ニチャオプ報道 Nicha op coverage

地球に眠る秘密と知識を探求するまとめサイト Summary site to explore the secrets and knowledge that sleep on the earth

 
    地球は母なる宇宙から誕生した The earth was born from the mother universe

    カテゴリ: UMA・未知生物関連 UMA / Unknown organisms related

    キャプチャ
    (アパトサウルスの化石標本)
    シベリアのハイ―ル湖では古代の生物を思い浮かべるような大型の生物が目撃されたことがある。

    【【UMA(未確認生物)】ハイールモンスター・シベリアの怪物】の続きを読む

    キャプチャ
    (ドラゴンシャーク)
    1880年代のアメリカのメイン州ニューハーバーで奇妙な魚が捕獲された。

    【【UMA(未確認生物)】サーペント・シャーク・捕獲された奇妙な魚】の続きを読む

    キャプチャ
    (ニャミニャミの像)
    ニャミニャミはアフリカ大陸南部のカリバ湖に棲息すると言われている生物である。
    【【UMA(未確認生物)】ニャミニャミ・神の異名を持つ謎の生物】の続きを読む

    キャプチャ
    少し古い記事ですが地球上にかつて生息し絶滅してしまった巨大生物たちがランキング形式で紹介されています。

    紹介されているのは・・・


    キャプチャ
    4億8000万年前の海に生息していたと考えられる全長約2メートルの巨大なエビ・・エーガロカシス・ベンムーラ(Aegirocassis benmoulae)

    キャプチャ
    約3億9000万年前に川や湖に生息していた全長2.5メートルの巨大なミズサソリの生物・・ジェケロプテルス(Jaekelopterus)

    キャプチャ
    地球史上最大の節足動物であったと考えられている全長2.6メートルのヤスデの祖先・・アースロプレウラ

    キャプチャ
    地球史上最大の昆虫で全長65cmのトンボの祖先・・メガネウラ

    キャプチャ
    1997年に西アフリカのニジェール川で発見された全長12メートル体重8トンの史上最大のワニの化石・・サルコスクス"将軍"

    キャプチャ
    全長3メートルの巨大なサンショウウオのような見た目の・・メトポサウルス

    キャプチャ
    1万1000年前から南アメリカに生息していた全長6メートルにもなる史上最大のナマケモノ・・メガテリウム

    キャプチャ
    ワニとともに生態系の頂点に君臨していた体長が3メートルにもなる・・恐鳥類

    キャプチャ
    ホオジロザメの3倍の全長と30倍の体重を持つ史上最大のサメ・・メガロドン

    キャプチャ
    アナコンダとボアの祖先でワニも飲み込む全長は14.8メートルで体重は1トン以上にもなる史上最大のヘビ・・ティタノボア

    たちです。

    これも生身では遭遇したくないかもしれない・・・

    続きはこちらのサイトで 【【UMA・未知生物】史上最大規模の絶滅した巨大生物10選】の続きを読む

    キャプチャ
    最近ではあまり知られていない未知の生物がよく確認されています。

    実際に遭遇してみたいUMA(未確認生物)がランキング形式で紹介されています。


    キャプチャ
    北極海で上空から目撃写真が撮られた推定50メートル以上とも言われるUMA・・ヒトガタ

    キャプチャ
    ベネズエラの山奥で発見された「新種の類人猿」といわれているUMA・・モノス

    キャプチャ
    ブエルトリコで発見されたとされる吸血生物・・チュパカブラ

    キャプチャ
    ヒマラヤ山脈に棲むという幻の山男・・イエティ

    キャプチャ
    災害や災厄のあるところに現われるとされるUMA・・モスマン

    キャプチャ
    昔からさまざまな地域の守り神にもなった妖怪・・河童

    キャプチャ
    NASAが撮影した動画や画像にも撮影されている存在・・宇宙人

    キャプチャ
    蛇のように手足がない生物・・ツチノコ

    キャプチャ
    エジプトの壁画にも描かれていたという古代の巨大人間・・ネフィリム

    キャプチャ
    500万年前に絶滅したとされる超巨大な海のサメ・・メガロドン

    これらの存在です。

    遭遇するのは
    私は遠慮しておきます・・・
     続きはこちらのサイトで 【【UMA・未知生物】出逢ってみたい世界のUMA(未確認生物)ランキング】の続きを読む

