2009年01月

2009年01月23日

嬉しいプレゼント

ある日、小3の息子が「パパ、いつもありがとう」とプレゼントをくれました。小さなプレゼントでしたが、私には大きな嬉しいプレゼントでした(涙)

ストラップ

それはギターの形の携帯ストラップでしたが、ナント!ヘフナーの形のストラップなのです。

「パパ、プレゼント、いつもありがとう」と言って、何気なく「はいっ」て受け取ったらビックリ。どこで探してきたんでしょうか。カミさんに聞くと自分のお小遣いで買ってきたそうです。小3の坊主にしては、親バカですが、そのセンスに正直ビックリしました。

本当に嬉しかった・・・・。涙が出るくらい。 ありがとう!

上の娘は明日から受験が始まります。勉強嫌いの娘が本当に今までよくやって来ました。

あとは落ち着いて、自分の力を信じて。



nksmkzts4068 at 18:40|PermalinkComments(16)TrackBack(0)生活 

2009年01月19日

出来たよー!

以前、お伝えしたテディベアーズのせいこちゃんから譲ってもらったヘフナーが大手術を経て、生まれ変わってきました。70年代のシャークフィン・タイプのヘフナーをキャバーンタイプに改造してあったものですが、最初はネック調整と基盤、配線チェックだけをしてもらう予定でしたが、打ち合わせをしていくと、やっぱりどんどん改造点が増えて1年近くかかって出来上がりました。

revolution hofner

前にこのブログでお伝えしたのが昨年の2月「KEITH」さんに預けて1年近くかかって生まれ変わりました。最初はネックとフレット打ち直し、配線チェックと実用面のメンテナンスの予定でしたが、ビートルズ楽器に人一倍情熱を持つ「KEITH」オーナーの加藤さんと名古屋楽器マニアの重鎮、 I 氏(究極の325を作ったお方!)と打ち合わせを進めていくうちに外見もどんどん話が進んでしまいました。でも私の予算もあるので、今回は出来る所まで。でも随分、変わりましたよ!

某番組のように「ビフォア、アフター」で説明しますと・・・(左写真・ビフォア、右写真・アフター)

まず外見上で一番大きな変更点はピックアップ周辺です。まずシャークフィンタイプのピックアップにメッキをしたカバーを付けました。写真では分かりづらいかもしれませんが、キャバーンタイプのようにダイヤモンドロゴも手彫りで彫って付けてあります。そしてRevolutionのプロモのように大型のエスカッション(これも桜材の手作り)も付けました。

before1

after1

 

 

 

 

 

そしてヘッドも以前は元々のオーナーの方が自分で改造したと思われる縦型ロゴでしたが、これも本物ソックリのヘッドを書き起しで作成。そして良く見ると分かるのですが、ペグの位置まで変えています。(これは私は当初お願いしていませんでしたが、加藤さんがどうしてルックスが違うということで、職人根性で追加してくれました!)またネックもバインディングのあるタイプでしたが、バインディングを外して、指板と同じローズウッドを埋め込んでバインディング無しのネックに変身しています。

before2

after2

 

 

 

 

 

メッキパーツの再メッキも含め、その他も実は加藤さんは色々細部もこだわって手を加えてくれています。そして肝心の音は?これがまた素晴らしい!シャークフィン独特のパワーに加え、メロウな甘さもありビックリするぐらい良い音です。

でも僕は断言出来ます!「KEITH」加藤さんは日本で指折りのビートルズ楽器の職人です!東海地区では間違いなく1番でしょう。私がこのヘフナーを引き取りに来た時、ちょうどブログ仲間でビートルズ仲間のohbokeさんが右用を完全に左利き用に改造したJ-160Eを引き取りに来ていましたが、その仕上がりも素晴らしかったです。そんなコアなマニアの要望に応えてくれるギター職人さんは他にはいませんよ、絶対。

それでまた少し余裕が出来たら、塗装をさらにやり直して本物に近づけたいなー。(まだ、やるのかよ〜)



nksmkzts4068 at 21:17|PermalinkComments(12)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2009年01月14日

今年は〜♪いけそうな気がする〜♪

先日の土曜日、最近恒例の新年の書初めをしました。ある勉強会に入って新年にその年の抱負を書初めするようになって6年になります。今年はズバリ『日々鍛錬』です!ワッハハ!

書初め

今年はあらゆる方面で厳しい年になると言われています。従来は毎年、具体的に「経常利益○○○円」とか「新規開拓○○件」というような書初めをしていますが、今年は厳しい年だからこそ、足元を固め地道に進んでいく年にしたいと考えていました。

シンプルで分かりやすい言葉がなかなか浮かばず、先日の早朝ウォーキングをしながら色々考えて思い浮かんだのが「日々鍛錬」です。

一日一日の行動が血となり肉となるように全ての鍛錬であると意識をして行動したいと思います。
仕事はもちろん、日々の人としての細かな所作も全ては繋がっていると意識して、小さな事も疎かにせず積み重ねて地道に進んで行こうと思います。

と、まあ固い話をすると私のブログでないような感じになってしまうので、もちろん趣味の部分でも日々鍛錬ですね。ビートルズ道も鍛錬しなくては。

昨日、今年初めてのThe Bearsの練習がありました。新年から新曲が多くて、ヒーヒー言いながら(風邪引いて声が出ない・・と言い訳しながら?)やっていましたが、やっぱりビートルズの命は、あの初期のハーモニーですね。難しいですがキマると本当に気持ちがいいです。でもやっぱり、バンマスこんちゃんからダメ出しが出て、今日も2人でハーモニーの追加練習です!

