各家庭で実践する節電は、比較的簡単に始めやすいものが多いです。
照明をこまめに消すということや、テレビなどのつけっぱなしを、
しないなどというような小さなことから、楽に取り組めるでしょう。

ところが、節電の解釈が間違ってる場合も見受けられます。
テレビなどに関しては、リモコンの電源ボタンのみよりは、
本体の主電源を切った方がむしろ節電になるだろうと思うでしょう。
この場合、実はどちらも大した差はなく、
節電対策としてはあまり評価されていないと言われています。
テレビの節電を効果的にする場合、プラグを抜いてしまった方がよいです。

エアコンも節電を意識した使い方をしたつもりが、
電気代がかえってかかるようなケースになってる事が多々あります。
極力必要なときのみ運転しようと思って、まめにつけたり消したりする行為です。
さらに、夏の冷房は電気代がさむからと言って、
除湿運転に設定する使い方も、節電対策としては勘違いです。
冷房として使うよりも、除湿の方が待機電力が高く、
電気料金も倍かかると言われています。
どうしたらエアコンの節電を可能にできるのかというと、
リモコンで自動設定にしておくのが、効率的でしょう。
室温の状態に合わせて、温度や風量を自動的に調整してくれます。

生活家電でも、必要不可欠な冷蔵庫も節電対策を間違うと、
電気料金を安く抑えることは難しくなります。
冷蔵庫内の冷気を逃さないために、冷蔵庫カーテンを使用しても、
中の食品が見えにくくなることで、扉を開けてる時間が増えたり、
頻繁に開け閉めするようなことになりがちです。
冷蔵庫からの消費電力を節約するには、冷蔵庫の温度設定を、
強くしないことや、たくさんの食品を詰め込まないといった、
シンプルな使い方の方が有効だといえます。

日頃取り組んでいる節電方法に、勘違いや間違った事をしていませんか。
いまいちど、見直して上手に節電をして電気代を抑えましょう。