日経225mini 自分流テクニックの研究

日経225miniiに挑戦日記

負け戦(損切?)

徳川家康の生涯の負け戦。
生涯最大の負戦は「三方ヶ原の戦い」。

家康は信玄の作戦に乗せられたといわれている。心理作戦に、ひっかかった?
と、言うのは、
武田の進軍行動に慌てた家康は、自軍と織田の援軍を引き連れて武田軍を攻めるが、兵力、戦術から武田信玄に敵うはずもない。退却を余儀なくされ、2時間の合戦で武田軍の死傷者200人に対し、徳川軍は2,000人の死傷者を出したようだ。

板情報の分析・判断を誤ったのだろう。初動の判定ミスをした。売りか買いかの判定の誤り。
まあ、よくあること。
それと、
死傷者は武田軍200人に対し、徳川軍は2,000人。運用も誤った。損切値が悪い。

まあ、徳川の領地を武田軍が無断で侵入し、堂々と通過するのは許せないという気持ちは当然だが、
それなら、事前の準備が必要だと思うのだが。

調子の波

トレードに好・不調の波があると、優秀な個人プロのブログに書いてあった。ひそかに尊敬するブログ。
1日に何十回もトレードをしている。

わたしは、寄付で1回のみ。20利確の15損切に徹している。システムトレード。そこに、好・不調の波はあるだろうか。
それは、無い。

外れるときは・・損切が最初に来る・・市場の波に、わたしのシステムが適合しなかったと言うこと。売り(見送り)か、買い(見送り)かの2種類の選択しかないのだが、外れる。

運用で的中率5割に設定しているが、3回続けて外れると、ビビる。むしろ、こちらのほうが重要だ。1か月トータルで5割でも、続けて3回のハズレ・・損切・・が続くとメマイがする。

ただし、
3回続けて外れても、1か月で五分五分ということは、市場のハズレ波がアタリ波に変わることを意味しているのだから、待てば、次は良い波が来ると思っていても、さて、信じていいのだろうか。一寸先は闇だ。

リスク心理学テスト

古本で200円。
レベルが高いので、私には難解だ。
しかも、3センチもある分厚い書籍。

リスクとリスクテーカーの心理学許容度テストをしたところ87点どちらかと言うと慎重派・・? らしい。
訳者は82点だという。



51B7042PA1L__SX322_BO1,204,203,200_