2013年03月22日

伝える、伝わる?

食べることは大事だから

心も体も作るのだから

美味しいものを食べたらそれだけでシアワセな気持ちになれるし…

何よりこれから大きくなる子供たちや子供を産み育てる若い人たちは「食」を大事に考えて、へんなもの食べないでね!

といつも周りに伝えているつもりですが…..

そう簡単に人は変えられない、「正しいことはつまらない」ものね、あまり言うと鬱陶しいだろうし…..

先日、3泊5日の弾丸ツアー(笑)でアメリカのアナハイムに行ってきました。

アメリカ最大のオーガニックのエキスポの視察旅行で、愉しかった〜♪

何しろ3,000社も参加しているというエキスポ会場を堪能し、それ以外は中級、高級、オーガニック、などなどのスーパーマーケットを次々訪れる、というマニアックな3日間でした。

そのときにご一緒したW氏は小6のお孫さんを連れて参加なさったのですが、「流通に興味がある」というかわいい坊や、スーパーマーケットの会長のW氏曰く、家では「ヘンナモノ」は食べさてもらえないらしいとのこと。

「彼のママは息子さんのお嫁さんですよね?」と疑問をぶつけてみました。

だって「育てたわけでもない」「元は他人」を自分と同じ考えで同じ食生活をしてもらうなんて至難の業。どうしてW氏の影響をそんなに受けたのか、もともとそういうヒトだったのか?

その答えは

「いつもセミナーを受けているからね、長い間。」

というものでした。

W氏は毎月、色々な方に講師に来ていただいて、ご自分のスーパーマーケットの従業員とお客様相手にセミナーをしてらっしゃるのでした。

そういえば前にS先生から

「パートさんに時給を払ってセミナーを受けてもらっている珍しいスーパーだ」

とお聞きしたのを思い出しました。

何人もの方から「一度行った方がよい」と言われている、伸子が今一番行きたいスーパーです。

そんなところにお嫁に来たら、舅や夫がそんなふうに生きていたら、それは影響うけますよね….そうなりますよね!

そうか、「伝わらない」のはちゃんと伝えていないからなのかもしれない。

伝わるまで続ければ伝わるのだ!努力あるのみ!!

と納得した伸子なのでした。

nkimamuse at 15:00