風邪を引いてしまった時などは、とくにのどの乾燥がきになるものです。
朝起きたときも、のどが渇いた感じになってることもあります。
のどの乾燥を引き起こすと、ウィルスであったり細菌などが、
のどに付いてしまい炎症に結び付くケースもあります。
のどを乾燥させないための対策は、どんなことをすればよいでしょうか。

そのためには、のどを冷やさないような工夫が必要といわれています。
たとえば、寝る時にはタオルなどを首に巻くなどしたり、
出かける場合には、マスクを身に着けるなどをすると、かなり乾燥を防げます。
うがいやこまめな水分補給をすると、のどにうるおいを与えるので、
極度にのどが乾燥してしまうことを防ぐことができます。

唾液の分泌を促進させて、のどに水分をあたえる方法も有効です。
酢を使った料理や、クエン酸が含まれる梅などを食べるとよいでしょう。
空気が乾燥していてると、のどを乾燥させてしまいますので、
加湿器がよく活用されるようになりました。
加湿器は湿度をあげるほかにも、ウィルスの侵入を防ぐことができるので、
風邪の予防にも大活躍します。
最近の加湿器はおしゃれなものも多く出回るようになり、
アロマを楽しめるタイプも人気があります。

手っ取り早く、のどあめをなめるのものどの乾燥の予防になります。
ただ、食べ過ぎると口腔内の粘膜を傷めることが多いので、
加減が必要でしょう。

のどにうるおいをもたせるための、さまざまな対策はあるので、
自分にあった手段を上手に選ぶとよいでしょう。
健康維持のためにも、のどの乾燥を防ぐことは大切です。