猛禽屈中P

私、にわげんじのオタブログです。                                                               近況やお仕事報告、絵のアップなど。

魔装機神Ⅱ

そろそろ最後?

 このブログの事でなくて、魔装機神Ⅱの事。今やってるシナリオが
雰囲気からすると最終面かなあ?といった感じです。意外と、こう…
波風が立たない不思議なテンションのシナリオですので、今ひとつ
確信が持てませんが、ゲームそのものは楽しんでます。今回は精神
コマンドもあんまり使わない仕様ですね。キチンと戦況を読んでユニット
を丁寧に配置することで打開できるようになっている感じなのが面白いです。
サイバスターという突出したユニットをどう活かすか、というのもまた面白い。
ここ数ステージは流石に「撹乱」をよく使いますけど。効果中の1ターンの
間にどれだけ立て直すか、という運用になるのがまたいいですね。
 ロザリーに因縁のあるムデカが終盤頻繁に出てくるので、イベント見たさに
出撃&トドメ役になっていてレベルが妙に上がります。ジェイファー自体
そこまで強いユニットでは無いですが、グランドナパームの性能のお陰で
炎系の中では比較的使いやすい部類になるのと、ロザリーの幸運のお陰で
あまり足を引っ張る感じがしないのは幸いですね。(イベント自体が面白いので
見ようとするけどキャラ・ユニットとも然程の思い入れは無かったりするのです)
スキルスロット勿体無いからつけてなかったけど、終盤はこれ「援護防御」あると
大分戦略が変わってくるかも。

秀でたるは

 『魔装機神Ⅱ』、そろそろ終盤に差し掛かろうとしてる…のかな?これ。
ゲームシステム自体はそれほど新しいというものでもなく、馴染みのものに
新要素を付加して仕上げたといったところ。近年の同シリーズ内においては
結構トゲのあるバランスだと思います。
 じゃ、何がそんなに面白いのかと言えば、シナリオだと思うのです。
文体やギャグなんかはやや古い印象を受け、最近のネタ要素なんかも
盛り込まれてはいるものの、やや浮いたと言うか馴染まない印象を受ける
事はあります。が、しかし、補って余るほどに掛け合いや展開が楽しいのです。
「そんなトコまで作ってんのかよ」っていうような設定もちゃんと使う為に存在して
いるので、こういう所は先述と違いしっかり地に足の付いた印象を受けるのです。
(ゲームの進行に関わる事はそこまで多くはないですが、それでも。)
 ストーリーの全体的な印象として、大きな事件が起きているというよりは、ある程度
の規模の事件が幾つもあり、それを解決しているようですね。続編を意識してる
という言い方もされているようですが、或いはこんな調子でずっと続くんじゃないかとも。
つまりは今回で終わりになっても、それはそれで、という感じで。

 どこかを間違えるとたちまち破綻しそうな危ういバランスに成り立ってるゲームの
ような気がしていますが、今回も楽しんでいます。アレ以来進行が停止するバグ?
も起きていませんし。

ひィッ!?

 先日、魔装機神Ⅱをプレイしておりましたところ、戦闘デモの途中で
進行がストップ、その後一切の操作を受け付けなくなるという、すっげぇ
怖い事態に陥りました。HOMEボタンで終了させようにも「しばらくお待ち下さい」
の表示が出たままウンともスンとも。ああいう時PSPって強制的に電源を落とす
事も出来ないのね…。んで、恐る恐るバッテリーパックを引っこ抜いて再起動
をかけました。幸いデータの損壊などは今のところ確認されていませんが、
こういうこと度々あるとちょっと困ります。…まあ、今までの同社制作のソフトで
似たような事があったかと言えば心当たりが結構あったりするのですが、そういう
納得の仕方をするのもどうかと思います。で、ネットで似たような報告あるかなあと
関連記事を覗いてたら、起きたシチュエーションは違えど症状が全く一緒(対処も)な
事例を発見。…勘弁してください。

 で、まあ不具合の方ばかりを並べ立てるのも感じが悪いので、フォローという
訳でもないですが、ゲームの方は結構楽しんでます。DS版でテンポ悪く感じた
戦闘シーンは構成が見直されているし、シナリオや新キャラクターの印象も良く、
表現的にやや古い(ったって元の絵は15年以上前のだしなあ)グラフィック関連も
おっさんには心地良かったりします。テキスト進行だけでリューネが凄く可愛く
思えてくるのだから、こういう所はホントすごいなあと。ゲームのバランスは「Ⅰ」に
比べややマイルドな調整が加えられましたが、それでもまだ割といい意味で棘のある
仕上がりになってると思います。コッチを使っててもまあ何とかなる通常武器と、
使用条件でややハードルが高いけどホントに「必殺」の威力を秘めた必殺技。
もうちょっと敵・味方共に出撃ユニット数が多くなればなあという印象もありますが、
この辺りも「らしい」ところでであります。そのお陰でもあるのですが、ゲーム進行の
テンポも早く、非常にサクサクと進みます。
ティアンのディンフォースがムエタイの構えをとってたり、え!?あの武器ってソコ
なの!?っていう15年来の謎が明らか(多分ここ数年で考えたんだろうけど)に
なったりと、色々新しい発見もあります。

 「Ⅰ・Ⅱ」の方はどうやら入手困難になってるようですが、Ⅱの方だけでも結構
お勧めできると思いますんで、ファンの方、如何でしょう?
管理人プロフィール
PN:にわげんじ


まんがや絵を描いてます。
漫画雑誌でイラストや4コマまんが
のお仕事をさせて頂いておりました。
只今イラストのお仕事をしております。
お仕事依頼、ご連絡等の詳細は
↓のカテゴリからお願い致します。
ギャラリー
  • お仕事報告
  • お仕事報告
  • HGUC
  • お仕事中
  • 更新~
  • 夏コミの新刊、通販開始されました
  • 肋をやられたかも
  • 11日 スプートニクお品書き
  • 夏コミ
  • ここから始まった
  • 何者だったんだコイツは!?
  • 書架2
  • 当落発表
  • お高い試作品
  • 翼の剣
  • 近況など
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