2017年07月03日

台風についてのお知らせ

NKハイツ 入居者各位
いつもお世話になっております。

台風3号が接近していますので、下記をご確認いただき、くれぐれもご注意下さいますようお願い致します。

●ベランダの物干竿・植木鉢等は強風で飛ばされることがありますので、ご注意下さい。
●雨風が入らないよう、窓は鍵を閉めてから外出して下さい。
●ベランダの排水口等にゴミが詰まってないかチェックしておいて下さい。水があふれ室内に浸水する可能性があります。

台風は5日水曜日に再接近しますので、不要な外出は避けてください。

typ_3


nkcorp at 15:56コメント(0)アパート生活 

2017年02月10日

fb0a86e3.jpg
昨日の雪はほとんど積もらなかったけど、近くの山は、まだ白い。


nkcorp at 08:45コメント(0)トラックバック(0) 

2017年01月17日

cb368a56.jpg
今朝も真っ白


nkcorp at 08:38コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月25日

765c7e63.jpg

621f05bb.jpg

まだ、こんなにも


nkcorp at 08:21コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月22日

9469c2ea.jpg
今朝は、福島冲地震で大変でしたが、桐生も濃霧がすごーい


nkcorp at 08:22コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月04日

また、昨年の話。
八海山スキー場と、夏山の八海山の視察のを兼ねて、
紅葉の終わった、八海山に来て見た。

まず、ロープウエイでささっとのぼる。
01ロープウェイ

04里山

そして、展望台へ05山頂駅看板

07展望台

展望台からは絶景の眺めが味わえる。
08雲

09雲

このあと、清津峡温泉と五十沢温泉に入ったあと
今回の目的、栃尾又温泉へ
栃尾又温泉自在館のロビー
11自在館玄関

そして、囲炉裏
12自在館囲炉裏

今回の宿泊部屋は、旧館の大正棟。木造3階建ての渋い建物です。
13廊下

ご紹介はここまで。

nkcorp at 17:46コメント(0)トラックバック(0)大人の遊びトレッキング 
もう、かれこれ5か月も前のお話。
登山隊は、NHK大河ドラマ 真田丸人気が出る前に、
ここ岩櫃山を登り、岩櫃城本丸跡でランチをすべく、秋の登山を計画した。
今回のルートマップはこちら↓
00岩櫃山ルートマップ


9:30
原町平沢登山口の駐車場に到着。アスファルト舗装の立派な駐車場である。
01駐車場

駐車場から少し登ると、登山口と休憩所があり、きれいなトイレを建築中であった。
ちなみに、駐車場には簡易トイレがあるだけ。
02掲示板

9:45
登山口を出発。
04スタート

杉林の中をのんびり進む
05杉林

すぐに、本丸分岐の道標
06本丸分岐

広葉樹の森になり、岩が出てきた。
08広葉樹

ニホンカモシカがお出迎え
10カモシカ2

道は、岩峰の切通しを進む
11巨岩

道標の山頂方面に向かう。
12道標

だいぶガレてきた。
13ガレ場

10:24
櫃の口分岐、ここは郷原駅方面に進む。
15本丸分岐

細井トラバース道ですが歩きやすい。
16細道

いきなり急降下。滑りやすいガレ場を、鎖を伝ってくだる。
17急降下

今度は、大岩の崖下です。落石に注意してさらに下る。
18崖下

九十九折りの急降下が続きます。
19急降下

なぜまた下るのかと、それは、密岩通り登山口から岩場を登り山頂に行くのが、この山の醍醐味。
しかし、密岩通り登山口には駐車場がない。というわけで、原町平沢登山口から入ったわけです。
10:45
潜龍院跡に到着。
20出た

ここには、歴史的な解説を見る事が出来る掲示板があります。
21潜竜院跡

古谷の集落に向かうと後ろには岩櫃山がそびえる。
22岩山

11:00
密岩通り登山口から山頂へアタック開始。
24記念写真

26密岩登山口

険しい登り
27急勾配

ひしゃげた梯子はあてにならない
29ハシゴ

岩の道
30岩道

これが危険なテングのかけ橋
31天狗のかけ橋

さらに細い岩稜の登りが続く
32鎖場

そして鎖場が連続
33鎖場

登りきると、眼下の集落がミニチュアのようです。
34絶景

35ミニチュア

12:00
ゆっくりペースで写真を撮りながら登って、登山口から1時間で山頂です。
36山頂

山頂は狭いので、写真撮ったらすぐに下山しましょう。
37山頂

景色の良い所で記念写真。
39記念撮影

山頂からは、本丸跡に向かいます。
40下り鎖場

櫃の口から本丸跡に向かいます。
杉林を越えると本丸跡です。
41杉林

12:50
本丸跡に到着。
42本丸跡

ここで昼食。今回も、マスター作ってくれた、かんぴょう巻きに、本わさびをすりおろして頂きます。
44かんぴょう巻


nkcorp at 17:33コメント(0)トラックバック(0)大人の遊びトレッキング 

2016年04月02日

4c55a0ec.jpg
桐生川の堤防の桜は満開を迎えました。


nkcorp at 09:47コメント(0)トラックバック(0) 

2016年03月29日

桐生川の堤防の桜です。
やっと五分咲き
3月26日は寒気の影響で大きくなったツボミも成長が一旦停止
P1001478

3月27日もさほど変化なし
P1001479

3月28日寒さも一段落で急に成長
P1001480

3月29日やっと咲きました
P1001481

全体では五分咲きです

nkcorp at 17:17コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月24日

2015年10月14日 奥鬼怒温泉郷 八丁の湯へ
女夫渕から鬼怒川沿いをゆったりトレッキング
秋の自然を満喫してきました。

桐生を6:00出発、R122で日光から霧降高原 大笹牧場経由 栗山へ
県道23号線で川俣〜女夫渕
女夫渕からは鬼怒川沿いをトレッキングです。

8:25 霧降高原を軽快にクルージングする新型ベルファイアー
01ベルファイアー


のどかな大笹牧場の牛たち
02大笹牧場

03大笹牧場

川俣ダム湖通過
04紅葉

9:25 鬼怒川に架かる橋がスタート地点(女夫渕)
05出発

橋からの眺めはいつもながら絶景です。紅葉もバッチリですね。
06渓谷紅葉

奥鬼怒スーパー林道スタート地点の脇の階段を上がります。
07階段

吊り橋を渡ります。この橋を渡り終わると、その先は鬼怒川沿いの原生林の中をゆったりトレッキングです。
08吊り橋

10:20 こんな滝も間近で見る事が出来る。
09滝

滝壺周辺は見事なカエデの紅葉。
10紅葉

11紅葉

12紅葉

11:00 八丁の湯に到着。ゆったり1時間30分のトレッキングでした。
13到着

本日の温泉は八丁の湯です。
ここの凄い所は、滝の脇の岩肌より染み出る源泉がそのまま湯船に流れ込む 新鮮な温泉が味わえます。
その湧出量は毎分220リットル。野趣あふれる温泉。
今回は昼食と送迎付きの日帰りパックを利用しました。帰りはバスで女夫渕まで。

nkcorp at 16:43コメント(0)トラックバック(0) 
  • ライブドアブログ