1:
矢吹健太朗が装画とイラストを手がける古橋秀之の小説「百万光年のちょっと先」が、本日2月2日に発売された。

「百万光年のちょっと先」は、ラブレターを書くロボットや求婚者たちの首を刎ねる姫君といったキャラクターにまつわる“すこしふしぎ”なエピソード48編を収録したショートショート集。
とある中流家庭に仕える機械式の自動家政婦を語り部に物語は紡がれていく。

なお矢吹の新作「ダーリン・イン・ザ・フランキス」1巻と、古橋が脚本を担当する別天荒人「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」3巻も同じく本日刊行された。


hyakuman_fixw_640_hq

https://natalie.mu/comic/news/267839











hyakumancut01_fixw_640_hq

hyakumancut02_fixw_640_hq

hyakumancut03_fixw_640_hq

darifura1_fixw_640_hq








2: 
矢吹の絵は魅力的だけど飽きるんだよな・・・

3:
星新一の小説を矢吹先生が挿絵したのかと
ショートショートといえば星新一しか浮かばなかった

5:
矢野健太郎じゃないのかよ

8:
>>5
おま俺

12:
もうみんな忘れてるだろうけど矢吹ってほんの15年くらい前までは稀に見る才能なしと言われてたんだぜ

13:
>>12
ここまでネットの評価が上昇したクリエイターは他に知らないかもしれない

15:
>>13
すべては生クリーム裸エプロンからだ
あれがなければ今でも精々ハーレムモノに逃げた才能無し扱いのままだった

23:
というか矢吹の評価が上がったのはTo LOVEる以降作画屋に転向したからであって(前から絵の評価は高かった)
ストーリーや設定方面での実力はあの頃からどうなってるのか未知数だけどな

24:
S (すげー)F(ふしだら)になるな

30:
矢吹の評価が上がったのは浮気した嫁に金払ってまで娘を引き取ったことだろ?

31:
>>30
いやその前からとらぶるで評価うなぎ登りだったやん

35:
>>31
でも弾けたのはダークネスあたり
見せ方が上手くなった
それまでは惜しいとか可愛けど見せ方がみたいなこと色々言われてた

引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/moeplus/1517556842/