ニチャオプ報道 Nicha op coverage

地球に眠る秘密と知識を探求するまとめサイト Summary site to explore the secrets and knowledge that sleep on the earth

 
    地球は母なる宇宙から誕生した The earth was born from the mother universe

    カテゴリ: アニメ・漫画関連 Anime / manga related

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/07/29(金) 16:13:07.96 ID:CAP_USER9
    逮捕された同施設の元職員・植松聖容疑者は26日、施設に押し入り、鋭利な刃物で入居者19人を次々と殺害、26人に重軽傷を負わせた。

    亡くなった人は首や顔を中心に刺され、その傷は神経や気管奥の骨に達するものもあった。

    植松容疑者は同施設で約3年間働き、今年2月に退職。

    直前には衆院議長公邸を訪れ、大島理森議長宛てに「作戦内容」と記した手紙を持参していた。

    手紙には「職員の少ない夜勤に決行致します」「見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡を取れなくします」

    「職員は絶対に傷付けず、速やかに作戦を実行します」「260名を抹殺した後は自首します」など、犯行計画が綴られていた。

    同容疑者は警察の取り調べに「障害者なんていなくなればいい」と供述。

    重度の障害者を殺害することに異常執着していた様子がうかがえる。

    また、手紙では「保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い、居ても立っても居られずに本日行動に移した」とも述べていた。

    実際、職員には傷ひとつ負わせていないことから、他のシリアルキラーとは一線を画すようにも思える。

    ある臨床心理士は「犯人の手紙を読む限り、彼も精神疾患者である可能性が高いが、障害者施設の現実を見て、物事の考え方が変わったのだと思う。

    本人は動くことも考えることもままならない障害者を天国に行かせることで、彼らを“解放”したと考えているのかもしれない」と述べる。

    ニュースなどでは決して報じられないが、障害者施設の現実は想像以上だ。

    現在、都内の某施設で働く女性が匿名を条件に内情を明かす。

    「事件現場となった施設は相模原から徒歩40分の距離の山奥にある。それが何を意味するか? 
    言い方は悪いですが、隔離施設です。都内のほかの施設で手に負えなくなった方々が最終的にそこに入ります。

    ひとりでは食事や排泄もできず、寝たきりで意思疎通できない方も多くいる。
    職員の気苦労は相当です」

    日本の障害者ケアは自立支援センターのように社会に溶け込むことをバックアップするものもあるが、重度になると「治す」ではなく「抑えこむ」手法を取る。

    「暴れたらベッドに縛り付ける。睡眠薬や精神安定剤などを投与する。効き目が薄くなったら投与する量を増やす。

    それを繰り返すと最終的にどうなるか? 思考がなくなり、単純な反応しかしなくなります。

    目の前に物を出されたら、それが何か判別せずに口に入れる。

    おなかが減ったら、机やベッドを食べようとする。

    以前いた職場では自分の指を食べていたこともあった。

    そうした光景を免疫のない人が見たら『生きるってなんだろう』『人間ってなんだろう』と考え込んでしまうかもしれません」(同)。

    植松容疑者は帝京大学卒業後、教員を目指したものの断念。

    その後紆余曲折を経て「津久井やまゆり園」で働くことになった。

    そこで見た“現実”に衝撃を受けたことは想像だに難くない。

    「事件の背景には、日本の障害者ケアの問題が横たわっています。薬漬けにされた入居者を見ても家族は何も言わない。

    施設には製薬会社の営業部員が笑顔でやってくる。これ以上言うのはやめておきますが、日本の最暗部と言っていいでしょう」(同)。

    とはいえ、抵抗もできない障害者を次から次へと殺して回った植松容疑者を擁護することは決してできない。

    今後精神鑑定がなされる見込みだが、責任能力アリと判断されれば極刑は免れないだろう。

    我々はこの事件を教訓にしなければならない――。

    http://dailynewsonline.jp/article/1171468/
    2016.07.29 08:00  
    【【痛いニュース】戦後最悪の殺人鬼・植松容疑者と日本の闇】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: ニライカナイφ ★ 2016/07/08(金) 17:53:45.30 ID:CAP_USER9
    ◆テーマパーク“方舟との遭遇”が完成 ケンタッキー

    ケンタッキー州ウイリアムズタウンで建設中だったノアの方舟を題材にしたテーマパーク「アーク・エンカウンター(方舟との遭遇)」が完成、7月5日に報道関係者に公開された。

