April 30, 2011

泌尿器疾患と漢方薬

高齢者で、前立腺肥大、膀胱炎、夜間の頻尿、くしゃみで尿もれ、精力増強希望の方は、八味地黄丸(八味丸)(はちみじおうがん、はちみがん)か、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)が良いです。

バイアグラにはかないませんが、下半身も元気になってきます(じわじわ)。

半年くらいは飲むつもりで、のんびり長めに飲んでいると、「最近、元気ですねー」と言われるそうです。

疲れにくくなってよく動けるようになった、という方もおられます。

ただ、地黄(じおう)という成分が入っていますので、胃にさわる人がいます。

胃にさわる人は竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)、清心蓮子飲(せいしんれんしいん)などがあります。

急性の膀胱炎には、猪苓湯(ちょれいとう)があります。

尿管結石の激痛には、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)とブスコパンの併用でも良いです。

元気なく、男性不妊には、補中益気湯(ほちゅうえきとう)です。

心身症的な要素もある時は、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)です。

男は繊細ですから、言葉でいじめられるとすぐ精神的にダメになることが多いです(単純だもの)。






nkodomoc at 06:00★★健康アドバイス★★  
月別です
QRコード
QRコード
Recent Comments
  • ライブドアブログ