2007年10月

2007年10月27日

素晴らしい音楽に出会う歓び

コルネイユ

先日、ワインセラピストさんからAnn SallyのCDをプレゼントしてもらった。これがすごく良くて最近よく聴いている。というわけで、そのお返し・・・

最近、僕が出会った音楽の中で一押しなのがルワンダ出身のCorneille(コルネイユ)である。フランスでは既にかなりのスターらしいが、今回初めて英語のアルバムを出したということで日本でもデビューしたアーティストである。

最初は僕が車を運転していて聴いていたFMで流れて、「うわ、何だこの曲、すごいいい!」と思い、同乗していたカミさんがFM局に確認して、アーティスト名と曲名を調べた。その時の曲が「Too Much of Everything」だったのだが、その後CDも購入して最近は毎日のように聴いている。曲もいいのだが、その声質がなんとも落ち着く感じで本当に優しい。80年代のフレーバーがあって、とても癒されるのである。

本当に不意にいい音楽に出合って、それが自分の生活の中に溶け込んでくると、何とも嬉しい。それがまた友人に伝わり、その人も気に入ってくれると何か自分の友人がまた一人増えたみたいな感じがして、音楽の出会いも人の出会いと同じなんだなぁ、と思ってしまうのです。このエントリーを読んで、また誰かがCorneilleを気に入ってくれると嬉しいな。



nksmkzts4068 at 11:24|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

2007年10月20日

えーっ!僕がポール?

みなさん、ご無沙汰しております。(ってこの言い出し多いような気がする)久しぶりの更新です。仕事に私生活にバタバタしておりまして、なかなか更新が出来ませんでした。と、言い訳はこれぐらいに・・・。

以前、The Settsのブルーノートはお知らせしましたが、そのジョン役の近ちゃんから先日電話がありました。「ポーリー(最近Settsのメンバーは僕のことをこう呼びます)、Bearsのポールやってよ」 「えー!僕がBearsのポールを?」 The Bears というのは近ちゃん率いる名古屋の知る人ぞ知るビートルズ・コピーバンドであります。今はひょっとしたら名古屋でその世界では一番有名なのではないでしょうか?というのも毎月第3木曜日にライブハウス「アルマジロ」でビートルズナイトを主催していて、ビートルズを演奏する事の楽しさ、素晴らしさを伝えているからです。そんなバンドThe Bearsにいきなり誘われて驚きますよ。それに今までのポール役のとーるちゃんは人気があって歌も上手いし、背も高いし(あたしゃもすこし背が欲しい〜♪)、その後のポール役が僕に務まるのだろうか?何でもとーるちゃんがご家庭の事情で辞められるとのこと。近ちゃんは「まあ、難しく考えずにまずは練習おいでよ」と言ってくれて、先日初めて練習にお邪魔しました。なんか、オーディションみたいでしたよ(笑)。でも正直、本当に嬉しかったんですよ。そこで数曲を一緒にやらせてもらいました。

オーディション

The Bearsの皆さんは本当にいい方ばかりで、緊張の僕をリラックスするように優しく声を掛けてくれました。その時の本当に思ったんですが、ビートルズを演奏すると本当に楽しいことと、また逆に初期のビートルズの雰囲気を出すのはとても難しいということ。若い人や、テクニックに重視を置く人はビートルズのコピーをよくバカにしますが、とんでもない!?あの雰囲気やノリ、そして演奏しながらのあのコーラスは、そう簡単には出来ませんよ。これからもっとビートルズ道に精進したします!!

↑ オーディションを緊張しながら待つ人 (カオリン、写真お借りまーす)

さっそく、近ちゃんから、少しダイエットすることと、コーラスとボーカルレッスンの近ちゃんマンツーマンの練習が入りました。キビシー!でも大好きなビートルズを演奏することですから、頑張りマッスル!正式なThe Bearsデビューは11月になりそうです。皆さん、宜しくお願いしまーす!

初期のポールは本当にカッコイイ!

こんな歌と演奏を目指したいなー!(容姿はムリでも)

 



nksmkzts4068 at 17:21|PermalinkComments(13)TrackBack(0)生活 | ビートルズマニア

2007年10月08日

東京タワー

遅ればせながら、大ベストセラー「東京タワー」を読んだ。

今まで全然興味も無くて、読もうとも思わなかったし、テレビや映画も見なかった。大体、大ベストセラーになる本、それも「感動の」なんていう枕詞が付いたりすると、へそ曲りの僕は全然読もうという気にならないのだ。それにリリーフランキー?っていうオカマバーのママのような名前が、その固定概念をさらに助長した。