    同テーマパークはキリスト教の団体によって運営され、聖書に記載された事柄はすべて真実であるとのコンセプトの元、ノアが方舟に招いたとされる動物などが再現されている。

    実際にオープンするのは7月7日。

    写真:完成した”方舟との遭遇”全長は510フィート(約155.5m)
    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p1.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-f2.jpgno title


    その他写真:
    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-f3.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p4.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p5.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p6.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p7.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p8.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p9.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p10.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/160706/sty1607060013-p11.jpgno title

    産経フォト 2016.7.8 06:00
    http://www.sankei.com/photo/story/news/160706/sty1607060013-n1.html
    【【面白ニュース】ノアの方舟を題材にしたテーマパーク登場】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: オムコシ ★ 2016/01/29(金) 12:25:39.58 ID:CAP_USER.net
    2016年1月期も4週目に入り、週間ランキングでも1月期の作品がどんどん順位を上げてきました。

    そこで、恒例“1話切り”された作品を大検証!
     
    第1話の[ミタ]を押した人のうち、第2話以降[ミタ]を押さなかった人がどの程度いるかを確認、2話以降にどれくらいの視聴者が離れたかを検証します。

    “1話切り率”の高い作品は以下のようになりました。

    1位 紅殻のパンドラ(TVシリーズ)(43.1%)

    2位 シュヴァルツェスマーケン(38.3%)

    3位 亜人(TVシリーズ)(36.5%)

    4位 蒼の彼方のフォーリズム(36.4%)

    5位 赤髪の白雪姫(第2期)(34.8%)

    6位 ナースウィッチ小麦ちゃんR(33.3%)

    7位 ディバインゲート(32.8%)

    8位 アクティヴレイド -機動強襲室第八係-(32.4%)

    9位 この素晴らしい世界に祝福を!(32.3%)

    10位 NORN9 ノルン+ノネット(30.7%)

    2016年1月期の“第1話切り率”の対象作品全体の平均は約25.2%となりました。

    これは2015年10月期から約10%も悪化しており、過去数クールの中でもかなり悪いといえます。

    “1話切り率”の高いワースト作品は『紅殻のパンドラ(TVシリーズ)』となりました。

    約43.1%と半数近くが2話以降をチェックしなかったことになります。

    劇場版公開からTVシリーズ放送開始と話題性は高かったのですが、今ひとつ受け入れきられていないようです。

    続くワースト2位に『シュヴァルツェスマーケン』が約38.3%、ワースト3位は『亜人(TVシリーズ)』で約36.5%と続きます。

    過去クールをみると30%以上になると「見切りをつけた人が多い」という傾向をとるのですが、2016年1月期はワースト10位以内全てが30%を超えており、この点からも多くの作品が見切られ始めているのかもしれません。

    一方、1月期の優良作品、“1話切り率”の低い作品ですが、以下のようになりました。

    1位 血液型くん!4(6.5%)
    2位 大家さんは思春期!(8.6%)
    3位 デュラララ!!×2結(10.5%)
    4位 魔法少女なんてもういいですから。(15.7%)
    5位 てーきゅう(第7期)(16.2%)

    『血液型くん!4』『てーきゅう(第7期)』といったシリーズ作品は安定しています。

    また『大家さんは思春期!』『魔法少女なんてもういいですから。』とショート枠の作品が並んでおり、気軽に見られることもあり一定の支持層がいることが伺えます。

    今後、今回のワースト10に入った作品から[ミタ]を伸ばしてくる作品がいくつ出てくるでしょうか?

    http://ani-me.jp/news/7611
    【【アニメ・漫画】冬アニメで1話切りされたアニメランキング】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元twitter.com キャプチャ
    【【アニメ・漫画】坂本ですが?アニメ化決定】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 653e-iIC4) 2016/01/11(月) 22:45:39.41 ID:6f/O+lb70●.net BE:342992884-PLT(13931) ポイント特典
    皆さんは幼いころにアニメや漫画に登場するキャラクターの必殺技をまねて遊んだことはありませんか?

    例えば筆者は『ドラゴンボール』の直撃世代なので、かめはめ波を撃つまねは何度もしました。

    今回は、こうしたまねをして遊んだ人の多いアニメや漫画、また特撮の「名必殺技」をピックアップしてみました。

    ■古今東西? 懐かしい必殺技も!

