公安警察人権侵害日記

公安警察は僕をスパイやテロリストに仕立て上げ、様々な人権侵害を行い続けています。 実は皆さんも知らないうちにこのことに巻き込まれています。そのことはこのブログを読んでいただければわかると思います。 まずはサイドバーのカテゴリにある「初めて来られた方はこちらを」を読んでください。

〇人権侵害

新宿百人町死体事件に関して

12月16日午前11時40分ごろ、東京都新宿区百人町3丁目の交差点の排水溝内で、男性が死亡しているのを清掃業者が見つけ、近くの交番に届けた。男性は白髪交じりの60〜70代で目立った外傷はなく、検視では死因は不詳とされた。警視庁は17日に司法解剖して死因を詳しく調べる。
同庁や新宿区によると、排水溝は直径約50センチの円筒状で深さ約1メートル。男性は半袖Tシャツにジーンズ姿でうずくまるような姿勢で死亡していた。身元につながるような物はもっておらず、靴も見つかっていない。同区が委託する清掃業者が発見した際、排水溝にはふた(約30キロ)がしてあったという。検視の結果、死後1〜3週間とみられる。
その後の調べで遺体に目立った外傷はなく病死や凍死の可能性もあるそう。
現場はJR大久保駅の北約800メートルで、住宅などが立ち並ぶ地域。



伊奈町の韓国人殺人事件の次は韓国料理店が多くある、例の百人町で死体発見ですか。しかも大都会の歓楽街の道路の側溝でですか。
相当怪しいですね。伊奈町の事件と合わせてまた僕に疑いがかかるようなスパイ話が造られていくのではないでしょうか。
(関連記事 サイドバーの「カテゴリ」の「スパイ・北朝鮮関連記事」の中の 08年5月29日から6月10日までの記事)

伊奈町放火殺人事件もでっち上げ

11月28日、午後1時5分頃、埼玉県伊奈町寿3のオートバイ関連会社「東京パーツ」の倉庫の一部が燃え、焼け跡から男性の遺体が見つかった事件がおきた。その後の埼玉県警捜査一課と上尾暑の調べで死亡した男性の頭部に殴られたような傷が見つかったことから殺人事件と断定して捜査本部を設置した。
殺害された男性の身元は未だにわかっていない。この事件の日からこの東京パーツの社長がいなくなったおり現在も探している。
この事件があった倉庫は東京パーツの韓国籍の男性社長が今年5月に3年契約で借りたものだが、家賃の滞納が続いていた。東京パーツは5人くらいの韓国人男性が出入りしていて中古部品の輸出やバッテリーの販売などを行っているらしいが、実態が明らかになっていないらしい。
付近の住民によると11月に夜になると黒い煙がたち従業員がたき火をしていたらしいという証言などがあった。

韓国籍、実態が明らかにならない会社そして事件が起きた場所。
この事件も公安警察によるでっち上げです。


あの上尾警察のお手柄でっち上げ事件、栃木銃撃事件と同じ理由ででっち上げられた事件です。
といってもあの記事では個人情報を出せないために、詳しい理由は明らかにしていませんが、間違いなく警察によるでっち上げ事件です。
(関連記事 サイドバーの「カテゴリ」の「上尾警察のお手柄は自作自演 栃木銃撃編」 09年2月23日の記事「田口八重子さん 新情報は嘘」など)

監視要員たちの動画

あいかわらず家の周りを警察が監視しています。
僕の家や、僕の家の周りの家で人が出入りするときと、僕の家に誰かが来たとき、それと僕の家の前を人が通過するときに、車が家の前を通過していきます。
10分、15分の間車が来なかったのに、家の周りに人が現れるたとたんに車が家の前を通過していきます。


そしてこのような監視活動の一部を昨日動画で撮影することができました。
と言っても撮影したのが夕暮れ時で、しかも安いウェブカメラで撮影したので画質がかなり悪いです。さらに周りの風景がわからないように動画を加工もしてあります。

なので動画に出てくる車両をあらかじめ一眼レフカメラで撮影しておいた写真を始めにお見せしておきます。

動画の中の手前の車両の写真はこれです。
09年4月22日8○8○黒
北朝鮮がミサイルを打ち上げる数日前から見かけるようになって、それ以来夕方になると毎日のようにこの黒い乗用車が家の直ぐ前に停車するようになりました。

