2006年11月

2006年11月28日

クソー!出てきやがれ!

ゴールドジャケちょっと、まあ皆さん、聞いてください。

久しぶりにヤフオクにレコードを出した時のお話です。。。このレコード、よく見る「Please Please Me」のレコードだと思われるかもしれませんが、これはイギリスオリジナル盤の中でもレア度の最も高い通称「ゴールドパーロフォン」のモノラル盤なのです。「ゴールドパーロフォン」というのは63年にイギリスで発売された時に、最初の2ヶ月間だけ「ゴールドパーロフォン」と呼ばれるレーベルでプレスされたレコードのことを言います。これがマニアに人気があるのは、特にこのゴールドパーロフォン盤は音が太く、素晴らしい音だからなんです。本当に4人が目の前で、それもキャバーンクラブみたいな小さなライブハウスで演奏しているみたいな、荒々しいエネルギーが本当に出てきてる感じがします。

実はこのレコード10年以上前に探して、やっと手に入れたんですが、傷が多くあまりコンディションが良くなく、もっといいコンディションのものに買い換えたいと思い、その資金のためにヤフオクに出したんです。自分の希望としては4万円ぐらいならいいかな、と思っていました。(皆さん、4万円と聞いてビックリされているかもしれませんが、モノラル盤で新品同様でしたら20万はします。ステレオ盤なら50万円はするんですよ!アホでしょ)

ゴールドレーベル

思い切って1,000円からスタートしました。そうしたらみるみる上がって3万円台になりました。最終的には39,500円で落札されたんです。「まあ、4万円にはいかなかったけどマズマズかな」と思っていました。そうして5分後ぐらいに落札者にメールを送ろうとしたら、ななナント、跡形もなく落札者のIDが消えているではありませんか!

「や、や、やられたっ!」その落札者、新規IDだったので嫌な予感がしたのですが、なんと入札を故意にして妨害するイタズラだったのです。。。。。実は同じ日に同じレコードを出している人がいたんですが、そのレコードの落札者も同じヤツでした。

「コノヤロー!出てきやがれ!」

パソコンの画面に吠えている僕を見て、家族の視線は私に冷たく突き刺さっているのでした。。みなさん、ネットオークションくれぐれもご注意を



nksmkzts4068 at 20:51|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ビートルズマニア | 生活

2006年11月23日

「LOVE」はやっぱり凄かった!

love2みなさん、ビートルズの新譜「LOVE」はもう聴きましたか?僕は20日の発売日のお昼に会社を速攻で飛び出して、近くのCDショップで買いましたよ!僕はもちろん5.1チャンネルのDVD付きのスペシャルパッケージのを迷わず買いました。

←これ買ったばかりの「LOVE」、今から封を開けるぞっ!ていう瞬間

この封をあける感覚は、初めてお願いする女性の服を脱がす感覚に近いかも・・・(すいません!喩えが悪いぞ)

で、早速車の中で聴きました。まず第一印象、音が格段にいい!この音質でもう一度オリジナルアルバムを出して欲しい。そして、意外にオリジナルが尊重されているということ。勿論、神業的な違う曲どうしを組み合すという面がクローズアップされていますが、キーを変えたり、テンポを変えたりして無理矢理ミックスしたものはないようで、オリジナル曲を尊重して幅を拡げている感じですね。

特に私が気に入ったのは「Drive My Car」に「What You Are Doing」をつなげて「Taxman」のギーソロが入るヤツです。まあ、これ以外にも本当に意外な曲同士がくっついたりして驚きの連続でした。

でもホント賛否両論に分かれていますね。確かにビートルズの新譜というには抵抗があるけれど、新しいビートルズの幅が広がったと思えば、楽しみ方も増えるんじゃないかな。勿論、オリジナルに勝るものはなし!ですし、何回もこの「LOVE」を聴くか?といわれれば疑問です。でも僕は聴いてて充分楽しいし、何よりもこの何か新しいことが起こるたびのワクワク感は、ビートルズファンの醍醐味ですよ。まだまだビートルズの伝説は終わらないのです。

love 4まだ実は5.1チャンネルのDVDはまだ聴いていないのですが、聴いた人の話によるとこれもまた経験したことのない立体感らしい。。。この週末はこのDVDを聞いて昇天したいと思います。皆さんのご感想をお待ちしております。

 

あとに続くのはデジタルリマスターの映画「LET IT BE」かな・・・?