    ●スペシウム光線(ウルトラマン)

    やはりウルトラマンの必殺技であるスペシウム光線は外せません。

    放映当時はウルトラマンごっこもはやり、まねをする子供が続出でした。

    誰がウルトラマンをやるのかでけんかになることも(笑)。

    ●アイスラッガー(ウルトラセブン)

    ウルトラマンシリーズの1作である『ウルトラセブン』に登場した必殺技。

    頭部に装着されているブーメランを飛ばします。

    体育のときにかぶる「赤白帽」を使ってアイスラッガーを再現する子供も多かったですね。

    ●ライダーキック(仮面ライダー)

    スペシウム光線と並び、まねをする子供が多かった特撮作品の必殺技です。

    「ライダーキック!」と思いっきり友達を蹴りつけ、それでけがをさせてしまうケースも多かったそうです。

    ライダーキック禁止という小学校もあったという逸話も……。

    ●パロスペシャル(キン肉マン)

    『キン肉マン』にはさまざまなプロレス技が登場しましたが、中でもまねをする子供が多かったのがウォーズマンのパロスペシャル。

    キン肉バスターのように難しい技でないことも、まねをする子が多かった要因でしょう。

    ●タワーブリッジ(キン肉マン)

    ロビンマスクの必殺技ですが、これもまねをした人が多い技でしょう。

    相手を仰向けに担ぎ上げる技なので、当時は体格の大きな子が小さな子に仕掛けていました。

    やられた側は相当きつい技でした。

    ●クロスボンバー(キン肉マン)

    ネプチューンマンとビッグ・ザ・武道のタッグが繰り出す必殺技。

    相手の正面と背後から同時にラリアットを仕掛ける技で、マグネットパワーという磁力を加えることで威力を増加させていました。

    「マグネットパワープラス!」「マグネットパワーマイナス!」と言ってから使うのがお約束です。

    ●タイガーショット(キャプテン翼)

    一世を風靡(ふうび)した日向小次郎の必殺シュート。

    「強い脚力で思いっきり蹴る!」というシンプルなものでしたが、その威力はボールがコンクリートにめり込むほど。この威力に憧れた多くのサッカー少年が、「タイガーショット!」と叫びながらシュートを打っていました。

    ●スカイラブハリケーン(キャプテン翼)

    立花兄弟の必殺シュート。

    片方が仰向けに寝て両足を上げ、もう片方がその足裏に乗ります。

    その状態から、寝ている側が勢い良く足を伸ばし、もう片方がジャンプ。

    反発力で高く跳躍し、空中高くからシュートをたたき込む、というもの。

    実現は難しい必殺技ですが、果敢に挑戦する子供が多くいました。

    ●北斗百裂拳(北斗の拳)

    『北斗の拳』の主人公・ケンシロウの必殺技。

    漫画だけでなくアニメも大人気になったこともあり、多くの子供がまねをしました。

    敵役も「あべし」「ひでぶ」と言って倒れるなど、「やられる側」も楽しい技でしたね。

    ●ペガサス流星拳(聖闘士聖矢)

    『聖闘士聖矢』の主人公であるペガサス聖矢が放つ必殺技。

    ペガサスの星座を描く構えから、毎秒100発以上のパンチを繰り出します。

    もちろん、毎秒100発をまねすることは無理なので、シュシュシュと何発かパンチを放つだけでした。

    (続く) https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/29182
    【【アニメ・漫画】子供の頃に皆真似した名必殺技20選・・・波動拳・ライダーキックなどなど】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: オムコシ ★ 2016/01/08(金) 21:23:09.08 ID:CAP_USER.net
    マイナビスチューデント

    ずーっと連載が続いている漫画があります。

    例えば、長寿漫画として有名な『釣り【悪口です】日誌』の単行本は93巻まで刊行されており(2015年12月23日現在)、今も『ビッグコミックオリジナル』で連載は続いています。

