2008年09月

2008年09月30日

最近の掘り出し動画

今回はグッとマニアックにいきたいと思います(いつもか・・?)。最近はYoutubeにも随分ビートルズの動画が増え、定番のものからビックリするような初めて見るものもアップされています。(まあ私レベルのビックリですから、詳しい方からはそれほどでもないかもしれませんが・・)

最近見つけた、または紹介された動画で珍しいものを紹介します。

最初はこれです。64年のテレビ番組「Around The Beatles」でのシェイクスピア寸劇のフィルムですが、何とカラー(!!)です。フィルム的にはビックリするほどは貴重ではないかもしれませんが、カラーとなると話は別です。これを見た時は久しぶりにブルブルきました。でもよく見ると実はCGによる人工着色のようです。人工着色はOur WorldのAll You Need Is Loveが有名ですが、これは初です。残念ながら演奏シーンはありませんが恐らく演奏シーンもカラーで作成されている可能性があります。ぜひ発掘されることを願い、またどんどん白黒フィルムのカラー化をしてもらいたいものです。

次はライブフィルムですが66年のドイツ公演のカラー16ミリフィルム版です。これも珍しいフィルムですが、以前はサイレントでした。それにマニアが別に録音された音をうまく同期させて作ったものだと思います。いやはや世界中にはすごいマニアな人たちがいるもんで、こういった作業をシコシコやって作っているんですねー。有難いことです。

今でもこうして新しい映像などが出てくると本当にワクワクしてしまいます。他の人から見ると何がスゴイの?と言われてしまいそうですが、私たちにとってはエジプトの発掘に匹敵するようなことなんですなー、これが。まだまだきっと見たことないような映像が眠っているんでしょうね。これだからマニアは止められない。



nksmkzts4068 at 13:13|PermalinkComments(17)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2008年09月22日

バンドは生き物

先日の9月14日に知多のビーチにてサンセットライブとバーベキューのイベントがあり、私の所属するハワイアンバンド「マウナケア」で出演してきました。9月の秋のビーチでしたがまだまだ暑いピーカンの日で、沢山のお客さんと2バンド出演で盛り上がりましたよ!

BBQパーティー1

当日は午後からリードウクレレ担当のワインセラピストさんと一緒に出掛け、PAセッティングからビール片手にお手伝いしました。もうひとつのバンドはU先輩率いる「シーブリース」というウエストコースト系のバンドで、これまたビーチにピッタリのサウンドです。

←最高の天気のビーチにセッティング完了したPA。いい感じです。

そして夕方からは涼しい風も出始めサンセットビーチで雰囲気も良い中、我々の演奏とフラガールの皆さんの踊りで盛り上がりました。お客様の中にはマイミクのdakkoさんやそのお友達、また顔見知りの人も多くて素敵な時間を過ごすことが出来ました。

BBQパーティー2

←サンセットビーチでフラの踊りと演奏する僕たち、素敵な写真でしょ(Dakkoさん、写真お借りします!)

でも実はこのハワイアンバンド「マウナケア」を私はそろそろ失礼しようかな、と考えています。参加させていただいて3年目ですが、当初ハワイアンのゆったりとしたビートや楽曲がとても新鮮で、すごく気持ちよく演奏させてもらいました。ただこの1年ぐらい前にビートルズのベアーズに加入して、私の中で新しい楽しさが生まれてきたのです。今まで聴いていただけのビートルズを初めて真剣に演奏するようになって、演奏するビートルズの楽しさ、奥の深さに気付いたのです。

それまではビートルズを自分が演奏する事なんてとんでもない、と思っていましたし、ビートルズのコピーバンドを見るのも実は好きではありませんでした。それは自分なりのビートルズに対する愛し方だったんですね。でもこうやって演奏する機会があり、お客さんの前で演奏することになった今、逆にビートルズの演奏に中途半端なことは出来ない、と思うようになってきました。やるならば、とことん真剣に突き詰めよう、と。今はベアーズのためにボイストレーニングに通う事も考えています。

そうなるとやはりどこかでマウナケアに対して答えを出さなくてはいけないと。中途半端な気持ちでマウナケアに接することもバンマスの藤井さんや一緒に踊ってくださるフラの先生や生徒さん、またお客様に失礼だと思います。また自分の中でハワイアンの音楽に対してこれ以上感情を注ぎ込むことも難しいと感じています。

バンドはまさに生き物です。一人でもこんな気持ちのメンバーがいたら音楽として成立しないと思いますし、ましてやハワイアンのようなシンプルな音楽であればあるほど、それは如実に出てくる音に反映してしまう。・・・・・そんな中で結論を出そうと思いました。

素敵な音楽とそれを囲む素敵な人達・・・。

いつまでも居たい複雑な気持ちもあるのですが、これが今の僕の気持ちです。



nksmkzts4068 at 13:07|PermalinkComments(12)TrackBack(0)ウクレレ | 生活

2008年09月19日

100キロ歩行に出ます(汗)

私・・・・100キロ歩行に出ることになってしまいました・・・・(汗)。これは愛知県、三河の七福醸造さんが毎年主催する「三河湾チャリティー100キロ歩け歩け大会」です。安城市を出発して渥美半島の先端、伊良湖のゴールを目指すという気の遠くなるような大会です。

