ニチャオプ報道 Nicha op coverage

地球に眠る秘密と知識を探求するまとめサイト Summary site to explore the secrets and knowledge that sleep on the earth

 
    地球は母なる宇宙から誕生した The earth was born from the mother universe

    カテゴリ: W杯2018 W cup 2018

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・フランス代表がクロアチア代表に4-2で勝利したよ、でもPK獲得に疑問の声が上がっているよ。

    1: Egg ★ 2018/07/16(月) 11:37:14.11 ID:CAP_USER9
    VARによりペリシッチのハンドと判定 シアラー氏「あの判定は相応

    ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝は、フランスが4-2でクロアチアを破り、1998年大会以来二度目の栄冠に輝いたが、勝敗を分けたPKの判定が「誤審」として物議を醸している。

     決勝の舞台でビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)がフル活用された。1-1で迎えた同35分、フランスのコーナーキックの場面でクロアチアMFイバン・ペリシッチはニアサイドでクリアしたが、ボールが腕を直撃。
    アルゼンチン人主審ネストル・ピタナ氏はVARによりPKと判定した。これをFWアントワーヌ・グリーズマンがゴール左に流し込んでフランスが再び1点をリードし、2-1として前半を終えた。

     英公共放送「BBC」は、「ワールドカップ決勝:イバン・ペリシッチのハンドボールはペナルティーだったのか?」と特集。

    そして、ピタナ主審の判定について、「日曜日のワールドカップ決勝で最も物議を醸す瞬間だったことは間違いない」と指摘。

    そして、ボールはペリシッチの腕を直撃していたが、「あれは故意のハンドだったのか? ペリシッチにはハンドを回避する時間はあったのか?」と問題提起している。

     そして、元イングランド代表FWアラン・シアラー氏はピタナ主審の判定を一刀両断している。

    「決勝の勝敗を決めてしまうあんな愚かな判定をすることはありえない。ここまでの大会からも、あの判定は相応しくない」

     “誤審”という指摘を越えて、“愚か”と断罪。

    そして、「クロアチアは輝ける活躍だった。彼らはこの試合に負けてしまった。FKではないFKと、ペナルティーではないペナルティーのせいで」と、前半18分の先制点につながるグリーズマンのダイブ疑惑によるFK獲得とともに、誤った判定だと言い切っている。

    ペリシッチは「わざとボールに触ろうとしていない」

     元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏も、フランスにPKが与えられたシーンについて「あれはペナルティーと100%言い切れない。彼(ペリシッチ)はわざとボールに触ろうとしていない。反応するには距離が近すぎた。主審が判断するまで、あまりに時間がかかったことが、それを物語っている。(故意かどうか)確信できなかったんだ」と指摘している。

     そして、日本代表監督候補にも名前が上がっていた元アメリカ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏も、「確信がない時は、ペナルティーを与えてはいけない。誤った判断だ」と誤審と断言していた。

     20年ぶり二度目の栄冠をつかんだフランスだが、勝負の行方を大きく左右した勝ち越しゴールは疑惑のPKだったと物議を醸している

    フットボールZONE7/16(月) 7:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00122223-soccermzw-socc

    問題のシーン
    キャプチャ

    【【ニュース】フランス優勝もPK獲得は「愚かな判定」と指摘】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・ベルギー代表がイングランド代表に2-0で勝利したよ。

    1: ラッコ ★ 2018/07/15(日) 11:06:22.90 ID:CAP_USER9
    ベルギーがW杯最高成績の初3位! 
    アザールら2発でイングランドとの再戦制す

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・3位決定戦が14日に行われ、ベルギー代表とイングランド代表が対戦した。

     ともにグループGから勝ち上がってきたベルギーとイングランドが3位の座をかけて再び激突。

    グループステージではお互いに突破を決めて迎えた第3戦で対戦し、ベルギーが1-0で勝利していた。

     W杯最高成績となる初の3位を目指すベルギーは今大会4得点のロメル・ルカク、エデン・アザール、ケヴィン・デ・ブライネらに加え、ユーリ・ティーレマンスが先発出場した。 