 



nksmkzts4068 at 19:31|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2006年11月19日

「LOVE」は凄いらしい・・

loveいよいよ11月20日にビートルズの最新アルバム「LOVE」が発売されますね。20日が近づくにつれて、周りもざわついて来た感じがしますね。先日もフジの「めざましテレビ」の芸能コーナーで「LOVE」のTVコマーシャルが初登場で放送されました。その時、僕は初めて「LOVE」の音を聴いたのですが、思わず朝ごはんを食べていた手が止まってしまいました!「す、す、すごい・・・」

実は僕、全然期待してなかったのです。だって最新アルバムってたって、なんかサルティンバンコみたいなサーカスみたいなショーのサントラでしょって。。いくらジョージマーティンが監修して息子がリミックスしてるっていっても、うーん、多分「スターズオン」みたいな曲を繋げたメドレーみたいなのだろうな、って思ってたんですよね。それが、数十秒のスポットだったんですが、正直驚きました。

デジタルの最新技術を駆使するということも勿論あるのですが、ジョージマーティンと息子のジャイルズマーティンはマスターテープからさらにセッションテープまでさかのぼり、ボーカルや楽器の音を引き出して、見事パズルのように組み合わせたんですね。レココレ

最新号のレコードコレクターズでは早速「LOVE」の特集が組まれていますが、アップルの徹底された秘密主義は凄いらしく、日本でも限定された人の事前試聴会も、荷物検査があって更に全26トラックの内15トラックのみだったそうです。実際にレコード会社にアップルから送られて来たのは、その15曲のみ入った、たったのCD-R1枚!それでも、その内容は驚きの連続だったみたいです。

実際、ビートルズの公式ホームページで登録すると、前述のTVスポットや4曲を聴くことが出来ますよ。(これだけでも正直感動します)

今までの「アンソロジー」や「LET IT BE  NAKED」などが発売されるたびに、僕は毎回思うのですが、本当にビートルズのファンやってきてよかった・・

デジタル技術で「Fee As A Bird」のような新曲(これを初めて聴いた時は本当に感動で震えが止まらなかった・・)や本当の姿のLET IT BEを聴くことが出来、そして今度の「LOVE」です。「LOVE」は賛否両論あるかもしれませんが、僕はアリだと思う。まだ聴いていないので何とも言えませんが、新しい形でビートルズの曲が生まれ変わる。。。それもジョージマーティンが監修という事ならば、何も言うことはありません。

でもとにかく、早く聴きたーい!

 



nksmkzts4068 at 11:37|PermalinkComments(9)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2006年11月13日

小さくなってしまった自転車

りく1昨日、下の坊主と二人で近くの公園に自転車で出かけました。

数日前まで昼間は汗ばむぐらいの暑さだったのに、昨日はもう初冬の寒さで、あまりの気温の差にちっょとびつくり。

やっと公園の木々も少し紅くなって来たカンジです。上の娘は近づいて来たバレエの発表会の練習で日曜もカミさんとバレエ教室に行っているので、最近こうして男二人で出掛けることが多いです。(娘もカミさんも頑張ってるなー、感心)

すると坊主が「パパもうこの自転車小さいよー。」と言います。ホントだ、ちょっと前に買ったと思っていた自転車がもう可笑しいくらいに小さい!ちょうど、その公園は日曜は「自転車天国」っていう公園用の自転車レンタルをやっていいるので、そこで自転車を借りて、ちょうどいいサイズを確認することにしました。

そこで最初は22インチの10段ギア付きの坊主が憧れているタイプを借りました。

りく2

するとスイスイ!すごい速い速い。

一見、ちょうどいいサイズでしたが、これではまた4年生ぐらいになると小さいかな。。。。。

じゃあ、もう一つ上の26インチを借りてみよう。最初はオッカナビックリの坊主も、いったんこぎ出したら、全然OK!

りく3

速いのなんのって、僕の乗るカミさんのママチャリでは全然追いつけない。風を切ってドンドン走って行ってしまう坊主。。。

「おーい、待ってくれー」

ちょっと前まで補助輪の自転車だったのに、今や10段ギアの自転車を颯爽と漕いでいる坊主。。。

こうやってどんどん知らない間に遠くへ行ってしまうのかなぁ。嬉しいようで淋しい親父でした。

りく4

 

こんな時はジョンの「beautiful boy」でも聴こう。

「通りを横切る前に、父さんの手をおとり。  
君の身に起こるすべてのことが 人生そのものなんだ。  
君が他のことに夢中になっているあいだも、その人生は過ぎていくんだよ」・・・



nksmkzts4068 at 12:47|PermalinkComments(5)TrackBack(0)生活 

2006年11月08日

ありがとう、ジョージ

georgeharrison もう11月ですね。もうすぐジョージの命日がやってきます。もう、5年が経つんですね。

私は30代後半になった頃から、急にジョージをよく聴くようになりました。恥ずかしい話、何かやっと今頃分かり始めたというか。。。

そのジョージのアルバムの中で自分のベストを挙げるとすると、迷わず「George Harrison  邦題:慈愛の輝き」を挙げます。このアルバム、派手なアルバムではないのですが、本当にジョージのナチュラルな優しい愛に溢れたアルバムだと思うんです。聴いてて本当に癒されます。この時期のジョージは、オリビアと再婚し、念願の一粒種の息子ダニーをもうけて、本当に幸せな時期だったんでしょうね。「Blow Away」も本当にジョージの晴れやかな気持ちを素直に表現した曲ですし、「Faster」も当時のジョージのモータースポーツに対する思い入れを表していると思います。