そして奥のワゴン車の写真はこれです。
09年4月22日○○69黒ワゴン
このワゴン車に関しては数ヶ月前から気付いていて、これももしかしてと思っていました。


そして動画がこちらです。

動画 1

始めに白い服の男が歩いていますが、この男は画面右にある普段は空き家だった家から出て来て画面奥に去って行きました。
(この空き家に関しては以前からブログに僕に対する監視のために使っていることを書いています。)

そしてその男が画面左側に消えたとたん、今度は手前の車の搭乗者2人が車の直ぐ横の道から出てきて車に乗り込み、さらに今度は奥のワゴン車の運転手がワゴン車の直ぐ横にあるアパートの敷地から出てきて車に乗り込みました。(画質が悪くて見えないかもしれません)

そして始めに奥のワゴン車が動き出して去っていき、次に手前の車が去っていきました。

明らかに変です。
わずかな間に僕が怪しんでいたものが一斉に去って行きました。

撮られていることに気付いて逃げ出したのか、あるいは始めからこういう手はずだったのかはわかりません。

いずれにしろこれらの人間は全て僕に対する監視要員です。
今までこのように動画で撮影できたことはありませんでしたが、こういう監視行為をコソコソと8年以上も繰り返してきているわけです。



ちなみにこの動画で、手前の車が動き出してから直ぐに停車しますが、その理由が次の動画でわかります。

動画 2

手前の道を車が通過するのを待っていただけなのですが、この通過した銀色の軽と同じものを家の前でよく見かけます。
家の前のシルバー軽
恐らく同じ車両で、これも監視要員だと思います。

芸人がテロリスト? 公安警察の芝居?

先々週の日曜日にテレビを見ていたら、ある番組で、あるお笑い芸人の方が東京のある場所を歩いていたところ、テロリストに間違われて2人の刑事に職務質問を受けたという話を取り上げていました。

お笑い芸人の方は、よく普段の自分の身の回りで起きたエピソードを直ぐにネタとしてマスコミの前で話しますよね。
特にその芸人の方は最近あることで注目を浴びている方です。
その方に面白いエピソードがあればマスコミは直ぐに取り上げます。
そして実際に取り上げました。

刑事は始めからそれを狙ってその芸人の方をターゲットにして、「テロリストに似ている」ということにして、わざと職務質問したのではないでしょうか。偶然町で見かけたように装って。

そうすれば後は日本にテロリストがいるかのような噂をその芸人の方とマスコミが自動的に世間に流してくれるわけですから。

もし本当にテロリストが日本に潜入している可能性があり、そしてその顔がわかっているなら、警察は顔写真などを公表して注意を呼びかけているはずですが、そういう話は聞いたことがありません。
本当にそんな危険が日本に迫っているなら笑い話で済んでいるわけがありません。
(関連記事 09年3月16日「スパイと公安警察」と言う本に関して」など)

それと先週から家の周りに○○車が現れますがまさかそのことと関係があるわけじゃないでしょうね。




猫の泣き声は細工だった?

今回の記事は「もしかしたら」の話なので、ごまかしながら書いています。
詳しくかけなくてすいません。
まあ、あまり真に受けないで読んで下さい。
念のために書いただけです。



先日から家の近くで子猫が07年の時の鳴き声とそっくりな鳴き方で、鳴き始めました。
(関連記事 07年6月2日「呆れてしまいます」)
あの時と違って、泣き声が聞こえるのは1日に1〜2回しかないのですが。
それにしても、鳴き方や毎回聞こえてくる方向が違うというところがあの時とそっくりです。

07年の時は、猫が鳴き始める数日前に、僕の家や近所の家に「あれ」が訪問しに来たんですよね。
そして鳴くのを辞めた数日後にまた「あれ」がまた訪問してなにやらしていたんですよね。

