猛禽屈中P

私、にわげんじのオタブログです。※長期的な体調不良で療養中ためお仕事その他は縮小営業中です。

ちょっとだけ更新

 トップのヘッダー画像をハロウィン仕様に。
おっちゃんが小さい頃はハロウィンなんて洒落た習慣はなかった
モンじゃがなあ…

差分ってやつです

 少し前に描いた絵が、文字を入れる前の状態のデータを保存
してあったので差分的な感じで上げておきます。
よつばのいい表情が描けたと思うんですよ。
picchabye

業務連絡です

 ここ最近でメールのやり取りに違和感を感じるところがありまして、
よく調べてみたところ、主要なメールサービスのドメインまでもが
受信拒否リストに含まれておりました。
普段はあまり使っていないということもあり、長くてこの数ヶ月の間に
そうなってしまっていた様子です。

 この間、連絡下さった方、「返信が無いな」という場合はお知らせ
ください。
申し訳ありません。

調べた人はいるのだろうか

 江戸川乱歩、横溝正史あたりの有名どころをある程度の
冊数読み進め「ああ、やっぱり明智の野郎はヤな奴だな」などと
思ったりしているわけです。
 さておき、先ほど『明智小五郎事件簿ⅩⅡ』を読了しましたが、
すべてのトリックを暴かれ最早進退窮まった真犯人が少し目を
離した隙に隠し持った毒薬で自殺(この位は大丈夫ですよね?)、
「今回は何とも後味の悪い事件だった…」的な〆、と、「いや、
待て!お前それ何回目だ!?」という気持ちがむくむくと頭を擡げて
きたのです。
まあさすがにアジトの建物や洞窟と共に爆死!とかそういうのも
ありますが、この探偵たちマトモに犯人を警察に引き渡せた例が
殆どないのではなかろうかと。金田一耕介は性格的にも色々と
状況に翻弄されつつ後手に回ってしまい、最後のところでひとつ
足りない、明智小五郎に至ってはその身体能力や行動力を持ち
ながらも結局それかよ!といった印象。すると気になってくるのが
「最終的に真犯人が生存して警察などに引き渡されるパターン」と
いうのは一体どのくらいの比率なのだろう、というところ。
 例えばアガサ・クリスティだと、事件が解決し犯人が引き渡された
後にユーモアに溢れるやりとりなどを交わして幕を下ろすパターンは
多く見られるのですが、こういうのは小説の舞台や質に拠る部分が
大きいのでしょうか。
 手持ちの本を今から全てひっくり返すのも億劫なので結局そのまま
放置することになりそうですが、調べてみたら面白いことになりそうな
予感はあります。

「うちよそ」

 絵描き界隈での「うちの子」「よその子」といった各々の創作
キャラクター、所謂「看板娘」の類ですが、そういったのを描いたり
描いてもらったりする交流がありまして、このキャッキャウフフ感は
実に楽しいのです。
 かなり前に「いつか貴方のキャラも描いてみたいです」という会話が
ありまして、このところすっかり寡作となってる自分にはあまりに恐縮
だったので「でしたら先に自分から描かせて下さい」との約束のような
ものを交わしたのでした。
そんなわけでピクシブなどでも色々可愛いキャラやメカを描かれる
あさぎ重工さんのママルちゃんとウチのよつばとで遊んでもらうことに
しました。思えば絵チャも久々でした。
mamayotsu
管理人プロフィール
PN:にわげんじ


まんがや絵を描いてます。
漫画雑誌でイラストや4コマまんが
のお仕事をさせて頂いておりました。
只今イラストのお仕事をしております。
お仕事依頼、ご連絡等の詳細は
↓のカテゴリからお願い致します。
ギャラリー
  • 差分ってやつです
  • 「うちよそ」
  • 冬コミ
  • 生きて帰りました
  • C92 夏コミ
  • 今年が半分終わりました
  • リハビリ
  • 夏コミ
  • 6月ですよ
  • 故障中
  • 5月です。
  • ご連絡
  • 今年もブッ祝え!
  • ZZ
  • 上には上がいる
  • さむいなあ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