地震と坐骨神経痛の日々

中越地震のその後と自身の坐骨神経痛について書き綴る.

Picasaからflickrへの移行

昨日,GoogleからPicasaが終了してGoogleフォトに統合される,また,クライアントのPicasaはそのまま使い続けることは出来るが,新たなアップデートはされず,ダウンロードも間も無く終了する旨の発表があった.今までのファイルは消去されないが,新たなアップロードやAPIは終了するという.

これは困った.昔はPicasaに写真を置いて,自分のホームページに挿入して公開していたのだが.

Picasaからflickrへのファイルの移行だが,cloudsferが使い易い.PCにダウンロードすることなく,Picasaのフォルダがflickrのセットとしてコピーされる.

cloudsfer

ゲリラ豪雪(1/24)とその後の混乱(1/25-26)

1/24はまさかの豪雪になった。
1/24明け方、午前3時には24cmしか無かったのが
mas01500_l (2)
翌日1/25 午前1時には94cm.
mas01500_l (20)

この間,22時間で70cmの増.
除雪が追いつかず,嫁の実家は1/25は除雪車が来なかったという.同じような理由で職場に行けない.橋が渡れない等続出.

この日は嫁のインプレッサスポーツで行き,車はそのまま嫁に自宅まで持って帰ってもらったが普段15分位のところが1時間掛かった様だ.

朝の車の雪下ろしの様子
DSC_2909.JPG

1/24朝の技大の駐車場.雪で埋まっている
DSC_2918.JPG

食堂の自動ドアの向こうは雪
IMG02033.jpg

学食にはこんな掲示も
IMG02036.jpg

コンビニにもモノが届かず
DSC_2957.JPG
新聞も休配
DSC_2958.JPG

翌朝の通勤.市街地の除雪は前日よりは進んだが,遅れている箇所でスタックした車のせいでやはり大渋滞.かいくぐって通勤路に脱出した.


豪雪73cm!

昨日まで殆ど雪が無かったが1日ちょっとで73cm積もった.雪不足解消にはいいが今度は降り過ぎ.明日の通勤は大混乱しそう.

1/23(土)朝6時 18cm
mas01500_l

1/24(日)午後7時 73cm
mas01500_l (15)

昼間一回,車の雪下ろしをした.
DSC_2881.JPG
DSC_2883.JPG

積雪0cm

雪が全く降らない.積もらない.
1/19-20と大寒波と言われたが,降らない.一時風は強かったが.

道路も舐めるように白くなっただけ.観測点では1cm.昼には0に戻った.
IMG02031.jpg

今朝の新潟県内の積雪量.長岡0も異常だが,十日町や津南がこの時期1m以下なのも見たことが無い.ここまで無いのは,私が長岡に移り住んで20年間に記憶が無い.平成の初め頃以来らしい.除雪業者の倒産,雪まつりの開催不可,棚田の作付け不可,等々の悪影響が懸念される.
mas01500_l (1)

皆既月食

一番いいところは見逃したが,少し皆既を過ぎたところで写真を撮ってみた.
DSC_3437.JPG

PHS止めました

遂にPHSを止めた.前車が高速上で止まった時は2度とも妻が同乗していたので,PHSのエリア外だったが携帯を借りて連絡出来た.災害時にも繋がるのはPHSの利点だが,平時,何処でも繋がる方が有り難い.MNP一括0円,2台で6万円キャッシュバックのau GRATINAに変更.

電話番号は今まで通り.pdx.ne.jpで終わるメールアドレスは終了.DDIポケット時代からの懐かしいメアドを捨てたのはちょっとだけ悲しいが,これも時代の流れ.メールはキャリアメールは使わず,電話のみの予定.

DSC_2220.JPG

長野県北部で震度6弱.M6.8の地震

緊急地震速報で飛び起きた.R148で土砂崩れが起きている様だ.ライブカメラは,佐野坂,美麻トンネル南が調整中になっている.これより北と南の映像は,地震後も更新されている

大町建設事務所 道路情報

中越地震から10年

早いものだ.もう10年.この地域を歩いても,中越地震や中越沖地震の傷跡は見た目には分からなくなっている.崩れた山肌は草木に覆われた.自然はこうやって少しずつ姿形を変えていく.

あの時のあの方は元気に暮らしているか.ローンを抱えて大変な人も多いのだろうなと思う.

アンパンマンとともに

今年の能登の花壇のシンボルは「アンパンマン」.うちの家族を連れて行って記念撮影した.
IMG_6308.JPG
IMG_6282.JPG

御嶽山の噴火

昨日9/27に御嶽山が噴火した.好天の秋の土曜日で多数の人が巻き込まれた.犠牲者が少ないことを祈るしかない.地震予知は出来ないが,噴火予知も困難であることを思い知らされる.

火山灰は昨日は木曽谷を越えて伊那市から更に山梨県.東京西部や静岡でも観測されている.今日は北風に乗って長野県南部,岐阜県への降灰が予測されている.

