2008年07月

2008年07月24日

今この瞬間を生きる

semi先日、早朝ウォーキングをしていて貴重な場面に出会いました。さなぎから脱皮したばかりのセミです。

まだ色も白く、となりには抜け殻があり、生まれ変わった瞬間をかみ締めているかのようにじっとしていました。

セミはご存知の通り、幼虫の状態で7年以上過ごし、そしてさなぎになり、さなぎから成虫になると僅か1週間でその命を終えます。

このセミも最後の数日の命を生き切ろうとしています。その1週間の間はきっと力強く鳴き、次への命を繋げるために生きます。まさに今この瞬間を生きるんですね。

我々人間はどうなんでしょうか。耳を覆いたくなるような事件が多発し、自分の欲望を満たす為に他人の命を簡単に奪う。その人の夢や未来を一瞬にして奪う。また自らの命を簡単に放棄する。生きたくても生きられない人だって沢山居るのに・・・。

もうすぐ母の三回忌が来ます。母も命が絶える寸前まで生きようとしていました。最後は1秒、1秒を振り絞るように生きていました。その命日の直前にこのセミに出会えたのは、母からのメッセージだったのかもしれません。

ジョンが残した名曲。ジョンのバージョンではありませんが、素敵なビデオだったので・・。(モーリー、この曲をブログで紹介してくれてありがとう。僕はこの曲、しばらく忘れてたよ)



nksmkzts4068 at 19:20|PermalinkComments(15)TrackBack(0)生活 

2008年07月19日

ネットで再会!

少し前に、Live! The Bearsの助っ人ドラマー、青りんごさんは偶然再会した大学時代の軽音の同期だとお話しました。実はつい最近も大学時代の友人二人にネットで再会したんです。

モーリー一人は、これまた大学時代の軽音の同期であり、友人です。少し前の私のこのブログにモーリーという名前でコメントが入りました。その時、すぐには誰か分からなかったのですが、ひょっとして思う友人が一人いました。彼も当時、ビートルズが大好きでよくビートルズ談義をしていたM君です。リンクの貼ってあったブログを見ると、何と彼も大阪で The Beatnoiseというビートルズ・トリビュートバンドをやっているではありませんか!写真を見ると、やっぱりM君です。そこで私もお返しに、彼のブログにコメントを入れました。そしてお互いにミクシイをやっていることも判明、連絡先を入れると早速電話が。20年前と全然変わらない声でM君、モーリーとお話を久しぶりにしました。

何でも5月に出たNHK BSの「熱中夜話」を見て、僕が出ているのに気付き(!)共通の友人に連絡して自宅の連絡先も調べたそうです。でも20年も会っていないのに、よく分かったもんです。そして話をしていくと、お互いにビートルズのバンドをやってて、Bearsが2月に対バンしたThe Beatwaysさんのこともよく知ってるとか、以前ブログで紹介した名古屋の楽器リペアのKEITHさんにも行ったことがあるとか、すごく共通点が多くてビックリ。いやー、ビートルズのお陰で、色んな人に出会えたり、また旧友とも再会出来て、本当に偉大な4人に感謝です。また名古屋や大阪で対バンしたいなぁ、これからもモーリー、よろしくね。

そしてもう一人は同じく大学時代に一緒にバンドをやっていた女性、Fさんです。彼女は違う大学だったのですが、共通の友人から知り合い、一緒にバンドをやっていました。バンドは短い間でしたが、その後は友人として、当時はお互いの青春お悩み相談室だったんですねー。上のモーリーの件もあり、Fさんどうしてるかなぁ、とふと思い出して、ネットで名前を検索してみました。Fさんはもともと演劇の方も力をいれていたので、そちらの関係で所属している劇団が分かり、その掲示板に書き込みをしてみました。すると劇団の方からご親切に連絡先を教えていただくことが出来て、先日メールでその彼女と再会することが出来ました。なんでも今は結婚して上海に住んでいるとのこと!お互いに近況報告をして本当に懐かしい話にメールで花が咲きました。