    1
    ~ 毒蛇の牙を持つ鳥 ~ 現在知られている鳥類の中で毒を持っているのは、ニューギニアに棲息する ピトフーイ (ズグロモリモズ etc) の仲間 (の一部) のみです。

     UMAの世界まで範囲を広めると、ひょっとすると毒を持っているかもしれないという鳥がもう一種います。

    プエルトリコの毒蛇に似た牙を持つ鳥、特に名前もないようなので、ファングド・バード、もしくはサーペント・バードと呼んでおきましょう。

    ファングド・バードは目撃されただけではなく、捕獲されて写真にも撮られています。

    ~ 捕獲のいきさつ ~

    1989年4月、夜釣りをしていたホルヘ・J. マーティン (Jorge J. Martin) と友人、オルティ・ヘルナンデス (Ortiz Hernandez) は、けたたましい鳴き声を耳にしました。

    鳴き声のする方に明かりを向けると、そこには今まで見たこともないような生物が木の枝に止まっていました。

    それは明らかに鳥のようでしたが、その目は赤くランランと輝き、そして頭部はまるでヘビのようでした。 ホルヘたちは持っていたランタンの明かりを消すとその鳥は身動きがとれなくなり、とまっていた枝から転落してしまいました。

    思いがけない状況に、かれらはその奇妙な鳥を捕獲するのに成功したというのです。

     【続きはこちらのサイトで 【【UMA・未知生物】ファングド・バード・チュパカブラ説発端とも言われる謎の生物】の続きを読む

    1
    縄県では誰もが知る存在である妖怪「キジムナー」。

    いろいろなところでキャラとして使われていますが、観光客の人にはどれぐらい認知されているのでしょうか?調べてみました。

     おそらく沖縄県で一番有名な妖怪「キジムナー」。

    お土産品のパッケージや、観光施設のオブジェなど県内ではちらほら見かけます。

    縄県選挙管理委員会のキジムン 沖縄では認知度の高いキジムナーですが、観光客の人たちにはどれぐらい認知されているのでしょうか?

    キジムナーとは? キジムナーはガジュマルの木の妖精で魚介類が大好物。

    特に魚の目玉(左目)やグルクンの頭が好物だそうです。

    人間らしい生活スタイルを持ち、人間と共存するタイプの妖怪として伝えられ、「体中が真っ赤な子ども」あるいは「赤髪の子ども」「赤い顔の子ども」の姿で現れることで有名。

    ・年の瀬は一緒に過ごす、 ・漁を共同で行う、 など生活の近くにいる身近な存在の妖怪です。

    人間と敵対することはほとんどありませんが、住みかの古木を切ったり虐げたりすると、家畜を全滅させたり海で船を沈めて溺死させるなど、報復は徹底しているといったちょっと怖い説もあります。

    ということで、上記のキジムナーの特長と性格をヒントとして伝えイラストを描いて頂くことに。

    これで観光客の人がどれぐらいキジムナーを認識しているのかわかるのではないでしょうか。

    国際通りで実際に調査をしてみました。

    では、観光客の人たちのキジムナーの特長を伝え、描いてもらったイラストを見て行きましょう。

     【続きはこちらのサイトで
    【【UMA・未知生物】キジムナー・沖縄に居るという不思議な生物】の続きを読む

    1
    キコンバはアフリカに棲む獣人で身長が2メートルほどあり、白い長い眉毛をはやしているのが特徴です。

    キコンバの顔はその長い毛が邪魔になり、よく判別できないといいます。
    続きはこちらのサイトで
    【【UMA・未知生物】キコンバ・アフリカに居るという謎の獣人】の続きを読む

    このページのトップヘ