産総研の方の火山灰への対処法をまとめたページをリンクしておく.
火山灰へのそなえ

また,
火山噴火時の対策/JAMSNET東京
独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力局 和田耕治先生の書かれた労働の科学2013年6〜8月号連載第1〜3回の記事が転載されている.

予想される地域では,
・洗濯物は外に干さない
・コンタクトレンズは使わない
・マスクをする(PM2.5対応)
は大事だろう.

正三尺玉

ミラーレス一眼で狙ってみました.
三尺玉 2014

長岡大花火大会 フェニックス

中越地震から10年.久し振りにフルコーラスのフェニックスが打ち上げられた.

岡谷水害から9年

岡谷水害から9年になる.岡谷市湊地区では神社が再建され,また用水路が整備されていた.
DSC_3482.JPG
DSC_3483.JPG
DSC_3490.JPG

上の原小学校の上部の沢には,砂防堰堤が設置されていた.
DSC_3523.JPG

普段は水量は僅か.諏訪岡谷地方は,雨量が少ない地域.そこに降った1時間100mm程度の雨で,堆積した土砂が流れ下るという.九州の様な多雨地域と異なる,平時の雨が少ない故に起きる災害.砂防堰堤や用水路で,同じ様な災害を防ぐことが本当に出来るのか疑問が残った.

南木曽町の土石流災害

南木曽町の土石流災害の現場を訪れた.子供の頃,もう40年位前のことだが,家族で恩師を訪ねて読書小学校に行ったことがある.統廃合で南木曽小学校に名前が変わっていた.敷地内に,昨年から始まった砂防堰堤の工事パネルがある.昭和41年集中豪雨の被害写真も掲示されていた.
DSC_3293.JPG
DSC_3294.JPG
DSC_3296.JPG

パネルの直ぐ近くに,今回の土石流災害を受けて土嚢袋が積まれていた.梨子沢の隣だが,川面からは高いのでここまで土石流は達していない.
DSC_3295.JPG

河口近くの蛇行したところで堤防を破壊しているのが分かる.川を真っ直ぐにすれば被害は軽減される筈.また被災エリアに住まないのがよいのだが,私権の制限,移転先の土地の確保が必要になる.
DSC_3363.JPG

土石流の高さ.自動販売機のかなり上部まで土砂が達したのが分かる.
DSC_3352.JPG

JR中央線の復旧作業
DSC_3370.JPG
流された橋はごく短いものなので,復旧は比較的早いのではと思われる.
DSC_3335.JPG

梨子沢に残った橋.流失を免れたが,鉄筋が一部切れてぶら下がっている.橋が残るのは交通の確保という点では大事だが,一方で,流木が引っ掛かって,土砂や水が溢れて水害が拡大するという負の面もある.
DSC_3390.JPG

中越沖地震から7年

中越沖地震から7年.早いものだ.前日まで能登半島地震の輪島市にお手伝いに行っていて,富山まで戻って宿泊.岐阜県内を実家まで移動する途中のことだった.まさかの3年余りで2回目の直下型地震だった.建物の倒壊等で亡くなった方は15名.御冥福をお祈りします.

ゴルフ7CLの燃費

ゴルフ7コンフォートラインで実家から長岡まで走った時の燃費.時速90kmにACCを設定.リッター22.9kmを記録.長距離走行が多いので低燃費はありがたい.
DSC_2507.JPG

一方で通勤燃費も佳い.職場から自宅に帰る途中.最初下り坂があるので,燃費には有利だが,エンジンが冷えている状態からスタートして4km走って18.8km/L.下道でも燃費が大きくは落ちない.
DSC_2571.JPG

父の一時帰宅

退院後の手すり等の設置の確認のため,父が一時帰宅した.一ヶ月ぶりに会う父.予想以上の回復ぶりに驚く.杖は必要だが,病院の長い廊下を苦も無く歩く.実家の段差も自力で上れた.

畳に座ってしまうと起き上がるのは大変なのでベットは必要.姉の知り合いから新品同様のものを譲って頂き,早速置いたがよい収まり具合.父も安心して病院に戻った.

金魚草の花

冬越しした四季咲き金魚草.春から一気に成長して花盛り.
DSC_2406.JPG

父の骨折

10日余り前になるが,父が脚立から落ちて左大腿骨を粉砕骨折.翌々日には手術でボルトを入れた.80過ぎている父.歩けるようになるとよいが.

庭の花の様子を聞かれたので,写真を撮って病室に届けた.
DSC_1796.JPG
DSC_1797.JPG
DSC_1808.JPG
DSC_1798.JPG
DSC_1799.JPG
DSC_1809.JPG

桜が満開

今朝の長岡駅裏手の福島江.愛車は桜の下.
DSC_1732.JPG
DSC_1728.JPG
降水短時間予報
Yahoo! 基金
訪問者数

Archives
QRコード
QRコード
shinobi
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
新潟県の天気
Googleで検索
Google

WWW を検索 このブログ内を検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