    一方、1966年の母国優勝に次ぐ成績を狙うイングランドは、6得点のハリー・ケインをスタメンに残しつつ、メンバーを5名変更。

    フィル・ジョーンズ、ルベン・ロフタス・チーク、エリック・ダイアーらが名を連ねた。

     試合は立ち上がりの4分に動いた。

    ベルギーは得意のカウンターから、ナセル・シャドリがルカクのスルーパスで左サイドを抜け出してクロス。

    それを中央に走り込んだトーマス・ムニエがひざで押し込み、先制に成功した。 

    幸先良いスタートを切ったベルギーだが、36分にシャドリが左太ももを痛めて負傷交代。

    39分、代わりに投入されたトーマス・ヴェルマーレンが3バック左に入り、ヤン・ヴェルトンゲンが左ウイングバックに移った。

     1点ビハインドのイングランドは、ダニー・ローズとラヒーム・スターリングを下げ、ジェシー・リンガードとマーカス・ラッシュフォードを投入し、後半を迎えた。 

    70分にはダイアーがラッシュフォードとのワンツーでエリア内に抜け出し、ループシュートでGKをかわしたが、ゴール目前でDFにクリアされ、得点にはつながらず。

     すると82分、ベルギーはアザールがデ・ブライネのスルーパスでエリア内へ突破。

    冷静にシュートをゴール左隅に突き刺し、追加点を決めた。

    試合はこのままベルギーが2-0で勝利。 

    初の3位でW杯最高成績を更新した。

    一方、敗れたイングランドは1990年イタリア大会以来となる4位で大会を終えた。

     これでロシアW杯は残り1試合となった。

    フランス代表とクロアチア代表が世界一の座をかけて激突する決勝戦は日本時間15日の24:00にキックオフを迎える。

    【スコア】
    ベルギー代表 2-0 イングランド代表

    【得点者】
    1-0 4分 トーマス・ムニエ(ベルギー)
    2-0 82分 エデン・アザール(ベルギー)


    サッカーキング 2018.07.15
    https://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20180715/793981.html 
    【【ニュース】ベルギーがイングランドに2-0完勝でW杯最高成績の3位に。】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・クロアチア代表がイングランド代表に延長戦で2-1で勝利したよ。


    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2018/07/12(木) 05:54:10.09 ID:CptGCXSc0 BE:232392284-PLT(12000)
    決勝トーナメントを3戦連続で120分戦ったクロアチアは初の優勝をかけ、自国開催の1998年大会以来2度目の優勝を狙うフランスと対戦する。
    https://www.sankei.com/sports/news/180712/spo1807120001-n1.html
    【【ニュース】Wカップ決勝はフランスvsクロアチア】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・フランス代表がベルギー代表に1-0で勝利したよ。

    1: ほニーテール ★ 2018/07/11(水) 12:43:48.26 ID:CAP_USER9
    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180711-OHT1T50075.html

    ◆W杯ロシア大会▽準決勝 フランス1―0ベルギー(10日・サンクトペテルブルク)

     11日未明からNHK総合で放送されたサッカーW杯ロシア大会準決勝のフランス対ベルギー(午前2時45分から午前5時)の平均視聴率が6・0%を記録したことが11日、分かった。 

    シェアを示す占拠率は52・1%をマーク。

    平日未明から明け方にかけての時間帯でも、多くの視聴者が熱戦に注目していたことが明らかになった。

     試合は後半6分、グリズマンのキックにニアサイドへ走り込んだDFウミティティが、ボールの軌道を変えるヘッド。

    わずかなコースをつく技ありシュートで先制点を手にした。

    フランスは1点を守り抜き、ベルギーを破って06年大会以来3大会ぶり3度目の決勝進出を果たした。

    (数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)
    【【ニュース】フランス3度目の決勝進出】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・ワールドカップ会場で一番胸が大きい女性がいるらしい。

    現在開催中のワールドカップで、「一番おっぱいが大きい女」が発見されたとの事。

    ロシア人の女性で、会場にいる外国の男性サポーターたちからも大人気だった

    【【ニュース】ワールドカップ会場で「一番胸が大きい女」が発見される】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・クロアチア代表がロシア代表に延長後のPK戦で4-3で勝利したよ。

    1: ほニーテール ★ 2018/07/08(日) 09:11:09.20 ID:CAP_USER9
    ◇W杯決勝トーナメント準々決勝 クロアチア2―2ロシア(2018年7月7日 ソチ)

     サッカーのワールドカップ(W杯)は6日、決勝トーナメント準々決勝が行われ、FIFAランク20位のクロアチアが同70位で開催国のロシアにPK戦の末に勝利。
    3位となった98年フランス大会以来となる20年ぶりのベスト4進出を果たした。