この100キロ歩行大会に昨年はウチの会社から社長と社員さん2名が参加して、ナント!三名とも完歩!そして今年はずーっと拒否していた私と他の社員さん2名と参加することになってしましました。大会は10月25日の朝にスタートして30時間の制限時間(翌日26日お昼まで)に完歩を目指します。でもこの大会の趣旨はタイムや完歩することが目的ではありません。(ここは強調!!)100キロを歩くことによって、自分の限界に挑戦する気持ちや、ボランティアの方々のヘルプにたいする感謝や歩ける健康に感謝、など色々な事に気付くことが目的なんですねぇー。

ゴール最初、僕は絶対にイヤだ!と拒否していました。でも自分の中でも今の「中途半端な自分」との決別したいという想いや、受験を控え毎日頑張って勉強している娘に対して父親の自分も何かの形で頑張りを共有したい、という考えから歩くことにしました。それに偶然なんですが、67歳の私の叔父も昨年参加していて、昨年は50キロでリタイヤしましたが、悔しいので今年もう一度参加するということで、「一緒に歩け!」と誘われ(というよりは半ば強制)たのもあります。

でも実はそのゴールの10月26日はその夜に「勝手にシンドバッツ」のライブがあるんですけど・・・。大丈夫かなぁ。でも、やると決めたのは自分ですから全力で頑張りますよ!まあ、当日もし余裕があったらボロ雑巾のようになった様子をブログで報告させて頂きます(笑)

ポールみたいに、こんなふうに楽しく歩けたらいいのになぁ。



nksmkzts4068 at 21:08|PermalinkComments(15)TrackBack(0)生活 

2008年09月12日

ポールはやっぱり死んでいなかった!

ビートルズにちょっと詳しい人ならば知っている「ポール死亡説」。まあ、今となっては笑い話なんですが1970年頃にアメリカ・イリノイ州の大学で学生が発行したノーザン・スター紙が元となり(実は1967年1月にポールが事故で死んだと言う噂が一度ロンドンで流れているそうです)そして記事がミシガン州デトロイトのラジオ局WKNRのDJラス・ギブによって紹介されてしまうことで、当時世界中に広まってしまった大事件です。

ポールは1966年11月に同乗者ふたりを巻き添えにした自動車事故で死亡。同年冬、ポールのそっくりさんコンテストが開催され優勝者のスコットランド人ウィリアム・キャンベルが優勝するも公表されずポールの替え玉となった。以降、他のメンバーによってファンに対しそれとなく真実を知らせるため曲やジャケ写にメッセージが刻まれたという・・・(よく考えられた話で感心します)
結局最終的には雑誌「LIFE」のインタビューで「僕は死んでいない。死んだ本人が言っているのだから間違いない」と語り、その噂は終焉しました。

でもやっぱりポールは死んでいなかった!

面白いこんなビデオを見つけました。確かにシワは増えたけど、この人基本的には顔変わってないんだなー。

このビデオ作った人、エライ!というかヒマ!

はい、もうひとつ

 



nksmkzts4068 at 18:21|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2008年09月05日

おまけの幸せ

先日、ブログ仲間のりっちぃさん(この方、女性ビートルズ・トリビュートバンドHipsのドラマーです)の記事に何気なくコメントをしました。その時の話が「生きる目的」で、りっちぃさんはこう書いていらっしゃいました。

 よく「自分は何をするために生をうけたのか」
「生まれてきた役割は?」とか「目的はなに?」・・なんていいます。

(中略)


目的・・そんなものは・・・ない(笑)


もし生まれてきた目的があるのだとすれば、
それは「生きること」そのもの。


しなきゃいけないこと・・なんてない。

何かをするために生まれてきたんじゃなくて、
「生きる」ってことを経験するために生きてる。

・・・・なるほど。その時の僕のコメントはこうです。

「生まれてきた役割っていうのは後付けかもしれませんね。
死ぬ時に分かるのかな。

でもまずは、僕はビートルズを好きになって、こうして色んな人と知り合えて好きな音楽をやって、多分ちょっと得して生きてます。」

何気なく書いたコメントだったのですが、すんなり自分から素直に出た言葉でした。その後、次のりっちぃさんのブログでも、僕のそのコメントに対して「おまけ」としてすごく素敵なエントリーを書いてくださいました。 詳しくはコチラを

そうなんですよね、ホント。愛する家族がいて、素晴らしい友人がいて、そして仕事があり、そしてビートルズがある。僕はたまたまビートルズと出会い、またブログを始めて色んな人と出会い、そしてベアーズのこんちゃん!はじめまたその繋がりで人や音楽と出会い、仕事をしながら好きな音楽をやっている。

嬉しい事、悲しい事、辛い事、色んな事があるけど、でも僕の人生、今のところちょっと得して生きてるかなぁ、と。生きてることプラスおまけまで付いてる。こんな幸せでお得なことがあるだろうか?それにこのおまけがワクワクするよね。

これからもこの「おまけ」の部分を大切に生きてこっと。(りっちぃさん、ありがとう)

rarebeatlesphoto

 

ちょっと君たち!すべて君たちのせいだよ!!

(まだこの頃は世界を揺るがすとは夢にも思わない4人であった・・・・笑)



nksmkzts4068 at 13:00|PermalinkComments(12)TrackBack(0)生活