美女と野球

読もうと思ったきっかけは同著者の「美女と野球」を読んでからである。先日のブログでもエントリーしたベトナムに行く時、飛行機の中で退屈かと思い空港の書店で時間の無い中、パッと取った一冊で、「リリーフランキーか・・、まあいいや」とさして期待もせずに買った。そして行きの飛行機の中で読み出したのだが、それがどうして面白くて最高なのである。

内容はリリーフランキー氏が10年ぐらい前に雑誌に連載していたコラムを集めたものなのだが、お下劣なのだけれどもどこか日頃自分が感じている事と共通点もあり、また年齢も自分と同世代ということもあって更にとても共感を持てた。その中にもママンキーとして登場する「オカン」がガンになることや、東京タワーのくだりが短編として書かれていて、興味を持ったのである。でもここでは本当にさらりとそれもユーモラスに書かれている。皆さん、時間があったら是非これも読んでみてください。

そして僕は「東京タワー」を読んだ。内容はこれを読んでいる皆さんはもう既にご存知だろうから、ここで書いたら何を今さら、と思われるだろう。著者がビートルズが大好きでオカンにレコードを買ってもらったということや、就職面接で好きな言葉は?と聞かれて「All You Need Is Love」と答えて面接官に笑われる部分も親近感を覚えるが、何よりも「オカン」像が僕の「お袋」と雰囲気がとても近いことが何とも言えない郷愁を誘う。本当にありふれた物語なんだけれども、読む人誰もに共通する物語なのだろう。それがここまでのベストセラーになったんだと思う。

最後の50ページを読む時は涙が溢れて大変だった。タオルを片手に嗚咽しながら読んだ。ちょうどその時は営業中の途中休憩でコンビニの駐車場だったので、周りの人は「変な人」と思っていたに違いない。

僕が毎回連れて行くカノジョを友達のように思い (何人もいたけど・・)、夕食をごちそうしたり、自分の趣味で作った彫金のイヤリングをプレゼントした僕のお袋、すぐに周りに溶け込んで友達をたくさん作ってとても行動的だったお袋、僕のために一生生きてくれたお袋、この本でもう一度会えたような気がした。

 



nksmkzts4068 at 17:01|PermalinkComments(8)TrackBack(0)生活 

2007年10月02日

The Setts in ブルーノート!

setts 1 ついにThe Setts ブルーノートデビューです!以前にもご紹介した経営勉強会の音楽ゼミ発表会がさる9月30日に行われ、念願のブルーノートのステージに立つことが出来ました。

 

そして、今回のライブコンセプトは、あの「ルーフトップライブ」完全再現!演奏はもちろん、メンバーの着ている服も似たものを探して、暑い9月なのに真冬の格好で演奏しました。特に苦労したのはリンゴ良介の赤のレインコート。これは探してもないので、ジョン近ちゃんとカオリルが生地を探して、リンゴのレインコートを再現した一品!(カオリン、ありがとー!)またヅラや付け髭も!私の付け髭は鼻の下とほほの髭を付けたのですが、まるで山賊!そして、バックのスクリーンにはルーフトップのフィルムから、ロンドンの風景や地上のロンドン市民の所だけを抜き出して編集したものを投影して、雰囲気をだしたのですよ!で、肝心の演奏は!?うーん、ご愛嬌です。

pauly

ポール役のダン・コレステでございます。ジョン近ちゃんには弦もポールと同じブラックナイロン弦にしろって言われたけど、間に合いませんでした。ゴメンナサイ・・・

 

johnkonchan

 

ジョン近ちゃんです。雰囲気出てるでしょ。

でも汗ダラダラ・・・・

 

 

 

w geroge

 

同じ格好したジョージ古橋とハリソン小沼さんです。二人がいいプレイを聴かせてくれました。渋い・・・

 

billyyokota

 

ルーフトップといえば、ビリープレストン、でこっちはビリー横田。

ソウルトレイン?  宇宙人?

 

 

 

ryousukeringo

 

カオリン特製の赤いレインコートを決めたリンゴ良介。

でもレインコートは実はなんとパイプイスのクッションの生地なのだ!

 

 

 

setts 2

ステージ終わって記念撮影。ビリー横田の顔が分かりません。ヒゲの坊主はダンコレジュニア(小2)です。

 

 

 

何はともあれ、無事終わり実は演奏していた僕たちが一番楽しかったのです。終わってから「Get Backの歌声ポールに似てたよ」って言われてすごーく嬉しかったです。見に来て頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

実はThe Setts これで終わっちゃもったいない、ということで次回ライブ決定です!

12月8日(土) 名古屋ハートランド ジョンレノン・トリビュート・ライブ出演決定!

みなさん、またヨロシクお願いします!!!



nksmkzts4068 at 23:18|PermalinkComments(10)TrackBack(0)生活 | ビートルズマニア