2007年01月

2007年01月28日

お帰りヘフナー

先回のエントリーでケースから出したら錆だらけだった愛しのヘフナーについて書きましたが、その後みなさんのコメントや直接お電話を頂き、メンテナンスをして無事生き返りました!みなさん、ありがとうございます!

ヘフナー3Yujiさんからはよく汚れが落ちるオイルを、またhandscomjpさんからは乾燥剤やリペアショップを教えていただき、最初は自分でシコシコやろうかなと考えていましたが、ボディーの中身や基盤、ネックも心配だったので、結局教えて頂いた名古屋の島村楽器さんにお願いすることにしました。お店でケースを開けてリペア担当の方に見せたら「アッチャー!」という一言。「この錆は落ちるかどうか分かりませんが、出来るだけのことやってみます」ということでお預けしましたが、一日で見事に生き返りました。ついでに弦もヘフナー純正(これが高い!)を張り替えてもらい、また乾燥剤もケースに新しく入れました。ごめんよ、ヘフナー君、これからはもっと大事にして、もっと弾いてあげるからね・・・」

ヘフナー4

でもこのヘフナーという楽器、なぜこんなに惹かれてしまうのでしょうか。。。もちろんポールが愛している楽器というのもありますが。ビートルズファン以外には全く興味を持たれないし、立派な楽器としても認められてないような感じですよね。ところがこのヘフナー、本当に甘くいい音がするんですよ。僕も実は本物を手に入れるまでは、まあ期待していなかったのですが、実際アンプに通して弾いてみて本当にその甘く素敵な音色に驚きました。

ビートルズ時代から、しばらく弾いていなかったポールにエルビス・コステロが「僕はあのベースの音が大好きなんだ、もう一度弾いてよ」とフラワー・イン・ザ・ダートのレコーディングの時に言ったのも頷けます。その後はポールもやっぱりこのヘフナーが大好きなんですね。またメインのベースとして復活しました。

paul with hofner

でも、この楽器、ポールしか似合わないのも事実。僕も欲しくて欲しくて、やっとの思いで手に入れて、自分で持った時にポールと全然違ってがっくりきた記憶があります。

ヘフナーのポールにしろ、リッケンバッカーのジョンにしろ、彼ら本人に憧れて手に入れることが、また歓びなんだろうなぁ・・・



nksmkzts4068 at 23:19|PermalinkComments(12)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2007年01月25日

たっ、たいへんだー

ヘフナー1

インセラピストさんの今日のエントリーを見たらヘフナーの渋い写真が載ってて、あっそうだ、近い内に使う機会があるから、久々にケースから出してみよっと、て私も自慢のヘフナーを出しました。

そそそしたら・・・SO! ( DESYO か!?)

たたたいへんだー!錆だらけだー!

ピックアップまわりを中心にすごく鮮やかなペパーミントブルー(?)の錆がすごいこびり付いちゃってました。(緑青みたいな錆?ロックショウ?)

ヘフナー2

こんな時、どうやって手入れしたらいいんでしょうか?ハードケースに入れておいたのに・・・湿気が多いのかな?ヘフナーはすごくデリケートに出来ているので、ボディーも心配です。

こういう楽器の手入れ詳しい方、ぜひ教えてください!(クラスメートのYujiさん!教えてー)

 

 



nksmkzts4068 at 00:05|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2007年01月18日

今この瞬間を生きる、ということ

阪神大震災今日は12年前に阪神大震災が起こった日。

ブログ仲間の実家が神戸のRicoちゃんのエントリーで「明日は確実に来るわけじゃないんだ」と語った言葉はとても重い。当たり前のように普通の明日が来ると思っていた自分には。

僕は5年前から、ある経営者の研修塾で学んでいる。

そこでは常に「死生観を持て」と教えられる。明日が必ず来るとは誰も保障できない。人は誰でも明日死ぬかもしれない。だから死生観を常に持って生きろと。今この瞬間、瞬間を悔いのないように生きろ。他の人のために今、自分は何が出来るのか。自分は何のために生きているのか。それを常に考えて生きるのが経営者だと。いや、経営者である前に人であれと。

本当になかなか出来ることではない。油断するとすぐ僕は自分のことばかり考えてしまう。家族、友人、社員さん、社員さんの家族のことを思い、自分を律しながら生きる。そんな人間になりたい。

this onePaul McCartneyの「This One」という曲は今この一瞬一瞬を大切にしようという歌だ。ポールはインタビューで「何千年も前の時から、これからの未来も全てこの今がつながって出来ているんだ。全てはこの一瞬だよ。だから人は今この時を大切にして生きていかなきゃいけないんだ。そんな事を伝えたくてこの歌を作ったんだよ。」と語っている。曲調はポールらしいポップな曲だが、本当に大切なテーマの曲だと思う。

今日はこの曲を聴きながら、今この幸せな瞬間に感謝したい。

  Paul McCartney    This  One



nksmkzts4068 at 00:04|PermalinkComments(11)TrackBack(0)生活 

2007年01月11日

25年ものつのる想い

先日、あるレコードを3枚ネットオークションで落札しました。そのレコードはビートルズのプライベート盤、いわゆる海賊盤で実はこれらのレコード、私が25年もの間、恋焦がれていたシロモノだったんです。

judo arenaこの3枚はすべて海賊盤のピクチャーレコードで、ステージ写真の1枚は66年6月30日の日本公演を収録した「Five Nights In a Judo Arena」、映画LET IT BEの写真を使った2枚は、GET BACKセッションを収録した「Sweet Apple Trax 1&2」というものです。