新年一発目のThe Bears  新曲はコレ!「PS. I Love You」です。

この曲をビートルズは二十歳そこそこで作ってこれだけ決まっているんだから本当に脱帽です・・・。このビデオ、演奏はレアなBBC音源で写真もかなり珍しいものばかりでいい感じです。



nksmkzts4068 at 20:50|PermalinkComments(18)TrackBack(0)生活 

2009年01月10日

お薦めDVD紹介

2009年になって早くも9日になってしまいました。年始でバタバタしていてブログの更新も1週間以上空いてしまいました・・・。お正月気分もやや抜けてきたところで、早速新年2発目のエントリーは今回は最近のプライベートDVDでお薦めのモノをご紹介します。

let it be dvd

今回紹介するのはIMP レーベルから出されたLET IT BE Special "J" Editionと題されたDVDです。中身は既存の映画「レット・イット・ビー」であり、映像も音も全く従来のものです。(ソースはレーザーディスクからのようでまずまず良好です)

このDVDの「ウリ」は日本語の字幕なのです。皆さんもご存知の通り、この映画はドキュメンタリーでありメンバー4人の普段の顔を映していますが、それゆえに会話は他愛もない日常の会話やジョークであり、我々日本人には殆ど分かりません。劇場版や以前テレビで放送された時には字幕がありましたが、その訳は雰囲気的なもので「?」という感じであり、それも全体の2〜3割ぐらいしか訳されていませんでした。

このDVDの対訳はネイティブの米国人が入念にヒヤリングを行い作成したもの(らしい・・)なので、今まで分からなかった対話や間違って訳されていた対訳がかなりの正確さで理解することが出来ます。(それでも内輪ウケのジョークやスラングなど分からない所もありますが・・)

let it be1

 

インドに行った時の思い出話や有名なジョージとポールの喧嘩、そしてポールがジョンに切々とステージの重要性を話す場面など、今までよりもポールが何を言いたかったのか、ジョージはなぜ怒っていたのか、などが良く分かってとても興味深いです。

 

let it be2まあ、あとポールがバンドをまとめようとして強い口調で言っていることが、他のメンバーに煙たがられているのも会話の中から分かって、当時の感じが会話から分かります。(うーん、ポール、一生懸命なのは分かるけど、そんな言い方したら、そりゃ嫌われるよ・・・)

でもこれも歴史の断片なんですね・・・。

let it be3

このDVD、かなり好評だったらしく、初回プレスは売り切れてしまい、一時期はネットオークションでも高値を付けていましたが、最近セカンドプレス(初回との違いはジャケットのバックの色とおまけのポストカードが付いていませんが、中身は全く同じです)が出たので、こちらをお薦めします。今までと違った見方が出来て面白いですよ。



nksmkzts4068 at 01:46|PermalinkComments(18)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2009年01月01日

明けましておめでとうごじぇーますだ

皆さん、明けましておめでとうございます。昨年もプライベートな面では、このブログやバンド活動で色々な方々との出会いがありとても充実した一年でした。改めてブログや音楽の力は本当に大きくて、今の私にはなくてはならないものと実感しています。今年もヨロシクお願い致します。

山田天満宮2

今日、元旦は家族で自宅の近くの山田天満宮に御参りに行ってきました。ここは学業の神様としても知られており、それほど大きくないのですが大勢の参拝客で賑わっていましたよ。

長女も今年受験なので、今回は山田天満宮に来たのですが、ここには写真のような小さな達磨さんに入った「達磨お御籤」というのがあるんです。木で作られた小さな可愛い達磨さんにおみくじが入っていて、とても珍しいので息子と引きました。僕は「吉」、息子は「平吉」(この平吉っていうのも初めて知りましたが)。でも内容は地道にいけば、今年一年無事に過ごせるというものだったのでホッ。中のおみくじは木に縛って、達磨さんは持って帰ってきました。

今年も良い年でありますように・・・。

PPMゴールド

新年、一発目の「ビートルズ初め」は、やはりコレです。

ここから全ては始まった。「Please Please Me」イギリス盤 オリジナルモノ ゴールドパーロフォンです。

いつも元旦に針を下ろすのはコレですね。このモノラル盤から出てくる迫力ある音を聴いていると、45年前のレコードなのに時代を越えた激しいエネルギーを感じます。

今年は厳しい年になりそうですが、このエネルギーで前進していきたいと思います。今年もヨロシクお願いします!



nksmkzts4068 at 16:23|PermalinkComments(26)TrackBack(0)生活