    しかし、この『釣り【悪口です】日誌』を超える刊数の漫画が他にもあるのです。

    そこで今回は、現在も連載中の「いったいいつ終わるの?」と思ってしまう漫画をご紹介します。

    ■あなたが初めて読んだのはいつだった? 100巻を超える漫画

    ●『浮浪雲(はぐれぐも)』 ジョージ秋山

    ⇒連載開始:1973年

    ⇒掲載誌:『ビッグコミックオリジナル』

    ⇒コミックス:106巻まで発売

    もう42年間も続いている漫画です。

    幕末の品川宿を舞台に、主人公の「雲(くも)」という男を通して庶民の人間模様を描いています。

    問屋の主人である雲は、働くのが嫌いで遊んでばかりいます。

    彼は幕末という動乱の時代に、酒を飲んだり、ナンパをしたりして人生を楽しんでいます。

    こういった人情ものは読者からも受けやすく長く続けられるのかもしれませんね。

    ●『美味(おい)しんぼ』 原作:雁屋哲/作画:花咲アキラ

    ⇒連載開始:1983年

    ⇒掲載誌:『ビッグコミックスピリッツ』

    ⇒コミックス:111巻まで発売

    32年間続いているグルメ漫画です。東西新聞文化部記者の「山岡士郎」と「栗田ゆう子」が、同社創立100周年記念事業として「究極のメニュー」作りに取り組むことになります。

    しかし、ライバル紙の帝都新聞も「至高のメニュー」という企画を立ち上げ対抗。

    「究極」と「至高」の料理対決を軸にストーリーは進みます。

    雁屋先生の取材などで長期休載をすることも多いので、完結するまでにはまだまだ掛かりそうです。

    ●『はじめの一歩』 森川ジョージ

    ⇒連載開始:1989年

    ⇒掲載誌:『週刊少年マガジン』

    ⇒コミックス:112巻まで発売

    26年もの間続いています。

    いじめられっ子の主人公・幕之内一歩は、超絶に強いプロボクサー・鷹村守との出会いをきっかけに「鴨川ボクシングジム」に入門し、プロボクサーになります。

    数々のライバルを倒した幕之内は、日本チャンピオンになったあと、現在WBC世界7位にまでなっていますが、同じジムの仲間などやライバルたちの試合も描いているため、ストーリーの進行に時間がかかっています。

    なかなか完結しないのはそのためもしれませんね。

    https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/29143/outline
    【【アニメ・漫画】完結するのが不安な長寿漫画7選公開】の続きを読む

    キャプチャ
    キャプチャ
    2016年春期放送開始予定のテレビアニメ一覧がこちらのサイトで公開されています。
     【続きはこちらのサイトで 【【アニメ・漫画】2016年放送予定の春アニメ一覧が公開】の続きを読む

    キャプチャ
    出典元2chsc
    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 10:56:36.75 ID:CAP_USER*.net
    『週刊少年ジャンプ』にはたくさんの人気マンガが連載されています。その中でもヒット作はアニメ化されることも多く、お気に入りの作品がある!という人も少なくないのでは? 

    ジャンプは少年向けマンガ誌ですが、女性が読んでもワクワクしたり、感動する作品はたくさん。

    そこで今回は、「自分の子どもにぜひ見せてあげたい!」と思う週刊少年ジャンプの「アニメ」について、こんな質問をしてみました。

    Q.自分の子どもに「ぜひ見せてあげたい!」と思う週刊少年ジャンプの「アニメ作品」は?
    ●1位/『SLAM DUNK』……13.3%

    ○2位/『ONE PIECE』……12.8%

    ●3位/『ドラゴンボール』シリーズ……7.2%

    ○4位/『Dr.スランプ アラレちゃん』……6.0%

    ●5位/『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』……3.0%

    ●6位/『シティーハンター』……2.5%

    ○7位/『ヒカルの碁』……2.0%

    ●8位/『ハイキュー!!』……1.7%

    ○8位/『暗殺教室』……1.7%

    ●8位/『キャプテン翼』……1.7% ※単一回答式。
    11位以下は省略。「その他」と回答したものは除く。
     
    ◆1位/『SLAM DUNK』
    ・「笑いもあり、友情あり、いろいろな面白い要素が詰まっているから」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

    ・「仲間の大切さが伝わるし、学校に楽しく通えそうだから」(28歳/医薬品・化粧品/技術職)

    ・「世代が違っても、あの面白さは伝わると思う。ぜひフンフンディフェンスで笑ってほしい」(28歳/不動産/事務系専門職)

    1位は『SLAM DUNK』でした!努力、友情、青春など、学生時代に学んでおきたいあらゆることを網羅した少年少女のバイブル。

    大人になった今でも、仲間の大切さなどが身にしみます。

    この作品をきっかけに、バスケに挑戦してくれたらうれしいですね。

    http://dailynewsonline.jp/article/1069023/
    マイナビウーマン 2016.01.06 10:31
    【【アニメ・漫画】子どもに見せたいジャンプアニメランキング!】の続きを読む

    このページのトップヘ