20年前に僕が京都の大学を卒業して名古屋に帰る時に、そのFさんからCarol KingのCD 『Tapestory』を貰いました。今日はその中の思い出の一曲「You've Got a Friend」を聴こっーと!



nksmkzts4068 at 16:10|PermalinkComments(13)TrackBack(0)生活 

2008年07月12日

ビートルズ人形

最近、真剣にボーカルレッスンに通おうかと悩んでいるダン・コレステです。ビートルズをバンドでやる時に本当に重要なのは歌とコーラスですね。独学では本当に限界を感じております・・・ガンバリマス。

ディスプレイさて、私のブログでも今まで何回がコレクションのビートルズ人形が登場していますが、今でも探しているものが何点かあります。60年代に発売されたREMCOのシリーズや80年代のサージェントのものなどなど・・・人形なんて全然欲しくない、というマニアの方もいますが、私はなぜか人形モノにけっこう惹かれるんですよ。こうやってコレクションの棚の中を見ると、やっぱり人形関係(ここに写っていないものもかなりあります)やおもちゃ系のグッズが多いですね。基本的にやっぱりビーオタなんだな。

You Tubeでこんな動画を見つけましたよ。マリオネットのビートルズですが、すごく4人の動きの特徴をつかんでいてビックリです。特に腰から下の動きなんかはヘタなコピーバンドより、よっぽど似てますね。



nksmkzts4068 at 13:13|PermalinkComments(14)TrackBack(1)ビートルズマニア | 蒐集日記

2008年07月06日

ベイシティ・コレステローラーズ!?

今、私が所属してるバンドは「Live! The Bears」、そしてハワイアンバンドの「MaunaKea(マウナケア)」、そして企画モン?のサザンオールスターズのコピーバンド、「サンザン・ザ・セッツ」の3つあります。3つ目の「サンザン・ザ・セッツ」は私が所属している経営者勉強会の音楽ゼミのバンドなんですが、これは毎年恒例、夏のブルーノート貸し切り発表会で演奏する予定で、昨年はビートルズのルーフトップ再現の「ザ・セッツ」であり、今年はバンマス近ちゃんのプランでサザンのコピーバンドの「サンザン・ザ・セッツ」という訳です。(発表会当日の8月24日は本物サザンの活動最終ライブ、横浜アリーナ最終日というオマケまでつきました)

もちろんサンザン・ザ・セッツは8月24日発表会を目指して活動してるので、まだこれからなのですが、早くも来年のプランを私は思い付いてしまいました。先日、名古屋メモリーポップスで東京・長野からTeaさん、りっちぃさん率いるTRY2さんのライブを観たのですが、この時アンコールで演奏された曲が、あのベイ・シティ・ローラーズの「Saturday Night」だったのです。その時、この曲のキャッチーなメロディと、われわれ世代の妙な懐かしさと甘酸っぱさが私の大脳を刺激して「来年はコレだっ!」とキターッ!のであります。そう、来年はベイ・シティ・ローラーズのコピーバンド「ベイ・シティ・コレステローラーズ」だっ!全員でタータンチェックの衣装だーっ!どうです?ダメ?

その時のTRY2さんのSaturday Nightの動画見つけちゃいました。これ、これ、これでんがな

ベイ・シティ・ローラーズは私が小学生5,6年の時に来日して、当時すごい騒ぎになっていたのを覚えていますし、当時は「ビートルズを越えた」と言われていました。まだビートルズを聴き始めだった私は「本当にビートルズを越えたのかなぁ?」と心配していました。でも子供心にローラーズのアイドル的なビジュアルとキャッチーなメロディーに正直、心が揺れていたんですよ、実は。

これが全盛期のベイ・シティ・ローラーズ。何なんでしょ、この明るさとポップさは!でも女の子達が夢中になったのも分かる気がするなぁ。

先日のTRY2さんのライブを見て、そんな思い出がポップなメロディーと一緒に蘇ってきたのであります。当時中学生、高校生だったお姉さま方も盛り上がりますよ。あっ!まだバンマスの近ちゃんに言ってなかった。



nksmkzts4068 at 11:09|PermalinkComments(21)TrackBack(0)生活