そしてこのアルバムの私のベストソングは「Your Love Is Forever」です。ジョージにしては珍しく長いイントロでジョージ特有のコード進行で、本当に素敵なバラードですよね。

今年の7月に私の母が他界したのですが、その頃母の入院する病院の往復で車を運転しながら、このアルバム、そしてこの曲をよく聴いていました。ちょうどその頃、僕は母の容態や会社のことで、すごく精神状態が不安定だったのですが、この曲を聴くと本当に落ち着いたんですね。何度もこの曲のジョージの優しい歌声を聴いて、車の中で一人で泣いていました。

僕の心を落ち着かせてくれたのは、その時はジョンでもポールでもなく、ジョージだったんですね。

ありがとう、ジョージ。

 

さて、あなたのジョージのベストアルバム、ベストソングは?

GeorgeHarrison.com

 

 



nksmkzts4068 at 01:10|PermalinkComments(5)TrackBack(0)生活 

2006年11月03日

ダンナ、いいブツ入りましたよ 〜蒐集日記1〜

今回は私のライフワークであるレコード収集の現場を、リアルにお伝えします。

ある日、私の行き付けのレコードショップ「ナカシマレコード」の中島さん(実は私と同姓ですが血縁じゃありません)から、携帯に電話が「ダンさん、いいブツが入りましたから、一度見に来てください。」 「えっ、何が入荷したの?・・・・・ええっ!マジっすか?、い、い、行きます。」

ここのナカシマさんとは長いお付き合いで、ずいぶんお世話になっています。こうやって、掘り出し物のレコードが入荷すると、電話をくれます。こんな電話が入ったら、居ても立ってもいられるわけないじゃん。。コレクターとしての悲しい性。

ナカシマレコード

 

店に入ると、こんな不敵な笑みで僕を迎えるナカシマさん。

挨拶もそこそこに「早速ブツ見せてよ。」 「いいですよ」

本当に知らない人から見たら、アブナイ会話。ナカシマさん、店の奥からゴソゴソとお目当てのレコードを出す。

VJ fourseasons

それがこのレコード。知らない人が見たら、何てことないダサいジャケットのレコードでしょ。

このレコード、アメリカのマイナー弱小レーベルから1964年に出た「Beatles  VS  Four Seasons」というレコードなんです。63年頃はまだビートルズはアメリカで全然売れてなくて、キャピトルレコードから出る前にVEE JAYという弱小レーベルからしかレコードを発売されなかったんですね。しかし、64年になるとアメリカでもご存知の通り、ビートルズ旋風が吹き荒れ、その時にビートルズとの契約終了寸前に最後の悪あがきでVEE JAYが出したのが、このヘンテコなズッコケレコードなのです。

でも、それが今では超レア盤として、マニア垂涎の一枚なんですよ。そして、このナカシマレコードさんの凄いのは、このレコード自体がレア盤であるだけでなく、その状態もかなり良く、そしてさらに当時このレコードにオマケで付いていたポスターが完品であるというところなんです!!!(多分、これを読んでいるほとんどの人が「はあ?それで?」というリアクションなんでしょ)

VJポスター

そのポスターがこれ!(実にチープなポスター)このポスターが付いているのと付いていないのとでは大違い!実は僕はこのレコードはすでに持っているんですけど、ポスターが欠落しているんですよ。

僕はコレクター25年ぐらいやってますけど「現物初めて見た!」と言ったら、ナカシマさん「業者の僕も初めてです!」だと。

気になるお値段ですけど・・・・うーん、まあ6桁は当然だわな。そんなブツを真剣に、どうやったらお金が調達できるかな☆#@$£・・・・と考える私。。アホでしょ。これは死ななきゃ直らないのか?

ゴールド

それで帰り際にまた「こんなのも入りましたよ・・」とさらにナカシマ氏は1枚出したのでした。普通の「Please Please Me」に見えるでしょ。実はこれはイギリスオリジナル盤の中でもマニア最高峰の「ゴールドパーロフォン」と言われるシロモノで、これまたコンディション最高!

これはまた次回解説します。。。もーイヤッ!

 



nksmkzts4068 at 23:50|PermalinkComments(5)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記