2010年04月

2010年04月29日

ジョンと歌舞伎座

老朽化のために建て替えられる東京 歌舞伎座が昨日4月28日、千秋楽を迎えたそうです。このビートルズのブログと一見、全く接点がないように思われる東京歌舞伎座ですが、実は以外のところで、こんなエピソードがあったのです。

東京歌舞伎座

それは4月25日の中日新聞、コラム「中日春秋」に掲載されたエピソードです。

 ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が、浮世絵などを扱う東京の古美術商に足を運んだのは四十年ほど前のことだ。白隠の達磨(だるま)絵や芭蕉の俳句を書いた短冊などが気に入り、数点を購入した

▼別の店に案内する空き時間に、店主の故木村東介さんは二人を東銀座の歌舞伎座に連れて行った。独特の華やかな舞台を見せたいと思ったからだ

▼ちょうど公演中だったのは「隅田川」。六代目の中村歌右衛門が、子供の死を知って泣き崩れる母親の悲しみを演じていた。明るい歌舞伎を見せたかった木村さんは、外に出ましょうかと促そうとして驚いた。レノンさんがとめどなく涙を流し、ヨーコさんがハンカチでぬぐっていたのだ

▼清元の唄(うた)もせりふの意味も理解できなかったはずだ。それでも木村さんは「何もかも読みとれたのだ。それは歌右衛門の演技力だ。…名優の演技自(おの)ずから名演奏家に通ず」と振り返っている(話の特集『ジョン・レノンと歌右衛門』)

▼数々の名舞台を生んだ歌舞伎座が今月末に閉場する。「さよなら公演」は大盛況で、二時間並んでやっと一幕見席で観劇できた。寒い中、外国人の観光客もたくさん並んでいた

▼芸の力は言葉の壁を乗り越える。高層ビルとともに「五代目」の歌舞伎座が完成するのは三年後。音響面などに課題もあると聞くが、円熟した芸を伝える新たな「祝祭空間」に期待する。(2010年4月25日 中日新聞 中日春秋)

このエピソードはジョンが死んだ1980年に出版された宝島臨時増刊号『John Ono Lennon』の木村東介氏(当時77歳)のインタビューで詳しく語られています。

「結局、目で見ているんじゃないんですよね。心で見ているんですよねぇ。歌右衛門の演技がまたそれなんだ。型で演じているんじゃない、心で演じているから場内に伝わって、ジョンの魂にどんどん流れ込んでいくわけだねぇ (中略) それを見る人がいいと、我々が通訳しなくても分かる、というものなんですね。その人なのである、と思いますねぇ、芸術というものは・・。作詞、作曲も頭や知恵でするものではない、魂で作るものなんでしょうねぇ。歌う時も同じで、魂で歌うんだろうねぇ、ジョンは。」

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 10:32|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

2010年04月20日

こんなモノまで気になってしまうのね

最近、サージェント・ペパーズの衣装が気になっていまして・・・。そうです、あの有名なミリタリーのヤツです。調べれば調べるほど、奥が深くて面白いんです。その中でもあるモノに興味が・・。

sgt1それはポールの着ている衣装の左腕の袖に付いているワッペンです。(左写真のマルの中) 実はこのワッペン、以前から気になっていました。というのは、このワッペンは例の『ポール死亡説』において、ひとつの「証拠」とされていてファンの間では有名なワッペンだからです。具体的には、ワッペンに刺繍してある「O.P.D」の文字が、“Offically  Pronounced  Dead (正式に宣告された死)”の略である、と言われていました。

opp

本当は「O.P.P」と刺繍されていてカナダ警察のワッペンでポールが実際にカナダで購入したものだそうです。今までビートルズのコピーバンドなどで、このサージェントの衣装を着ているものを見ても、この部分は何もワッペンを付けていなかったり、似たような他のワッペンを付けていたりしているようです。

と、なると私の「欲しい」スイッチが入ります。実際に探すとやっぱりないですね。ただアメリカのワッペン専門店で1件見つけましたが、何だかお店が運営されているかどうか、非常に怪しい雰囲気なので、パスしました。

と、残る道は「自分で作る」しかない・・、ということで地元のオーダーワッペンを作ってくれるお店を探し、見積もりを取りました。そして、そこそこのお値段だったので、なんと製作をお願いしちゃいました。ワッペン屋さんから電話口で、「これは何のワッペンですか?」と聞かれたので、上のサージェントの写真を送り、説明すると「へぇー 」と不思議な感じのリアクション。そりゃ、そうだよね、こんなものまで欲しがる人はそうはいないよな。 でも、欲しかったんだもん。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:53|PermalinkComments(8)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2010年04月11日

フェチな動画

世の中には色んなフェチがあります・・。またまた題名にひかれて見に来た方々、スイマセン。もちろん、私の書くブログですからビートルズのフェチであります。フェチというのは、ある特定の物や状態において、異常な関心を示すことを指して、少し「ヤバい」感じがする語句です。そんな部分に関心を示す私も相当危険か?今回はそんな「フェチ」な動画を紹介します。