     前半31分にジュバからのパスを受けたチェリシェフが、エリア手前からミドルシュート。

    これがゴール左上に突き刺さり、ロシアが鮮やかに先制点を挙げた。

     しかし同39分にクロアチアが同点に追い付く。エリア内左に侵入したマンジュキッチが中央へマイナスのボールを送ると、ニアサイドにいたクラマリッチが頭で合わせた。

     1―1で試合を折り返すと、後半はクロアチアが押し込む展開が続が、ロシアの守備陣が踏ん張って得点を与えず。

    同点のまま後半が終了し、両チームにとって2試合連続となる延長戦に突入した。

     試合が動いたのは延長前半11分。

    モドリッチの右CKを中央でビダがヘッド。

    予想外の軌道にGKアキンフェーフも反応できず、ボールはゴール右下に吸い込まれた。

     1点を追いかける展開となったロシアは、地元の大声援を背に必死の反撃。

    すると延長後半10分にジャゴエフのFKを、マリオ・フェルナンデスが会心の同点ヘッド。

    土壇場で試合を振り出しに戻し、試合の行方はPK戦にゆだねられた。

     両チームにとって2試合連続のPK戦。これを制したのはGKスバシッチが好セーブを見せたクロアチア。

    試合中に右足を負傷しながらも守護神が魂のセーブを見せ、チームを20年ぶりのベスト4へ導いた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000057-spnannex-socc 
    【【ニュース】クロアチア死闘制して20年ぶり4強・2試合連続でPK劇勝利】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・イングランド代表がスウェーデン代表に2-0で勝利したよ。

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/08(日) 06:29:47.52 ID:CAP_USER9
    7/8(日) 0:51配信
    イングランド、7大会ぶりのベスト4! 堅守誇るスウェーデンに完封勝利

     2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が7日に行われ、スウェーデン代表とイングランド代表が対戦した。

     スウェーデンはミカエル・ルスティグが累積警告のため出場停止。
    代わってエミル・クラフスが右サイドバックに入る。
    イングランドは決勝トーナメント1回戦コロンビア戦と同じ11名。

    通算6ゴールで得点ランキングトップのハリー・ケインと10番のラヒーム・スターリングが2トップを形成する。

     30分、アシュリー・ヤングのCKをハリー・マグワイアが打点の高いヘディングで合わせ、イングランドが先制する。

    マグワイアはこれが代表初ゴールとなった。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

     後半に入り59分、右サイドのキーラン・トリッピアーのリターンパスを受けたジェシー・リンガードがクロス。デレ・アリが頭で決めて追加点を奪う。

    追いかけるスウェーデンは攻撃的な選手を投入し圧力をかけるも、GKジョーダン・ピックフォードが再三にわたって好セーブを見せた。

     試合は0-2で終了。

    イングランドは1990年のイタリアW杯以来、7大会ぶりのベスト4となった。

    イングランドは準決勝で今夜27時から行われるロシア代表対クロアチア代表の勝者と対戦する。

    【スコア】
    スウェーデン代表 0-2 イングランド代表

    【得点者】
    0-1 30分 ハリー・マグワイア(イングランド)
    0-2 59分 デレ・アリ(イングランド)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790585-soccerk-socc 
    【【ニュース】イングランド7大会ぶりのベスト4】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・ベルギー代表がブラジル代表に2-1で勝利したよ。

    1: Egg ★ 2018/07/07(土) 08:06:23.77 ID:CAP_USER9
    4年前の雪辱を晴らせず……。

    【7月6日・カザン|準々決勝 ブラジル 1-2 ベルギー

    南米勢唯一の生き残りであった王国ブラジルも、ベスト8で散った。

    13分にCKからフェルナンジーニョのクリアが、そのままネットに吸い込まれる不運な形で先手を取られたブラジルは、31分には速攻からケビン・デ・ブルイネに目の覚めるような強烈なミドルシュートを突き刺されて、差を広げられた。

    後半に入って攻勢に転じたセレソンだったが、引いてゴール前に人員を割いたベルギーの壁は分厚く、76分にレナト・アウグストのヘディングシュートで1点を返すのが、精一杯だった。

    最後まで攻め続けながら、頼みの至宝ネイマールが輝かず、ベルギーに屈したブラジル。
    4年前の母国開催の大会では準決勝でドイツに1-7と大敗し、雪辱を期して臨んだ大会だっただけに、ベスト8での敗退は期待外れとしか言いようがない。
    母国メディアでも当然ながら、ネガティブな報道が並んだ。

    有力メディアである『O Globo』は、「託した夢は潰えた」と銘打ったマッチサマリー内で、「最高のパフォーマンスではなかった」と、代表のプレーを酷評した。
     
    「フェルナンジーニョのオウールの後、セレソンは不安定になり、組織力を失った。 

    我々が託した夢は潰え、いわゆる『黄金世代』のベルギーの理想をより実現可能なところまで引き上げさせてしまった。 

    ブラジルは最後まで苦しみ、解決策を見出せず、その代償を支払うことになった」

    また、サンパウロを拠点に展開している地元紙『Esporte』も、マッチサマリーで、「『偉大な世代』であったはずのブラジルがなぜ、ベルギーに負けたのか?  

