タイトルはThe Tokyo Trialsで、ご存知だとは思いますが、東京裁判のことです。
それでは、ご覧ください。


The Tokyo Trials

leakbrewergator(アメリカ)
これは基本的に東京裁判について持っているであろう色んな考えや意見の包括的なものになる。
一緒に議論する上で、俺の個人的なコレクションの中から数冊の本を使うこともあるだろう。
American Shogun:マッカーサーと昭和天皇、そして近代日本のドラマは、俺にとっての主な情報源だ。

だから、議論を始めるために、本の中から引用して紹介する。

恐らく、マッカーサーにとって一番不快だったのは、彼自身が明らかにしたことによると、日本の戦争犯罪での正義の押し付けだ。
昭和天皇は、ひとつのことについて妥当だったとされている:東京裁判は法的に茶番だたっために、全ての根本が損なわれ、彼は助かった。
少なくとも、アメリカの占領において、最も不名誉で最悪の成果だった。

これについてどう考える?
議論が軌道にのるまで、俺の意見は保留させてもらうよ。




Bismarck(ニュージーランド)
東京裁判は、歴史の一部で、比較的軽視さえているものだ。
ニュルンベルク裁判が全ての注目を集め、東京裁判は殆どの歴史家によって忘れられてきた。

使えるオリジナルの資料が、ネット上にはたくさんある。
でも、未だに裁判の完璧な謄本を見つけることが出来ないんだ。
とは言っても、コピーは地元の図書館にある。
俺なら、“茶番”とか“不名誉”とかいう記述を受け入れる前に、元の文書を1回読んだと思う。



leakbrewergator(アメリカ)
東京裁判が見落とされてるという意見には同意するよ。
俺は数年前にこのことに関する論文を書いたし、それを踏まえた上での自分の考えなんだ。
基本的に、彼らにはナチスによってあったような残虐行為の文書がなかったという事実が、ニュルンベルクに全てのメディアの注目が集まることを助けたんだ。
勿論、他にも要因は存在するけどね。

俺は、著者が裁判のネガティブな記述に熱を入れすぎた可能性があるとは思ってる。
ただし、マッカーサーの通信のコピーを手に入れてれば、彼自身、裁判に貶してただろう。



pikeshot1600(不明)
昭和天皇が自分の地位を維持するためには、日本の戦争犯罪者の“処理”が必要だったんだよ。
その人たちは、南京のため、ロシア人に対する人体実験のため、イギリス軍とアメリカ軍兵士に対するバターンのため、シンガポール後のイギリス軍とオーストラリア軍に対する野蛮な行為のため、彼らの不正直さのため、真珠湾前のクソみたいな行動のための代償を支払ったんだ。
日本人は、彼らがされた全てのことに値するんだ。



Azita(イングランド)
生物兵器と化学兵器を人間を使って実験していた日本人化学者や軍人の多くは何所にもいない。
アメリカのために働き、アメリカによってこっそり隠蔽されたからね。
勿論、どんな罰も受けてないし、裁判にもかけられてない。

マッカーサーの場合、彼は傲慢だった。
朝鮮戦争での“プラン”のため、そして同時に大統領への態度のために彼は更迭された。

pikeshot1600、アメリカは奴らが戦争中にやりすぎたことに対してなにに“値する”んだ?



Lawnmowerman(不明)
やりすぎたってのはなんのことだ?
具体的な例をあげてくれ。



Bismarck(ニュージーランド)
君はアメリカの爆撃が物凄い広範囲に及んだことについてどんな考えを持ってるんだ?
アメリカの爆撃によって、都市の40%から90%の建造物が破壊されたなんての驚異的だよ。
俺は、この爆撃の多くが、軍事的利益に直接的に関係があったなんて考えてない。



Lawnmowerman(不明)
それは真実だけど、俺は日本人のおこなった残虐行為と比べて見劣りすると思ってる。
それで正義になるわけじゃないけど、日本は10年以上に亘って中国で同様の攻撃をしただけでなく、化学兵器や生物兵器も使ったんだ。



Zeno(不明)
なんでBismarckはそんなに軍事的利益に懐疑的なんだ?
現代の総力戦ってのは、敵のリソースを枯渇させ、戦うための意志と能力を奪うことなんだ。

壮大な規模の近代的な戦争に、民間人なんていないんだ。
彼らは人間の盾であり、潜在的な補充兵であり、敵に利する労働者であり、次世代の戦闘機の父と母なんだ…。
民間人ってのは、現代では“潜在的に軍事のなにかに通じる”
子供は狂信的な兵士になるし、女性はテロリストだと疑われないで済む。
俺は次の大きな戦争を恐れてるんだ。



Azita(イングランド)
答えを避けたね。
俺の聞いたことを全く正当化出来てない。

アメリカは奴らが戦争中にやりすぎたことに対してなにに“値する”んだ?って聞いたんだ。

日本のやったことについては、ここで散々議論されてきたし、それについて俺は否定してない。
Zeno、日本が軍事的利益のためにやりすぎたことを考慮するなら、どうなるっていうんだ?

