1
死の淵にたった時、人はいったいなにを思うのか–救急救命士としていくつもの「死」と接してきたマシュー・オライリー氏が、そのリアルな実情を吐露しました。

マシュー・オライリー氏 :私はここ7年間、ニューヨーク州サフォーク郡で救命士として働いています。

交通事故からハリケーン・サンディに至るまで、私は数々の事件で救急救命をしてきました。
もしみなさんが普通の人なら、死というものは最大の恐怖のひとつでしょう。

中には、死が近づいてくるのが見える人もいます。まったく気づかない人もいます。
「差し迫った悲運」という、あまり知られていない医療用語があります。

それはほとんど症状のようなものです。
医療従事者として、私は他の症状と同じようにこの症状に対応するように訓練を受けています。

だから、心臓発作を起こしている患者が私に向かい「私は今日死ぬんだ」と言えば、私は患者の状態を再診断するように訓練されています。

私はこのキャリアを通して、患者が後数分しか余命がなく、手の施しようがないような事故にたくさん対応してきました。

このような時、私はジレンマに直面します。
彼らにすぐに死ぬだろうと伝えるべきか、それとも安心させるために嘘をつくべきか?

初めの頃は、嘘をつくことで単純にこのジレンマに対応しました。
私は怖かったのです。

もし真実を伝えたら、その人が恐怖を感じながら、人生の最後の瞬間にしがみつこうとしながら死んでいくのではないかと、私は恐れていました。

しかし、それはある事件で変わりました5年前、私はバイク事故に対応しました。
運転手は本当にひどい重篤な怪我をしていました。

彼の怪我を診断すると、彼のためにできることは何もないとわかりました。
そして他のケースと同様、彼は私の目を見てあの質問をしました「私は死ぬの?」。

その瞬間、私はいつもと違う対応をすることにしたのです。
私は彼に真実を伝えることにしたのです。

私は彼に「あなたはすぐに死にます。そして私にできることは何もありません」と伝えることにしたのです。
彼の反応は驚くべきものでした。

彼の目を見ると、彼の中に安らぎが見えました。
彼はただ横になり、それを受け入れた表情を見せたのです。
続きはこちらのサイトで
【【地球図鑑】死】の続きを読む