これら3枚の海賊盤は1980年ごろ出回ったものですが、当時中学3年だった私はビートルズ・シネ・クラブ(現ビートルズ・クラブ)のファン会報で初めて知りました。当時はアナログレコードの海賊盤の全盛時代で、なおかつ粗悪な作りのボール紙の無地のジャケットにスタンプや1色印刷の紙が貼り付けてあるような海賊盤がほとんどの時代です。収録されている内容も雑音の間に曲が聞えるような音質のものばかりでした。その中で少しづつカラージャケットの海賊盤がチラホラ出始めていましたが、この3枚の海賊盤は最高の音質、内容でしかもピクチャーレコードという当時としては、マニア驚愕のシロモノでした。そしてその会報には「世界で1000枚限定プレスで、入手は極めて困難」と書かれていたのです。東京に住んでいるならともかく、当時の名古屋では手に入れることは本当に絶望的で、中学生の私はため息をつきながら、その会報を穴が開くほど見ていました。                                     

sweet apple 1

ある時、ナント!家族で東京に旅行に行くことになりました。こいつは私にとっては又とないチャンスです。当然、私は中学3年生であるのに、家族と別行動をとり、当時から海賊盤の聖地といわれていた西新宿に乗り込みました。でも軍資金は中学生ですから、たかが知れています。西新宿で3件目ぐらいの店でついに私はこの3枚のレコードを発見したのです!もう頭に血がのぼったのをはっきり憶えています。しかし・・・悲しいことにその値段は私の軍資金をはるかに上回るものでした。とは言っても多分1枚6,000円ぐらいだったと思います。でも25年前の中学生にとっては信じられないぐらい高い金額だったんですね。本当に素直だった私は(!?)両親にねだることもなく、がっくり肩を落として、自分の小遣いで買える範囲内の粗悪な海賊盤を2、3枚買って、東京をあとにしたのでした・・・・

sweet apple 2

その後、本当に僕は後悔しました。この3枚のレコードを想い続けて寝られない日もありました。(決して大袈裟な表現ではありません)「なんであの時買わなかったのか?世界に1000枚しかないのに・・・もう絶対、一生手に入らないんだろうな。」と真剣に思いました。その時の思いが今のコレクター魂の根本を作ったと言っても過言ではありません。私にとってはそれぐらいのレコードだったのです。その後もレコード屋に入ると必ず無意識の内に探していましたが、見つける事は出来ませんでした。

しかし、時は25年過ぎてインターネットが発達した今、これらのレコードと、それも一度に3枚ともに出会うことが出来たのです。もうこの時は少々高くなることは覚悟で入札して手に入れることができました。実際、手にとって見ると、なんてこたあないジャンクなレコードでした・・・でも、もうこれは想い以外の何物でもないですね。25年経ってやっと私のもとに来たレコード達はターンテーブルの上で楽しそうに回転しながら「やっと会えたね」と言ってくれているようでした。 



nksmkzts4068 at 00:34|PermalinkComments(10)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記

2007年01月05日

Watching Rainbows

あけましておめでとうございます。今年最初のエントリーです。今年も宜しくお願い致します。

さて、ブログ仲間のワインセラピストさんWakaさんも書かれているんですが1月3日の夜、名古屋近郊では夜空で不思議なことが起こりました。

夜空の満月の周りに大きな輪があって、その輪がなんと虹色に輝いているんです。カミさんの実家から帰る時に車に乗ろうと何気なく空を見上げたら、その不思議な月を見つけて、家族全員で見ました。満月の周りに輝く大きな夜の虹です。とっさに携帯で写真を撮ろうとしましたが、写りませんでした。カミさんの実家は田舎で周りに街灯などが少なくて暗いので、本当にきれいに見えましたよ。

そして今日、ワインセラピストさんとwakaさんもブログで同じ月を見たと書いてあったので、ビックリ!親しい僕の近くにいる人達が、同時に不思議な月を見ていたことに何かスピリチャルなものを感じました。(といったら大袈裟かなぁ・・・?でもホントです)

虹でも最近、僕は「虹」にはスピリチャルな縁があるんですよ。以前、mixiの日記でも書いたんですが、少し不思議な体験をした時に、きれいな大きな虹がでたんです。その時、僕はwakaさんや知り合いの女性の方たちと見たんですが、実はその時も同時に別の場所で同じ虹をカミさんと子供達も見ていました。

← その時の虹です。多分今まで見た虹の中で一番大きくて美しい虹でした。

 最近、ネットで話題の「虹の橋」という詩をご存知ですか?この詩は作者不詳らしいのですが、僕にはタイミング的に本当に泣けてしまいます。我が家には15年ぐらい生きた犬がいたのですが、この「虹の橋」を読んで、その犬とその犬を一番可愛がっていた今は亡き母が再会した光景が目に浮かびました。そしたらもう涙、涙です。(会社なのに・・・どうしよう)

「虹」って本当にパワーがあるんでしょうね、きっと。だから虹を見た時に我々はその美しさと神聖なパワーに惹きつけられてしまうのかも。

追伸:今回初めてビートルズが登場しないエントリーでした。。。まあ、いいか、たまには

 「虹の橋」:Rainbow Bridge

 



nksmkzts4068 at 00:10|PermalinkComments(9)TrackBack(0)生活