    それについての議論は、おそらく尽きることがない」と記し、非難の矛先を無得点に終わった背番号10へと向けた。

    「このワールドカップでのネイマールは、少しの輝きと常に多くの痛みを抱えていた。

    メキシコ戦やセルビア戦で満足のいく結果を残し、周囲を黙らせたエースだったが、ベルギー戦では存在を消され、華麗さを失った。

    目立ったのは、後半終了間際のPKを無駄にアピールする時だけだった。

    結局、スターが輝きを失ったブラジルは、残業する余地を与えられず、大きな痛みと憂鬱さを心に抱いて、ロシアを去るのだ」
    4年前の悔恨の念を払拭できずに今大会の終焉を迎えたブラジル。

    一体、サッカー王国の復権はいつになるのか。
    今は、その道筋は見えてこない。

    サッカーダイジェスト 7/7(土) 6:46配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00043569-sdigestw-socc

    写真
    no title

    【【ニュース】ブラジル敗退に失意の母国「託した夢は潰えた」 】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・フランス代表がウルグアイ代表に2-0で勝利したよ。

    1: けろよん ★ 2018/07/07(土) 01:16:07.46 ID:CAP_USER9
    7/7(土) 0:52配信
    フランス、グリーズマンのブレ球弾などで4強入り!ウルグアイを寄せ付けず/W杯ベスト8

    ロシア・ワールドカップもついに準々決勝に突入。
    6日、ベスト4進出を懸けてウルグアイとフランスが対戦した。


    ウルグアイはルイス・スアレスが先発した一方で、決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で殊勲の2ゴールを挙げたエディンソン・カバーニがケガの影響でスタメンから外れた。

    代役としてジローナで21ゴールを挙げたクリスティアン・ストゥアーニが入っている。

    一方のフランスもブレーズ・マテュイディが累積警告で欠場。

    代わりにコランタン・トリッソが入った。

    それ以外はポール・ポグバ、ヌゴロ・カンテ、アントワーヌ・グリーズマン、キリアン・ムバッペなどいつもどおりの面々がスタメン表に名を連ねた。

    フランスはグリーズマンがフリーマンのように自由に動きながら、左サイドにはトリッソが入る形。

    対するウルグアイは4-4-2で素早いプレッシングからカウンターという戦術となった。

    試合が動いたのは40分。トリッソが高い位置でボールを奪ってファウルを誘うと、FKでグリーズマンのボールに合わせたのはラファエル・ヴァラン。

    ニアで巧みにそらしてネットを揺らした。

    直後、ウルグアイもFKからマルティン・カセレスが決定的なヘディングを放つが、ウーゴ・ロリスが横っ飛びでスーパーセーブ。

    片手で弾き出し、フランスは事なきを得た。

    フランスが1点リードで前半を終えると、後半ウルグアイは立て続けに攻撃的なカードを切る。

    しかし、この膠着状態をまたも崩したのはレ・ブルーだった。

    60分、グリーズマンがミドルレンジからシュートを放つ。

    左足のシュートはフェルナンド・ムスレラの正面を突いたが、弾ききれずゴールへと転がった。

    その後もウルグアイはスローインなどセットプレーから活路を見出そうとするが、シュートまでは持ち込めず。

    カバーニの不在が響くこととなり、フランスが2-0で勝利してベスト4へと駒を進めた。

    準決勝ではブラジルとベルギーの勝者と対戦する。

    ■試合結果
    ウルグアイ 0-2 フランス
    ■得点者
    フランス:ヴァラン(40分)、グリーズマン(61分)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00010000-goal-socc 
    【【ニュース】フランス・グリーズマンのブレ球弾などで4強入り!】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc・おーぷん2ch・5chnet・その他

    キャプチャ
    一行解説
    ・・・イングランド代表がコロンビア代表に延長戦後のPK戦で4-3で勝利したよ。

    1: 豆次郎 ★ 2018/07/04(水) 05:54:14.46 ID:CAP_USER9
    7/4(水) 5:53配信
     ◇W杯決勝トーナメント1回戦 イングランド1―1(PK4―3)コロンビア(2018年7月3日 モスクワ)

     W杯決勝トーナメント1回戦の最後の試合は1次リーグH組1位のコロンビアとG組2位のイングランドが対戦。
    1―1で延長に入ったが決着がつかずPK戦をイングランドが制した。

     前半を0―0で折り返すと、後半12分、イングランドはケーンが倒されて得たPKをケーン自身が決め先制、今大会トップとなる6点目を挙げた。

    イングランドの堅実な守備でこのまま逃げ切るかと思われたアディショナルタイムにコロンビアがCKからミナのヘディングで追い付き延長戦に入った。

     延長でも得点は入らずPK戦に持ち込まれた。

    PK戦はイングランドが4―3で制した。

     ◆は7日の準々決勝でスウェーデンと対戦する。

     この日のもう1試合は1次リーグF組1位のスウェーデンが、E組2位のスイスを1―0で下し、3位だった94年米国大会以来の準々決勝進出を決めた。

    後半21分にフォスベリのゴールで先制、スイスの反撃を封じた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000060-spnannex-socc
    【【ニュース】イングランド8強へPK戦制す】の続きを読む

    このページのトップヘ