お仕事の傍ら、チビチビと読書してます。
光文社文庫の『金田一耕介の新冒険』を読んでいるのですが、
作中あれほどかれの風体について触れているにも関わらず、
表紙のこの人物は一体誰なんだ!?矢吹申彦先生!

 短編集なので短くサクサク読めて好都合なのですが、登場
人物の名前を覚えるのが苦手なので、それぞれの血縁だの何だの
を今ひとつ理解していないまま物語が終わってしまう事もしばしば。
『悪魔の百唇譜』の原型っぽいのが収録されてまして、内容は概ね
知っているので読み飛ばしてますが、先述のとで何か違ったりする
んでしょうかね?