あの当時、僕は猫を何回か探しましたが猫が鳴いているほうを見ても、いる様子がありませんでした。明らかに直ぐそこで鳴いていたのに、探しても全く存在している様子がありませんでした。
なのでもしかして「あれ」が猫の泣き声を発する何らかの物を近所のあちこちに仕込んで、僕に疑いがかかるように仕組んで、終わったらその物を持ち去ったのではないか、なんていうことを馬鹿らしいとは思いながらも考えていました。

しかし今回もまた鳴き始める前日に「あれ」が訪問に来たんですよね。

別に「あれ」は猫が鳴く前だけに訪問しに来るわけはないので単なる偶然だと思いたいですが、可能性として念のため書いておきました。

それとまた僕に疑いがかかるようなことが起きなければいいのですが。

「スパイと公安警察」という本に関して

今年に入って「スパイと公安警察」という本が発売されているのをご存知でしょうか。
作者・泉 修三という人は、公安警察外事一課や内閣調査室国際部で勤務していたらしく、CIAやKGB、北朝鮮工作員を負い続けていた実体験を書いたものらしいです。

みなさんCIAだとかKGBが日本で活動しているなんて話をちゃんとしたニュースで聴いたことあります?
ありませんよね。

聞いたことがあるのは北朝鮮の工作員くらいですよね。
しかし拉致に関係があるとされるシン・ガンスとかみんな逃げられたことになっているじゃないですか。
公安警察は超大物とされる工作員を見逃しておいて、一体どこの工作員を追っているというのでしょうか。
こんな話が本当なら、拉致事件なんてとっくに全容解明されているはずですが。


それと一番問題なのが、元公安や国の機関で働いていたことを明かして、こんな事実を大々的に公表して、国民になんらかの危険は及ばないのでしょうか。
これらは情報を盗むだけのスパイらしいですが、その保障が外れることがないということがどうして言えるのでしょうか。
なによりも国民の安全を第一に考えるはすの警察がこんな本の出版を許しているなんて有り得ないことです。
絶対にこれは大問題のはずのわけです。


それとこの本の内容がもし嘘だったとしても、公安警察や国の機関で働いていることを明かした上で書いているわけですから、嘘であってもそれはそれで大問題なわけです。


この「スパイと公安警察」はこのブログ体策のために出版された嘘だらけの本です。
(関連記事 08年7月14日「北朝鮮スパイの本当の姿」など)

監視の大義名分になる事件 その2

以前少しだけブログに書きましたが、僕は最近は全く行っていませんが、以前はよく図書館に行くことがありました。監視を受ける前からよく行っていました。図書館に行く理由は、お金がないので暇つぶしと言えばドライブか本屋で立ち読みをするか、図書館で本を読むくらいしかないからです。
読む本といえば、対外自己啓発か精神に関する本で、たまにジャズCDを借りたりもしました。

当然警察や僕を監視や警戒している人たちは僕が図書館に行っていたことを知っています。

そしてはっきりとは覚えていないのですが、熊谷通り魔事件と近い時期だったと思います。僕がいつもどおり図書館に行って、家に帰ってきたら、防災無線でその図書館の直ぐ横にある小学校付近で子供がいなくなったという放送がありました。結局その後直ぐに無事発見されたという放送が入りました。

恐らくこれでも熊谷事件のように僕へ疑いをかけられていると当時僕自身思いました。


千葉県の東金市の女児殺害事件でも、犯人は図書館によく通っていたそうです。そして事件当日も図書館に行き、そこで被害者を物色してその直後に犯行を行っています。


なんとなく僕の場合と似ていないでしょうか。
図書館によく通っている男がいて、その男が行った図書館付近で子供に異変が起きる。


そしてこの東金の犯人が逮捕されて1ヶ月もしないうちに今度は警察が24時間監視中の男が殺人を犯したホームレス襲撃事件の犯人が逮捕された。


さらに書くとこの東金とホームレス事件の犯人は共に知的障害者です。
僕自身は知的障害者ではありません。
しかし僕はうつ病にかかっているせいで顔つきが普通じゃなくなっています。僕を監視している人や監視まではしていないけど僕のことを知っていて疑っている人から見れば、僕の顔つきや仕事をしていない状況からして僕が何らかの障害を持った人物と考える人がいる可能性が高いです。


