ニチャオプ報道 Nicha op coverage

地球に眠る秘密と知識を探求するまとめサイト Summary site to explore the secrets and knowledge that sleep on the earth

 
    地球は母なる宇宙から誕生した The earth was born from the mother universe

    カテゴリ: 幽霊・ミステリー関連 Ghosts and mystery related

    1 (10)

    カメラ技術が発展した現在でも、数多くの「心霊写真」が世間を騒がせていますが、心霊写真はいつ頃から撮影されるようになり、そこに写る「何か」は一体何モノなのか、をBBCが探っています。

    心霊写真の起源は19世紀にまでさかのぼります。

    1850~1860年代、当時の多くの写真家が写真の新しい表現方法を模索しており、立体写真や二重露光などのさまざまな撮影技法が生み出されました。

    しかし、写真家の中にはこれらのテクニックを駆使すれば多大な利益を得られるかもしれない、と考える人もいたようです。

    1860年代初頭、初めて「写真で幽霊の撮影に成功した」人物が現れます。

    その人物はアメリカのアマチュアカメラマンであったウィリアム・マムラー氏で、彼が撮影した写真にはすでに死んだはずのいとこが映っていました。

    この写真に映っていたのが幽霊なのかそうでないのかは不明ですが、その後、マムラー氏は死んだ親族が映った写真を何枚も公表し、一躍有名になります。

    こうやって名をはせたマムラー氏はその後、「南北戦争で亡くなった故人と親族の写真を撮影できるカメラマン」という名目で、プロの心霊写真家になります。

    実際にマムラー氏がどのような方法で心霊写真を撮影していたのかは不明ですが、二重露光を応用すれば、依頼人となる人物(故人と写真を撮影したい人物)を撮影しながら、事前に用意していたガラス板に故人の写真を挟んでカメラに挿入することで、心霊写真のような写真を撮影することは可能です。
     【続きはこちらのサイトで
    【【幽霊・ミステリー】心霊写真に写る「幽霊」が本物かどうかについて】の続きを読む

    1
    【2chレス出典元】2chsc
    1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 23:57:41.40 ID:9YPEQ2ro0.net
    最初に言っておくが、これは仲良い後輩Hから聞いた話なので質問とかされても答えられないかもしれん。

    そして多分怖くないと思うが聞いてくれ。まとめてあるから連続して投下する。

    【【幽霊・ミステリー】恐い幽霊屋敷の話をする】の続きを読む

    1
    【2chレス出典元】2chsc 
    1: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 02:24:40.66 ID:Fw1QCo340.net
    主に念や恐怖感といった精神的な影響ですよね??

    【【幽霊・ミステリー】幽霊の物理攻撃に関して話し合う】の続きを読む

    1
    【2chレス出典元】2chsc 
    1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/09/15(火) 06:19:32.49 ID:EbMifWQK*.net BE:348439423-PLT(13557)
    協会フェローの考古学者、フレデリック・ヒーバート氏は言う。

    「ナショナル ジオグラフィックが、21世紀を“探検の新時代”と呼ぶのには、理由があります。

    今世紀に何かを発見し、解明できるチャンスは、無限にあるかのように考えられるからです」

    そこでヒーバート氏に、今世紀中に解明できそうな古代ミステリーを予測してもらった。

    1. 中南米における未知の都市、文明の発見
    2. チンギス・ハーンやアレクサンドロス大王の墓の発見
    3. 秦始皇帝陵への立ち入り
    4. 古代ミノア人が遺した謎の言語の解読

    5. ナスカの地上絵の目的を知る
    6. 無傷のネアンデルタール人の発掘
    7. 北米に存在したバイキングの確認

    *+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+*
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/15/b/091100033/
    【【幽霊・ミステリー】21世紀中に解明されそうな古代ミステリー7つとは一体】の続きを読む

    1
    【2chレス出典元】2chsc
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 21:32:09.68 ID:???*.net
    岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー
    「心霊写真」撮影に成功! ラブホテル廃墟の窓で女性が片手を上げて…

    何の因果か、横浜のタクシー会社企画の心霊スポット巡りツアーに参加し、いよいよ担当の落合ドライバーお勧めの「ここが一番有名です」という現場に着いた。

    今までの暗く寂しかった場所と違い、普通に住宅や会社に隣接していて、かなり大きな道路もすぐそばを通っている。

    しかし……見た目のインパクトは今までで一番だ。

    閉鎖されて5年ほどのラブホテルなのだが、とにかく廃墟感がすごい。

    こういう場所の宿命として、肝試しの若者やらホームレスやらに入り込まれ、荒らされるのだ。

    廃墟化した建物はたいてい、いわゆる事故物件だ。
    部屋で天国に旅立つ者が出たとか、殺人事件があったとか。

    しかし、ここはちょっと違っている。営業中は特に何事もなく、経営上のトラブルで営業停止して廃墟になってから、死者が出ているのだ。

    酒盛りしていた若者が急性アルコール中毒で死んだとか、ホームレス同士が喧嘩して殺し合いになったとか。

    ともあれ死者はみな男なのに、なぜかここで幽霊として目撃されるのは女性だという。

    http://image.dailynewsonline.jp/media/3/4/340e333cd6d2cec151fea31949214239e1430bb3_w=666_hs=db658aeea528744a164422c38b3dba78.jpegno title
    ここは、私としては感じるような感じないような微妙な感じだったが、スマホで何枚か写真は撮った。
     
