2007年06月05日

恵みの雨連載・2007 1・なぜ、教会に行かないのか?

a8a00240.jpg韓国のある脱北者支援団体がソウルに在住の脱北者数百人に対し、アンケートを行なった。
アンケートの質問と結果は、下記の通り。
続きを読む

nkmission at 10:21|Permalinkclip!恵みの雨 2007 

2・引き裂かれた痛み

64f32f65.JPG中国に潜伏している脱北者の数は、10万人以上とも言われている。
何度も書いているように、脱北女性の90%以上が人身売買で中国人の花嫁になっていくわけだが、そうして生まれた子供たちは5万人以上に上るといわれている。
その子供たちは、中国側からすれば母親が不法滞在であるため、戸籍がない。
さらに、この世に存在しないとされているので、教育も受け入れらない。
続きを読む

nkmission at 09:34|Permalinkclip!恵みの雨 2007 

3・地上は決して「天国の待合室」じゃない

317022b4.JPG韓国に亡命してきた脱北者は、1万人に到達しようとしている。
日本でもアメリカ同様「北朝鮮人権法」が制定され、これから脱北者がどんどん増えていくだろう。
中国には10万以上の潜伏者たちが強制送還の恐れを抱きながら暮らし、東南アジアに漂着した彼らは、韓国、アメリカ行きを望んでいる。
ソウルの宣教事務所の電話には毎日「助けてください」という声が届き、メイルで救援を求める人々が後を絶たない。
続きを読む

nkmission at 08:43|Permalinkclip!恵みの雨 2007 

2007年06月04日

恵みの雨連載・2006 1・Jさんの新しい人生

8d302857.JPG結婚式場に向かう電車の車窓から山々が見えてきた。そんな光景を見ながら、私は2年前、新郎のJさんのもとへ行った日のことを思い出していた。
2年前のある日、彼が勤める牧場に宣教会の牧師夫妻とともに車で向かった。
Jさんにある事実を告げに行くために。
牛舎の中から作業着で出てきたJさん。
「こんなところまで、来て下さって」とあいさつをかわしてから、自分が働いているところを案内してくれた。
続きを読む

nkmission at 10:34|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

2・命と信仰のバトンタッチ

4c14bf82.jpgメコン川で殉教したジェフリー・朴牧師が、その命と引き換えに助けた6人の脱北者たちが韓国へ入国し、月曜日の脱北者祈祷会に参加するためにソウルにやってきた。
私たちの宣教会を通して、今まで500人ぐらいの人が韓国へ入ってきている。
しかし韓国へ来た後、祈祷会に参加して自分たちのために祈ってくれていた人たちを尋ねて来るものは殆んどいない。
続きを読む

nkmission at 10:30|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

3・この隣人たちを愛せるか?

31610f18.JPGインターネットで検索したり、テレビにチャンネルを合わせなくても、私たちのすぐ近くに脱北者が住むようになり、現在は6000人ともいわれているし、1万人になるのも目前となった。
大部分の脱北者たちは、中国にいる時に宣教師たちを通じてキリスト教に出会い、そこで神様について知り、信じるようになるが、脱北者たちは、韓国に入国すれば教会を遠ざけるようになる・・ということは、今までに書いてきた通りだ。
それに加えて、最近聞こえてくるのは、隣に住むようになった彼らのさまざまな声だ。
続きを読む

nkmission at 10:18|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

4・地下鉄は信仰を乗せて

ff12c094.jpg私が中国で助けていた金さんがソウルで結婚したのが、2年前。その娘が1歳になるという。
韓国の伝統的な行事に一歳になった記念のお祝い事がある。
それに参加した夜のこと。
この家族は、脱北者の中でも韓国定着に成功している。
金さんは車の販売会社で一生懸命働いており、家族はいつも幸せそうに暮らしている。続きを読む

nkmission at 10:16|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

5・日本での北朝鮮宣教

f8417f40.JPG最近は、アメリカや日韓で北朝鮮人権のための会議などが多くもたれるため、いろいろな団体と知り合うことが出来、私たちの宣教会も日本のNGOと交流を持つことが多くなった。
先日、日本のNGOのAさんが事務所に来られた。
続きを読む

nkmission at 10:12|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

6・北朝鮮の宗教対策と教会

fb266467.JPG北朝鮮の宗教批判の資料を読んでみた。
まずは、〈金日成著作選集 1・2冊〉に収録された内容である。
金日成は、宗教に関してこのように書いている。

《宗教は非科学的だ。今日、現代科学を信じる人ならば誰もが神が天にいると信じるだろうか。宗教は一種の迷信だ。キリストを信じようが、仏教を信じようが、それは本質上すべて迷信を信じることなのだ。》続きを読む

nkmission at 10:08|Permalinkclip!恵みの雨 2006 

7・天のポスター

73f000cf.jpg「早いうちに中国に隠れている脱北者たちが、中国から第3国へ抜け、さらにアメリカ大使館に亡命を申請後、アメリカまで飛行機で入国するようになるだろう。」とアメリカ・ハドソン研究所のマイケルホロビィツ氏は語った。
2004年にアメリカで制定された“北朝鮮人権法”。
この法律制定のために核心的な働きをしてきたホロビッツ氏は、北朝鮮の人権問題に強く関心を持ち、今回の受け入れにも積極的に働きかけた人物だ。
続きを読む

nkmission at 10:06|Permalinkclip!恵みの雨 2006