これらの3つの条件を合わせるとこういうことになります。
まず東金の事件によって僕が図書館に行った後にその近くで子供が不明になった件も、やっぱりあいつ(僕)がやったんじゃないか、という考えを地元の人に改めて持たせることが出来、ホームレス事件によって、警察が監視中の人間でもでもなんらかの犯罪を犯すことは可能であり、僕が図書館に行った後の子供不明の件も、僕が連れ去ることが出来たという疑いを持たせることが出来る。
そして2つの事件によって障害を持った人間が犯罪を犯す可能性があるというイメージを持たせることが出来、僕への疑いをさらに強めることが出来る。

またさらに昨日の記事「その1」で書いたように熊谷通り魔事件や川越事件
などにも改めて疑いを掛けることが出来た。


そして昨日の最近見かけなくなっていた人たちによる監視が再開された、ということではないでしょうか。


「その3」につづく。

監視の大義名分になる事件 その1


午前中、車で駅に家族を送って行った時、最近ではなかった物凄く露骨な監視行為を受けました。監視というより脅しです。
しかもそのうちのいくつかは以前このブログで、会社名や組織名、動画や写真を載せた企業や組織の車両で、最近見かけなくなっていた車両でした。

また監視行為を再開させてそして強化したようです。


でもこうなるような予感はしていました。
というのも去年の暮れと先日、僕への監視を強化できるような2つの事件の犯人が逮捕されたからです。なぜ監視を強化できるかというと、この2つの事件には僕と共通する部分があるからです。


その1つの事件が去年の6月から発生していて先日3日に犯人が逮捕された「世田谷のホームレス連続襲撃事件」です。

この事件と共通することが僕にも起きています。
それはこのブログで何回か書きましたが、僕が住む埼玉県にある熊谷市での通り魔事件です。
(関連記事 07年5月14日「B事件以外で疑われていること」 *B事件=僕が北朝鮮スパイでミサイル情報を盗んだとでっちあげられた事件)
(外部サイト http://sun.ap.teacup.com/applet/360news/200311/archiveの下のほう もう似顔絵は削除されています)

念のためもう一度説明しておきます。
この事件は03年11月1日に熊谷市で朝通学途中の女子中学生が腕を刃物で切られ傷を負った事件です。そしてこの事件の犯人の似顔絵が僕にそっくりだったのです。顔、髪型、身長服装、どれも僕の特徴とそっくりでした。
しかも僕は事件の当日の午前中に高崎線に乗って大宮駅に行きました。うつ病の薬が間違っていたのでそれを交換しに病院に行ったのです。

そして熊谷市も高崎線沿線の市です。

この事件で僕に疑いがかけられたわけです。



僕はこのことに対し警察が24時間監視している中で熊谷まで行って通り魔など出来るわけがない、こんなのは警察によるでっち上げだということをブログで書いてきました。
その他にも川越の2つの事件などでも同じことを書いてきました。
(関連記事 07年6月2日「また僕に疑いがかかる事件が起きた」 同日「呆れてしまいます」 07年6月7日「川越の事件はやはり警察の自作自演」など)

しかし今回犯人が逮捕されたホームレス襲撃事件では、そのうちの1つの事件は警察が犯人を24時間監視している中で起きた事件です。犯人を尾行中に見失って事件が起きたことを警察自身が発表して謝罪しています。



要するにこの事件で僕が主張してきた警察の監視の中で犯罪など犯せるわけがない、事件は警察によるでっち上げだという説を警察は覆すことが出来るわけです。
そしてまた熊谷通り魔事件などを理由に監視を強化できるようになったということだと思います。




ここまでが僕の監視を強化できるような2つの事件のうちの1つ、世田谷ホームレス事件に関する記事です。
もう一つの事件は「千葉県東金市の女児殺害事件」ですが長くなるのでまた後日書きます。

アピールのための張り込みが開始されました

僕の家の近くの空き家に先週からまた人が住み始めました。

恐らく11月29日の記事で書いた八王子ナンバーの車両と関係していると思います。

あの記事で書いていなかったのですが、あの日家族を車で駅に送ろうと家を出て直ぐの路地から黒いワゴン車が出て来て、僕の車の直ぐ後ろにつきました。そして僕がルームミラーで覗くと明らかにこちらのルームミラーを気にしていて、僕と目が合いました。そしてその後直ぐに交差点を曲がって去っていったということがありました。