また、Lawnmowermanの以下の意見。

>日本は10年以上に亘って中国で同様の攻撃をしただけでなく、化学兵器や生物兵器も使ったんだ。

これは凄く主観的じゃないか?
全てレイプされたとか、焼かれたとか、日本の民間人が君にやったことを教えてくれるんだろうな?
それでも、世界中から見て、アメリカのやったことは正義だったのか?



Zeno(不明)
両方の残虐行為を比べて、一方が悪いということは難しい。
最終的には、結局こうなる:“どっちも悪い”

って言うのは簡単だけど。
それについてどう感じてるのか犠牲者に聞いてみないと…。
でも、それは無意味じゃないかな?
今日では、どちらかが悪化してるのか?
アメリカの第二次世界大戦による日本の占領、又は爆撃が悪いのか?
爆撃は必要だったのか?
今になってみれば、恐らくそれによってアメリカは戦争に勝つことが出来たって言うことが出来る。

俺には分からないけど、もし俺が塹壕、又はたこつぼで待機してたら、敵への攻撃の合図を送ってただろうってことは分かってる。
指揮官は喜んでこう言っただろう:“最初に爆撃を認めなかったら、別の結果になってただろう”
敵の死傷者も少しは気になるけど、なにより自分と仲間が大事だからね。

加えて、アメリカのような民主主義には、ポピュリズムが内包してる。
政府は最低限の死傷者で、戦争に勝つことを迫られてるんだ。



leakbrewergator(アメリカ)
>世界中から見て、アメリカのやったことは正義だったのか?

アメリカが正義だったかについては、見る者の視点に依存する。
日本の大物の何人かは、裁判で手付かずだった。
勿論、天皇もその主な例だ。



Greyter(アメリカ)
東京裁判については多くを知らないけど、興味があるんだ。

俺は、東京裁判が、ニュルンベルク裁判のように正義を行なう上で、積極性も包括性もなかったって不平を言う人たちを見たことがあるんだ。
彼らの何人かの主張は、個々の国でおこなわれた裁判で、アジアでおこなわれたことも考慮しなければならないというものだった。
こういう視点は、実際にどんな違いをもたらしたんだろうか?



leakbrewergator(アメリカ)
それは分からないけど、俺は別の質問をしよう。
ドイツのように包括性や積極性がなかったのは、アメリカが日本に原爆を落とした負い目があったからだと思うかい?
(俺はそうは思ってないんだけどね。ただ、そういう主張があるってだけ)



Azita(イングランド)
おぉ!それは良い質問だね。
それは、アメリカの利他主義的な態度ってことにすればいいんじゃない?
高潔な勝利なんだもんな?
アメリカ人の誰かがそんなこと言ってたよな?



Carlisle Blues(不明)
マッカーサーとアメリカの右翼たちは、昭和天皇を要求を通すための人質として残したんだよ。
戦争前にやってた大規模な融資や投資を含む、日本におけるアメリカの利益を守るために必要だったんだよ。
それに、共産主義の拡大に対抗する盾を求めてたんだ。
マッカーサーは、可能な限り平和的に民主主義に移行させるために、日本に居たいと思ったんだよ。



leakbrewergator(アメリカ)
実際問題として、昭和天皇は必要だったかな?
昭和天皇の代わりに、別の“人形”を使えたんじゃないかな?



Zeno(不明)
恐らく出来ただろうね。
けど、日本の天皇は日本の宗教の神道における最高権威なんだ。
人形として使える人間に誰がいるんだ?
その人は天皇として受け入れられる必要があったんだぜ。
昭和天皇の王朝は、地球上で最も長く続く王朝であり、伝説によると、西暦660年から続いてるんだ。
誰でもいいから人形に出来るわけじゃないんだ。



leakbrewergator(アメリカ)
OK、少しギアを変えようじゃないか。
天皇から離れて、いくつかの争点を決めよう。
多分、俺たちは裁判を受けた何人かの男に焦点を移す必要がある。

俺がずっと興味を持ってるの男の1人が、近衛だ。
彼は日本政府でいくつかの役割を果たし、中国との戦争勃発時には首相をやってたんだ。

真珠湾に至るまで、恐らくアメリカとの戦争に対する交渉相手だったはずだ。
近衛は、アメリカにいくつかの和平提案を試みたし、合意を得るために熱心に取り組んだ。
日本占領の責任者(マッカーサー)が日本を支配した時、彼らの制圧の中で、自分のポジションがあることを近衛は信じていた。
以前に和平交渉をしてたからね。

