地震と坐骨神経痛の日々

中越地震のその後と自身の坐骨神経痛について書き綴る.

中越地震

中越地震から今日で8年

中越地震から8年.早いものだ.直下型の下から来る揺れが何度も来て怖かった.停電で真っ暗なのが怖かった.

中越地震から7年

中越地震から7年が経った.早いものだ.妻に言われて気が付いたのが6時45分.最初の揺れから1時間経ってもまだまだ震度6クラスの余震が続いていたのを思い出した.

中越地震から6年

中越地震から丸6年.間もなくあの時を迎える.
兵庫の豊岡水害から数日後のこと.

奄美の水害から今日まで数日後.そしたあの日もよく晴れた.
何も無ければよいが.何も無いだろう.

今日で5年

中越地震から今日で5年が経つ.
繰り返し来る本震並みの余震の暗闇の中,戸外で一晩過ごしたことを思い出す.
水害,地震,地震と天災が中越を傷めつけた.
当分の間,大きな天災が新潟を襲わないことを願う.

震度3

久々に揺れた.かなり長かった.

長岡震度3.
出雲崎町震度4.

中越沖地震の余震だろうか?
それとも来るべき第三次中越地震の前震だろうか?

古志の火まつり

古志の火まつりを見に行った.日本最大のさいの神が燃えるのは壮観である.普通のさいの神と違い,芯にかなり太い木材を使って,最後まで倒れない様になっていた.





山古志で一番雪の多い種苧原であるが,積雪量は2m程度と例年よりは少ない様に思う.


やまこし帰村式

長岡ニュータウンにある旧山古志村の仮設住宅の解消に伴い,「やまこし帰村式」が越後丘陵公園にて開かれた.泉田知事の「皆さん,幸せになって下さい.そのことが,今苦しんでいる中越沖地震の被災者にとって励ましになる」という言葉には同感である.

森のプーさん 逝く...

中越地震のボラ活動で知り合ったボランティアの方が亡くなったという知らせを聞いた.
僕が直接知る事になったのは,地震から既に1年経とうとする頃だった.

2年目の豪雪の年,ある古民家の雪下ろしに来て呉れた.

夜,酒盛りをしながら,以前,里山保護の活動を手作りで行なっていたこと,その山が再開発の対象になり,活動のフィールドを失ってしまったことを,訥々と語るのだった.その目にはうっすら涙が浮かんでいた.
「この人は信用出来る」
その時思った.
中越地震ボランティアの中でも,数少ない成熟した大人の男であった.

「話を聞くのは苦手だ.俺は現場が好きだ」
そういいながら,実に沢山の本を読んでおられた.
ソローの「森の生活」も読んでおられて,鋭い批評を送って来た.

未だ未だ,色々な事を教わりたかった.
未だ未だ山野で活動したかったろう.
短い付き合いではあったが,その志を大事にしていきたい.

御冥福を祈る.合掌.

妙見の県道 本日開通

中越地震で斜面が崩落して,通行中の車が巻き込まれた妙見の県道が本日開通する.皆川優太ちゃんが救出されたが,他にも何台もの車が巻き込まれている.ドライバー同士が助け合って現場から脱出したことは余り知られていない.

妙見(白岩)の崩壊現場

写真は開通少し前の状況である.崩落現場を谷状に削っている.元はもう少し平らだった気がする.信濃川を望みながら,小千谷をかすめて川口町へ向かう車窓も変わったのだろう.

中越地震で優太ちゃん救出現場の県道、24日開通 新潟


山古志住民が支援感謝記念碑

山古志住民が支援感謝記念碑

 中越地震で全村避難した旧山古志村住民が、全国からの支援への感謝を込め記念碑を建立し12日、長岡市の国営越後丘陵公園で除幕式が行われた。

以下,新潟日報記事
降水短時間予報
Yahoo! 基金
訪問者数

Archives
QRコード
QRコード
shinobi
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
新潟県の天気
Googleで検索
Google

WWW を検索 このブログ内を検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