という考え方が継承され、平等が重んじられ、一番大切なのは(自分だけを特別視するような視点ではなく)「神の目線」「神の視点」だとされるようになった。

→#人間観の遷移 「人間らしさ」について説明する方法は幾通りもあるが、「言葉を使うこと」「道具を使うこと」などはしばしば挙げられている。
 【続きはこちらのサイトで
【【地球図鑑】人間】の続きを読む