2015年06月

2015年06月13日

誕生!

先日、妊娠鑑定に来られたSちゃん。予定日は15日。
もしかして、予定より遅れるかな…?なんて考えていたら…

「せんせ~。巣作りしよるから、もう切って~。」…午前中来て下さってありがとう!…

…ということで無事元気なプードル2頭帝王切開にて誕生しました~。パチパチ。

スタッフ2人も緊張しながらも事前準備から手術後まで良くやってくれました。お疲れ様でした。

飼い主様とサロンのB様、お手伝いありがとうございました。

何より飼い主様待望のお子だったようで喜んで頂けて私も嬉しいです。

2頭とも幸せな犬生を送って欲しいですね。

岡山 動物病院 にわせ動物クリニック http://niwase-ac.com/


niwaseanimalclinic at 04:45|PermalinkComments(0)

2015年06月07日

動脈管開存症

他院様からのご紹介で来られたRちゃん。

動脈管開存症(PDA)の確定診断がついた2月から、複数の循環器認定医によるチームを組み、手術の準備を進めていました。

動脈管とは心臓にある血管で、胎生期には必要な血管ですが、出生し肺呼吸が始まった瞬間から必要がなくなり、閉鎖する血管です。

動脈管開存症(PDA)は、肺動脈(体中を巡って戻ってきた二酸化炭素が沢山入った血が流れている。)と大動脈(酸素がいっぱいのこれから全身へ流れていく血が流れている)をつなぐ動脈管という血管が残ってしまうことで、心臓自体に負担がかかり、肺も悪くなるという病気です。

手術はGWに実施しました。
動脈管はPDAの乱流のせいで動脈瘤になっており、術前に不整脈も出ていて、術中迷走神経刺激からと思われる除脈から心停止なども起こり、決して簡単な手術ではありませんでした。
しかし、術者の適切な判断と麻酔医の迅速な対応により、拍動は回復し、無事に手術を終えることができました。

本日の1か月後検診では、肥大していた心臓が縮小している事、不整脈や異常血流など残っておらず、根治であることを確認できました。

雑音を見つけて下さった先生からチームの先生方、手伝って下さったスタッフの方々、そして手術を受けさせることを決意して下さった飼い主様…すべての方のおかげで手術が成功した事、感慨深く思います。
ありがとうございました。

 岡山 動物病院 にわせ動物クリニック http://niwase-ac.com/




niwaseanimalclinic at 05:46|PermalinkComments(2)