2009年09月

2009年09月26日

『ドウモ、アリガト!?』

私がよくお世話になっている東京の有名楽器店「With」中島さんのブログに興味深い記事が載っていたのでご紹介します。それはあのハンブルグでのライブ録音に関する話なのですが・・。

starclub

Withさんのホームページには中島さんのブログがあり、いつも楽器やビートルズに関するマニアックな話が載っていて、私も楽しみに読ませていただいています。

そこに先日、とても興味深い話が載っていました。それは1962年12月「Love Me Do」でデビュー直後のビートルズが、契約消化のために訪れた3度目のハンブルグ、スタークラブでのライブ録音の話です。この中の1曲「Lend Me Your Comb」の間奏の途中でジョンが日本語で「ドウモ、アリガト!」と言っているように聞こえる、というのです。

これは「空耳アワー」的なものならば、笑いで終わるのですが、その「ドウモ、アリガト」の後に、かすかに「Thank you very much」と言っているのも聞こえるとのこと。早速、私も半信半疑で聴いてみると、確かにそう聞こえます。(ただ私には、その後のThank Youは分かりませんでした。またポールの声のような気もするのですが・・) その言い方も外人が日本語を話すような発音です。中島さんのブログには、当時、日本の商社マンがレイパーバーン(スタークラブのある歓楽街)に遊びに行っていたので、ジョンが見に来ていた日本人のために言ったのでは?と推測されています。確かにジョンはヨーコに会う前から日本に興味を持っていたようなので充分に考えられることではありますね。皆さんはどう思われますか?

それでは聴いてみてください。59秒のところで「ドウモ、アリガト」と言っています

「おまけ リマスター番外編」

help!stereo

先々回にリマスターモノ盤のジャケットやインナースリーブの出来についてお話をしましたが、あの後、もう1点、モノ盤のこだわりを発見しました。

皆さんは「HELP!」と「Rubber Soul」のみ、モノ盤CDの曲目の表示書体が違っていることにお気付きになったでしょうか?

ステレオ盤の曲目表示の書体は通常のゴシック体ですが、モノラル盤の書体はローマン体が使われています。

help!mono実はこれもオリジナルUK盤を忠実に再現していて、実物のオリジナルUK盤もステレオ盤はゴシック体、モノラル盤は何故かローマン体が圧倒的に多い(一部稀にゴシック体がありますが)のです。

だから何?と、言われればそれまでですが、我々マニアにとっては重要な事であり、そのこだわりの仕上がりに「ブラボー!」と叫びたいのであります・・・、ハイ

以上、ご報告でした・・。

いつもお読み頂きありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 00:42|PermalinkComments(9)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2009年09月20日

重いし高いねぇ

リマスターが出て10日が経ちましたが、まだ全部聴けてません。というか、この10日間は音楽と言えばほとんどビートルズ、それもリマスターだったのでちょっと頭がマヒして来てしまいました。ということで少し小休止で違う話題を・・・。

photochronicle1最初リマスター盤を聴いた時は、驚くほど良く思えた音も、これだけ毎日のように繰り返し(でもまだ全部聴けていませんが・・)聴いていると、頭も耳もマヒしてきてしまい「あれ?もっといい音に思えたんだけど・・」という感じになってきてしまいました。なので、少し頭と耳を小休止させるために、今回は違う話題でいきたいと思います。

リマスター発売で、CDだけでなく書籍関係も新刊が増えているようです。雑誌の特集は数え切れないほど、専門書もかなり沢山出版されています。その中でもひときわ話題の本を紹介します。それは「ザ・ビートルズ フォトクロニクル」(ヤマハミュージックメディア刊)です。

photochronicle2何せその大きさ、重さ、そして値段です!大きさはB4変形でタウンページを一回り大きくしたようなサイズで448ページ、重さは1キロ以上はゆうにあります。そして値段は何と7,350円!!

