地震と坐骨神経痛の日々

中越地震のその後と自身の坐骨神経痛について書き綴る.

結露・漏水

3月の雪解け時ー軒の水の伝わり

動画(要QuickTime).

軒の真ん中辺りから水が落ちているのがよく分かる.

小千谷 平沢仮設にて

屋根に上って折板の状況を確認する.穴は開いていなかった.断熱材(スチレンフォームらしい)があるためか,折板と折板が綺麗に重なっていない.また,本来谷と谷を重ねないといけないのが,山の一部を重ねているだけである.これだけ隙間があると,雪で屋根に溜まった水が深くなると,水が入り込む可能性があるのではないか?

平沢仮設の折板1平沢仮設の折板

木質系仮設住宅【2】−これなら安心−

簡素だが,上品なたたずまい.柱や壁は木なので結露無し.

ある住民の話.「20年住んでいた家を壊したら断熱材が全然入っていなかった.それに比べてここは暖かくてよい」

調査を続けていて,初めて安心した声を聞くことが出来た.こうした仮設住宅を改良すればよいだろう.

木質系 玄関木質系 上がり口
木質系 天井木質系 柱

木質系仮設住宅【1】

柏崎の北条・東条の仮設は,地元の業者により,木質系仮設住宅が建てられている.屋根には傾斜があり,軒はコーキングされている.室内の湿気により天井裏が結露し,稀に結露水が室内に垂れて来ることがあった.一部の軒下の三角部を取り払ってからは,そうした結露は生じていないとのこと.
木質系仮設全景(集会所)木質系 コーキングされた軒

新潟県北部地震の仮設

阪神・淡路から数ヵ月後に発生した笹神村の地震で作られた仮設住宅の写真がありました.三協フロンティア製でユニットタイプですが,現在と異なりトイレが屋外にあったりします.

災害OUTSIDE

福岡西方沖地震と仮設住宅

福岡西方沖地震では,玄界島の住民のための仮設住宅が建てられると思われる.下記の点に注意が必要である.

1)設置場所
・玄界島に安全で広い公有地があるかどうか?
・島外に作った場合,家屋からの物資持ち出しが困難
2)構造
 中越地震の仮設住宅の様な,結露・漏水が起きないように,設計を変更すべき.

 建てる戸数も少ない事から,木質系の仮設住宅建設が十分可能であると思われる.地元の業者を活用し,また職を失った島民のために,仮設住宅建設に島民を雇用すべきである.

「仮設住宅補修ボランティアの経験を通して」乾物屋

「乾物屋」さんのメモにより,阪神・淡路大震災の仮設でも,今回の中越地震と同様,漏水が起きていたことが推定できます.貴重な情報を提供して頂き,有り難うございました.

...................
#6 天井
        パネル形式の天井は固定せず置いてあるだけ
        雨漏りを吸い込んで、パネルが反り返り隙間が生じている
        断熱材が漏れてきた雨水を吸い込んでしまう
..................
9年の歳月を超えて  [阪神大震災・記録] より

阪神・淡路大震災の仮設住宅の【結露】

乾物屋の軒先(防災センター)
に天井や,天井の断熱材の写真が載っています.やはり,今回の中越地震の仮設と同じ様な漏水・結露があったのではと推察されます.
めくれ返る天井
めくれた天井の裏は
結露 水滴取り

東京苔野島会を覗く

東京出張の途中で,五十嵐氏に会いに,氏も参加する東京苔野島会(新潟県小国町苔野島 出身者の会)の飲み会に顔を出す.農家の次男,三男で,小国を出て東京に居を構えた人達.郷里への想い,とりわけ地震後の現状について気に掛けておられる.

一方で,五十嵐氏の活動に加わって,田畑の手伝いをすることには,ずっと地元で営農して来た人々の事を気遣って,「行ってもいいのだろうか」「急に我々が入り込んで良いのだろうか」という.分かる気がした.

こうした謙虚さは,郷里に居た時も,東京に出た後も変わらないのだろう.こんな人々が日本経済を支えてきた.

「(仮称)被災地仮設住宅居住改善ネットワーク」結成

「(仮称)被災地仮設住宅居住改善ネットワーク」を私,形象社 五十嵐氏,おぢやのおやじママ,欠陥住宅甲信越ネットの市川氏,滝沢氏,渡邉氏で結成する.

その趣旨と,3/5に私と五十嵐氏で現地調査した結果はこちら.

「(仮称)被災地仮設住宅居住改善ネットワーク」現地調査報告書
降水短時間予報
Yahoo! 基金
訪問者数

Archives
QRコード
QRコード
shinobi
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
新潟県の天気
Googleで検索
Google

WWW を検索 このブログ内を検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