1
神(かみ、古代ギリシア語:Θεός テオス、ラテン語:deus、Deus デウス、英:god、God)まず、百科事典類の記述を紹介すると、ブリタニカ百科事典では「宗教信仰の対象。」と始めている。

そして、一般に絶対的、超越的な存在とされる、と指摘。原始信仰では人間を超えた力と考えられていて、高度な宗教では超越的な力を有する人格的存在とされることが一般的、としている。

 広辞苑の第六版では6項目に分けて説明しており、ひとつめは「人間を超越した威力を持つ、かくれた存在。

人知を以ってはかることのできない能力を持ち、人類に禍福を降すと考えられる威霊。」を挙げている。

つづいていくつか日本の伝統での神を中心に説明しており、天皇の呼称のひとつとしての「神」にも触れ、6項目目に「キリスト教で、宇宙を創造して歴史を司る、全知全能の絶対者。」を挙げている。

 【続きはこちらのサイトで 【【地球図鑑】神】の続きを読む