内容はフォトクロニクルという題名の通り、写真を中心としたビートルズ記録です。ここ最近のビートルズ関係では一番高価で大きい本だと思います。

photochronicle3写真は珍しいものが多く、全体の70%以上は初めて見るものでした。ただし肝心の記録の方は、「アンソロジー」、「ビートルズ・ワークス」「コンプリート・レコーディング・セッション」が出ている今となっては、正直中途半端な印象です。

 

photochronicle4

それにしても重い本です。30分持って読んでいると肩が疲れます(汗)。立ち読みは筋トレの後にしてください。それでも珍しい写真は魅力的で、その点では評価出来ると思います。

でも7,350円は高すぎですよ。それなのに中身も見ないままアマゾンで買ってしまう私は何なんでしょう?・・・、反省しています、カミさん、ゴメンナサイ。

いつもお読み頂きありがとうございます。

もし宜しければ下のバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 00:55|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2009年09月12日

モノの出来栄え

ビートルズのリマスター盤、ステレオ、モノラルともに何とか無事届きました。本当にお騒がせですよね。で、早速聴いていますが、まだ全制覇出来ていません。リマスターの音に関しては、もうすでに色々なご意見が出ていますので、私はあえてジャケット等の外装についてお話したいと思います。

pleasemono

ステレオ盤は黒の非常にしっかりした箱に入っており、ジャケットも美しい写真やブックレットで、今風な紙ジャケでセンスよくまとめられていますね。ステレオも良いのですが、特筆すべきなのはモノラルボックスです。

白の外箱もしっかりしていい出来ですが、中身のそれぞれのアルバムの出来が「素晴らしい」の一言です。60年代のオリジナル盤のジャケットのみならず、インナースリーブ(内袋)、レーベルも完全にミニチュアのように再現されています。

←UKオリジナル・モノラル盤(左)と今回のリマスターモノ盤(右)です。

pleaserabel

pleaseinner

 

 

 

 

 

pleasebackレーベルやインナースリーブの見た目は勿論のこと、ジャケットの構造や紙質、質感まで可能な限り再現されています。モノの紙ジャケは糊代が表に出ていて仕上がりが悪い、と書いていらっしゃる方がいましたが、これは通称フリップバックと呼ばれているUKオリジナル盤特有の構造で、これもしっかり再現されていて、マニアには涙ものです。

forsalemonoまた写真の印刷の色調も意識してかなり近づけられています。

「フォーセール」のUKオリジナルモノとリマスターモノ盤のジャケットを比較するとその色合いが近いのが分かると思います。

 

forsalemono2またこれはかなり注意しないと分らないところですが、「フォーセール」のUKオリジナル盤ジャケットの背の部分は上下が潰れたように加工されているのですが、何とそこまで再現されているのです。(写真では分かりづらいかもしれませんが)これを発見した時はさすがに驚きました。

 

magicalmonoまたモノボックスが発売されてすぐに、何かのコメントで「マジカル・ミステリー・ツアー」のジャケットだけ、他のアルバムに比べて少しだけ厚手のような感じだけどなぜだろう、と書かれているのを読みましたが、実際に手にしてその意味が分かりました。

「マジカル〜」のみ、アメリカ盤仕様を採用しているのですが、当時のアメリカ・オリジナル盤は厚手のボール紙に何枚も紙を貼り付けるズッシリした構造になっているのですが、それをそのまま再現しているのです。

magicalmono2

そのため「マジカル〜」のみ紙質や質感、構造が違うジャケットになっているのです。

下が「マジカル〜」のUSオリジナル・モノ盤、上がリマスターモノ盤です。厚手のジャケットや構造が同じなのがお分かり頂けますでしょうか。裏ジャケの「MAL2835」とレコード番号の位置まで同じですね。

今回のリマスター盤は音が素晴らしいのは勿論のこと、こうしたジャケットなども非常に丁寧に拘った造りで、相当時間が掛けられているのが分かります。特にこのモノボックスはジャケットなどは日本で作って、海外に輸出されているというのも、これだけ細かい丁寧な造りのものは日本の技術でないと出来なかったというのが、実際に手に取ってみて分かりました。

本当に今回のリマスターに関することは時間とお金を掛けた、ビートルズの素晴らしさを後世に伝えるための素晴らしい作業だと思います。・・・いい、仕事だねぇ。

いつもお読み頂きありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 22:04|PermalinkComments(21)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記

2009年09月08日

本当に手に入るの?