しかし、近衛は戦争犯罪者として、法廷に召喚された。
そして、裁判に行く代わりに、彼は服毒自殺した。

近衛は、ショーのためだけに“召還”されたことが、何人かの歴史家によって示唆されている。
彼の話は少し悲劇的な皮肉だ。



sylla1(不明)
このトピックはあまりにも広範囲に及ぶから、別々に分けたほうがいいと思う。

伝統的に日本軍は凄く残酷だった。

東京裁判とそれに関する罰は、基本的に勝者の正義だった。
それは、自分たちのためだけを考えて、相手側を罰したんだ。

昔からの支配者なので、日本の天皇は、1889年の憲法下において、国の積極的な機関だった。

昭和天皇は、議論の余地なく、日本の侵略戦争、そして戦争中の残虐行為が行なわれる可能性について良く分かっていた。

皇室の何人かは、同様に、又はそれ以上に関与していた。
悪名高い南京の主な司令官だった朝香宮鳩彦王のように。

マッカーサーは、裁判において主要な権限を持っており、皇族を免除した。
それは、冷戦における次の世界大戦において、日本の支配を容易にするための政治的戦略だった。

2003年のイラク征服後のブッシュジュニア政権の完全に不十分な能力と比較すれば、こういうやり方を真似たのは明白だ。



leakbrewergator(アメリカ)
>昔からの支配者なので、日本の天皇は、1889年の憲法下において、国の積極的な機関だった。
>昭和天皇は、議論の余地なく、日本の侵略戦争、そして戦争中の残虐行為が行なわれる可能性について良く分かっていた。

この2つは凄く興味をそそられるね。



sylla1(不明)
>近衛は、ショーのためだけに“召還”されたことが、何人かの歴史家によって示唆されている。彼の話は少し悲劇的な皮肉だ。

率直に言って、その答えは簡単だよ。
まず、東京裁判で生き残った被告人全ては、有罪判決を受けたんだ。
そして、近衛は中国との戦争を始めるのは関与していたし、満州に傀儡政権を作ったし、真珠湾攻撃を早期に計画していた。

そういった明白なことに照らせば、彼は絞首刑になっていたと思う。
他の起訴された元首相の東条英機と同様に、個人的、そして公的、両方の理由から、自殺は明らかに必要な選択だった。



leakbrewergator(アメリカ)
殆ど同意するよ。

俺が唯一疑問に思ってるのは、真珠湾計画に関する近衛の関与だ。
それに、何人かの歴史家が、彼は死刑を免れてたと考える理由は、真珠湾までずっとアメリカとの和平のために努力してたからだと思う。



diddyriddick(アメリカ)
天皇の性質がよく分からないんだよね。
俺がここで読んだものの殆どは、天皇が日本の最高統治者だったってこと。
そこで質問…。
天皇は積極的な君主だったのか、それとも多くが崇めてたけど、殆どお飾りだったのか、どっちなんだろうか?
これを十分に説明してる人を見たことがないんだよね。



Bismarck(ニュージーランド)
彼は政策には殆ど直接的な影響力を持たないお飾りだし、初めてラジオで語ったのは、人々に日本の降伏を告げることだったんだからね。



leakbrewergator(アメリカ)
それは個々が読んだ本に依存するよ。
昭和天皇が軍拡の背後にある本当のパワーだと思ってる人もいるし、単なるお飾りだと感じてる人もいる。
その議論は決して終わることがないだろう…。



thecuriousquestioner(アメリカ)
本当に東条の責任だったのなら、なんでアメリカは天皇ではなく、総理大臣を国家元首にしたんだ?
マッカーサーは、最終的に東条に責任を押し付けることに取り組んだんだよ。
俺は責任のない人がいるなんてことは信じてないんだ。
天皇を含め、誰もが一部に関係していた。
その場合、みんな絞首刑にするか、誰も絞首刑にされてないかのどっちかじゃないとおかしい。



Bart Dale(不明)
妥協したんだよ。
道徳的には天皇は戦争犯罪で裁かれなければならないけど、冷戦がヒートアップし始めてたし、アメリカに対する日本での支持を損なう恐れあったんだ。
そして、それをやると、共産主義を日本が受け入れやすくなると思ったんだ。

それと、俺は君の前提に同意しない。
君の考えは、全ての人を罰することが出来ないなら、誰も罰するべきじゃないってことだ。
じゃあ、どんな時に罰することが出来るんだ?
君がレイプと殺人を犯した手段の全員を捕まえることが出来ないからという理由だけで、捕まえた奴を罰することが出来ないなんてことはありえない。
日本に対する戦後の処罰は不十分だったけど、それをやらなければ千倍は悪く言われてたと思うよ。




          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \     ハハッ わろす
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く









世界の支配なんて簡単だ。極東は蒋介石にやればアメリカの援助で中国を支配していくだろう。太平洋、それは我がアメリカが頂く。アフリカはインドルートの関係からイギリスにいく。スターリンが欲しがっているのはソ連の安全保障だけだ。もし私が彼に何でも与えて、その代償を求めずにおけば、スターリンだってあこぎなことはしないはずだ。
フランクリン・ルーズヴェルト




http://historum.com/asian-history/13677-tokyo-trials.html