そして先週の土曜日に車で家族を送ろうとしたら、同じ路地から今度は白い軽が出て来て僕の直ぐ後ろにつきました。
同じようにルームミラーで見たらまた目が合って、直後にその車はやたらとスピードを落として、離れていき、ちょっと行った交差点で曲がっていきました。
乗っていた人間も11月29日の時と似ている気がしました。

そしてその軽と似ている車が空き家だった家の前に停まっていました。

これらのことからすると、あの空き家の住人は警察でしょう。


僕がブログで僕を危険人物扱いする証拠などないのに、危険人物扱いして防犯協定者たちに監視をさせているという記事を書いたので、危機感を感じた警察が今度は以前でっち上げてあったスーパーナンペイ事件(関連記事 08年6月25日「スーパーナンペイ殺人事件」)を使って僕に疑いをかけて、監視をする理由にしているのでしょう。そして真実味を出すために警察自ら監視にきたのではないでしょうか。
要するに僕に疑いがかかっていることを監視している人たちにアピールするためです。

そして11月29日の八王子ナンバーの車の時から、僕に疑いをかけるための芝居は始まっていたのでしょう。


それと今日もまた家族を送っていったのですが、その帰りに露骨にタクシーに監視されました。どこの会社化はわかっています。僕の家に一番近い会社のものでしょう。11月19日に書いたタクシー会社とはちがうところではないでしょうか。
こういうことを書くと「僕が監視に対する何らかの報復をするのでは」と逆に怯えさせて余計に監視を強化させてしまうのかもしれませんが、これだけ長い間ありとあらゆる監視や脅迫を受けているのだから、僕が本当にそんな危険な人物なら、もうとっくになんらかの報復をしているはずです。

僕はそんなことをする人間ではありません。

コンビニにミニパトが現れました

先ほど19時過ぎに12月2日の記事「コンビニでの警戒」で書いたコンビニBに買い物に行きました。自転車で家を出ようとしたところ、50メートルくらい離れたところにいた運送会社のトラックがエンジンをかけて動き出し僕の横をゆっくりと通り過ぎて行きました。このトラックは11月18日の記事「埼玉県や桶川市と防犯協定を結んでいる方たちへ その1」で書いた運送会社のものではありませんが、埼玉県と防犯協定を結んでいる会社です。
でも僕が外に出たとたんエンジンをかけて僕の横をすれ違ったのは単なる偶然かもしれません。



そしてなんとコンビニに行ってみたら、駐車場にミニパトが駐車してありました。
防犯パトロールの車などではなく、ちゃんと埼玉県警と書いてありました。

しかし警官は誰も乗っておらず、無人でした。
(残念ながらデジカメを持っていかなかったので撮影できませんした。)
それ以外に普通の車が3台ほど駐車していて、そのうちの1台だけに人が1人乗っていました。店内に警察官がいるのかと思い中に入りましたが中には私服を着た男が一人いて、僕が店内に入ると直ぐに出て行ってしまいました。それ以外に警官も客も誰もいませんでした。
そして商品を選んでレジに行くと例の店長らしき人が応対しましたが、普通にレジを済ませて店外に出ました。
店長らしき人はいつもはもう少し緊張しているような感じを受けたのですが、今日は普通な感じでした。
そして外に出たら私服の女性が1人店内に入って行きました。
そしてもう1人20代くらいの私服の女性がドアの直ぐそばに立っていて携帯をいじっていました。明らかに不自然な感じを受けました。

結局何も無く僕は普通に家に帰りました。

コンビニが僕を警戒しているという記事を書いたので、もしかしたら警察がごまかしのためのなんらかの工作をするかもしれないと思っていましたが、まさかあれほど露骨にするとは思いませんでした。

でもミニパトがいようが警官がいようが、悪いことをしているのは僕のほうじゃなく、警察のほうなので、これからもコンビニBも、それ以外も、以前と同様に利用しますけどね。

警察がごまかしの工作をやればやるほど矛盾が出てくるというわけです。
Profile
Categories
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
訪問者数

  • ライブドアブログ