いよいよ2日後に迫ってまいりましたね、もちろんビートルズのリマスター盤の発売です。ここ1か月ぐらいはテレビや雑誌、ラジオなどのメディアでもビートルズの文字を目にしない日はないぐらいです。でもここ数日、私は実は不安でたまらないのです。

monoboxそれは数日前、私の知人に届いた一通のメールです。それは知人がリマスター盤の輸入盤モノボックスを予約したAmazon.comからのメールでした。内容はメーカー製造遅延のため、9月9日には出荷出来ない、10月以降に順次発送します、というもの。そしてそのメールの最後に恐怖の一行が・・「なお、万が一入荷状況などに変更がございました際には、ご注文をキャンセルさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。」 おいおい、何それ?キャンセルって言葉は、そちらが使う言葉じゃなくて、客側が使う言葉でしょ?

このメールを受け取った知人は慌てて、私に電話をしてきてくれました。でもその時点では私にはそのメールが届いていませんでした。というか、その後、数日経って発売の二日前になった今日現在もまだ私には届いていません。それもその知人より、私の方が予約したのはずっと後なのに・・・。

何なんでしょう?抽選で送ってるんでしょうか?それともステレオのボックスセットを一緒に予約している人には優先される?(知人は輸入のモノボックスのみ) はたまた、今までアマゾンで買い物した内容から「ビートルズ好き度」を解析している?(知人はキッス・マニアで、恐らくビートルズものは初買い。でも大大ビートルズ好きのお友達モスコさんも同じメールが届いているらしい)

とにかく9月9日、商品が届くまでは油断は出来ません。おーい、また仕事が手に付かないよ。

本当にモノボックスは9月9日、私の元に無事届くのでしょうか?

こんなふうに手にとって眺めたり、楽しんだり出来るのでしょうか?

(このアメリカ人、なぎら健一?)

いつも読んで頂きありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 00:22|PermalinkComments(11)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記

2009年09月02日

これは凄い!!

ROCKBANDのこのCM、凄過ぎる!

これはもう涙モンです。何も言うことはありません。

涙してご覧下さい・・・

いつも読んでいただきありがとうございます。

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 20:27|PermalinkComments(11)TrackBack(0)ビートルズマニア 

ありがとう!「明るくいこみゃあ!」

少し遅くなってしまいましたが、音楽ゼミ発表会 『明るくいこみゃあ』が大盛況の内、終了いたしました。遊びに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。

isihara-toyota2

 

ダイヤモンドホール、満員のお客さん、オープニングで一斉にボルト・スタイルで「明るくいこみゃー!」

 

 

isihara-toyota1

 

我がBCCR (ベイシティ・コレステローラーズ)はトップバッター。出番前に「ヤー!」

 

 

isihara-toyota3

トップバッターは緊張しますなー。

70年、80年代の懐かしのロックで、お客さんも楽しんで頂きました。

それにしても大きい会場は音が良くて、演奏していても本当に気持ちいいー。

isihara-toyota5

私とワインセラピストさん。

ワインセラピストさんは仕事着のままのようです。

私のベストは借り物ですが、前のボタンがはまりませんでした。(ましてさん、写真お借りしまっす)

 

 

isihara-toyota6

 

ノリノリのお客さん、見たことある人、イッパイだー。

 

 

isihara-toyota4

大盛況のラストは全員で「雨上がりの夜空に」を大合唱。音楽の力は本当にすごいですね。

本当に皆さん、ありがとうございました。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 19:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活