    そして取材中は気づかなかったのだが、帰宅してから改めて写真を見ていて、「こ、これはもしかして」というのを見つけるのだ。

    外壁に取りつけられた非常階段の、上から二番目。
    何者かが片手を上げて立っている姿が、けっこうはっきりわかった。

    他にも所々で不気味なものが写っていて(下の写真。この画面だとちょっと見えづらいが)思わず、いろんな人に転送しまくったが、すぐに「いるーっ」「わかる」「心霊写真だよ、これ」といった返信が次々に来た。

    そしてみんな一様に、「これ女だ」というのだった。
    http://image.dailynewsonline.jp/media/d/a/da879fcb380222180380107be038343ad60c8df5_w=666_hs=96a076ba04bf4732d633d1142e1ec0af.jpegno title
    それも怖いが、何人かの女友達が、「私ここ行ったことあるよ」といったのもなんだかなぁ、という感じだった。
    http://dailynewsonline.jp/article/1013286/?page=1
    日刊大衆 2015.09.14 19:00
    【【幽霊・ミステリー】岩井志麻子・ラブホテル廃墟の窓で女性の霊を撮影】の続きを読む

    1
    2015年9月11日の夕暮れ時、18:00~19:00の間にインドネシアの首都、ジャカルタに鳴り響いたという奇妙な音。まるでトランペットの音色のようにも聞こえる。

    だがこの音は広範囲に渡って響き渡っており、楽器のそれとは明らかに異なる。

    原因不明の謎の現象として地元テレビ局などで議論を巻き起こした。

     【続きはこちらのサイトで 【【幽霊・ミステリー】インドネシアの首都ジャカルタで謎の音】の続きを読む

    1
    【2chレス出典元】2chsc 
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウT Sa19-/SLg) 2015/09/13(日) 19:09:16.82 ID:sDJlGbGwa.net BE:235429164-2BP(5000)
    幽霊を見てしまい、恐ろしい思いをした……そんな体験をしたことがある人もいるかもしれない。

    中国では先日、高速道路で幽霊のような“奇妙な物体”に遭遇した男性から警察に通報が入った。
    しかし、それは幽霊でも何でもなく、実際はジョギングしていた男性だったという。

    中国メディア揚子晩報などによると、この騒動は8月27日23時ごろ、上海と成都をつなぐ高速道路上で発生した。

    そのとき、上海方向へと車を走らせていた男性の目の前に突如亡霊のようなものが暗闇に出現。
    男性はたいそう驚くとともに、あやうく事故を引き起こしかねない危険な状況に陥ったことから、警察に通報することにしたのだという。

    連絡を受けた交通警察がパトカーで言われた付近に赴くと、確かに何らかの物体のようなものがゆらゆらとうごめいていた。

    パトカーがスピードを落として徐々に近づいていくと、それは幽霊でも何でもなく、人間の男性。男性は高速道路を上海方向へ走り続けていたのだという。

    幽霊ではなかったことに警察もホッと胸をなでおろした……かどうかは定かではないが、男性に事情を問いただすことに。

    そして判明したのは、男性は南京で暮らしており、この日はマラソン大会の練習で14時ごろからジョギングをしていたそう。

    予定では南京から鎮江(上海と南京の中間地点)まで国道沿いを走ることになっていたが、途中で道を見失い、誤って高速道路に侵入してしまったとのことだ。

    警察に止められたさいは自分でも大変驚いたという。
    なお、男性はパトカーで鎮江駅まで送られ、電車に乗って地元の南京まで戻ったとのことだ。

    「高速道路に幽霊」警察へ通報、実はジョギングしている男性だった。
    http://news.biglobe.ne.jp/trend/0913/nrn_150913_8601017487.html
    【【幽霊・ミステリー】高速道路で幽霊とジョギングしていた男性を間違える事案】の続きを読む

    1
    世間一般で信じられている臨死体験とは、臨床的に死んだはずの人間が光のトンネルに入り、親戚や光の存在と挨拶を交わし、まだ死ぬには早いからと言われて、この世に送り返されてきて目覚めるというものだ。

    こうした報告は数多くあるが、他にも臨死体験者には共通して体験するいくつかのものがあるという。

     自身が臨死体験者であり、臨死体験に関しての研究を行っているフィリス・アトウォーターと、同じく臨死体験研究を行っているケビン・ウィリアムズがこれまでに集めた臨死体験者のプロファイリングを元に、臨死体験者の多くが経験するという共通した10の要素をビジョンをまとめあげた特集記事があったので見てみることにしよう。
    次項

    【【幽霊・ミステリー】臨死体験した人の10の共通点】の続きを読む

    1
    道路を走行中の車に設置されたドラレコからの映像なのだが、前方を走るトラックが突如バランスを狂わせた。

    いったい何事かとおもったところ、道路の中央から女性がにょっこりと現れ、慌てることもなく道路を横切りながらあるいていたのだ。

    続きはこちらのサイトで 【【幽霊・ミステリー】トラックのバランスを崩した謎の女性】の続きを読む

    1
    2015年8月17日午前9時24分、シンガポールにある会社ビルの玄関に設置された監視カメラがとらえていた映像があまりにも超常現象だった。

    ガラス張りの玄関ドアは風が吹いたくらいでは開くことはない。
    だがこの時、ドアが自動的に開いたのだ。

    そして液体状の物体が建物内に進入したのである。

     【続きはこちらのサイトで 【【幽霊・ミステリー】幽霊?液体人間?シンガポールの会社に入り込んだ謎の液体】の続きを読む

    このページのトップヘ