以前からこのブログで言っていますが、ビートルズのマニアにも色んな分野で「フェチ」があります。ビートルズの使用した楽器に執着する「楽器フェチ」、今まで見たことのない動画、聴いたことのない音源に関心を示す「動画・音源フェチ」、レコードやコレクターズアイテムに関心を示す「アイテム・フェチ」・・。どれも度を越すと、一般の方々からは冷たい視線を浴びるのは必至です。最近ではYouTubeなどに色々な動画がアップされており、「ええっ!こんなものが!?」と一般の人から見て、「これ面白いの?」という危ない動画を4点紹介します・・。

まずは「動画・音源フェチ」には堪らない動画2点です。まず最初は、66年のドイツ・サーカスクローネ公演のカラーフィルムです。以前にもブログで紹介しましたが、大事な部分はその時のものより、格段に画質がアップしているのです!(力入りすぎ・・) もともとサイレントのフィルムだったようで、音は日本公演6月30日の音を上手く被せています。しかし、この画質のきれいさには久々に驚きました。いったいどこから探してくるんだろう?「星、みっつですー!」

次は有名なプロモーション・ビデオ「Hey Jude」の4種類を同時に見れて違いが確認出来る動画です。このビデオはカットの違いなどから数種類が存在するのですが、非常に微妙すぎて私もよく分かりません。しかし、この動画は4種類を同時に見てその微妙な違いが分かるというものです。(そんなこと意味あるのか・・?)いやいや、この動画を作ったマニアの方に感服です。

次の動画は「アイテム・フェチ」には堪らない動画です。海外のビートルズ・コンベンションの様子を撮影したビデオですが、ビートルズ・コレクターズ・アイテムを扱うディーラーが集まっているところです。ちらちら写っているレコードやアイテムは我々からすると溜息が出るものばかりです。また途中でチラッと写る髭のおっさんは本を何冊も書いている、有名なコレクターです(そんなこと分かるのは僕だけか?)。この動画見て、心拍数が上がってる私は相当危険かな?

最後は究極のフェチ動画かも・・。何と「ブッチャーカバーのはがし方動画」です。ブッチャーカバーというのはレコード中でもレアで有名なものなのですが、ジャケット趣味の悪さからクレームが付き、すぐに回収されてしまったというものです。そのジャケットの上から急遽、別写真のジャケットを貼り付けたものが短期間出回ったのですが、この動画はそのジャケットの剥がし方という非常にマニアックな動画なのです。やかんの蒸気を当てて剥がす場面が延々続きます・・。ちなみにアメリカにはこのブッチャーカバー剥がしのプロがいるそうです(笑)。パート3まであるのでお暇な方はどーぞ。

いずれにしても普通の方々からすると、「この動画のどこが面白いの?」というものばかりですが、その道の「フェチ」の方には堪らない動画なのですな。まあ、私はこの4点ともツボです・・・ハイ。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ



nksmkzts4068 at 12:03|PermalinkComments(10)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2010年04月04日

ビートルマニア VS ジャニーズマニア

中学1年の長女はジャニーズ・マニア。特にHey!Say!Jump は寝ても覚めても、頭の中を占拠しているようで、何かにつけてうるさい。そこで、今回はその娘のジャニーズマニアぶりを父親の私が威厳をもって分析してみました。

hey! Say! Jump

もう本当に勉強そっちのけで、寝ても覚めても『ジャニーズ』だの『Hey! Say! Jump』だの、本当に四六時中言っている中一の長女。もう家族は、彼女が何かを言うと『また、始まったよ・・』とややウンザリ・・。そこで彼女の行動パターンを、父の私が分析してみました。

その1 暇があると1日中、パソコンに向かいインターネットでジャニーズネタを探している。もう本当に一日中インターネットにかぶり付き、新しいニュースを仕入れると「キャーそうなんだー」と大きな独り言。でも、僕もインターネットでビートルズネタ探しをしてるか・・、うん。

beatles jump

その2 同じくパソコンでYouTubeのジャニーズ動画を見まくる。新しい動画を見つけると「キャーかわいいー」。待てよ、でも僕もYouTubeでビートルズの新しい動画探してるか・・見つけると「こんなん見たことないぞー!初めて見たー」って部屋で叫んでるわな・・、まあな。

その3 休みになると通称『ジャニショ』(ジャニーズショップの略)に毎週出かけ、同じような生写真を何枚も買ってくる。 これに似た写真あるじゃん、と言うと「違うもん!パパには分かんないの!」と怒る。まあ、僕も東京に出張があったりすると、必ずビートルズ関係のお店を回るわな・・。微妙に違うジャケットやレーベルのレコードを何枚も買ってきて、カミサンに「あれ?これ持ってるんじゃないの?」と言われ「いやいや、微妙に違うんだよ」と説明するか・・、あれっ一緒?

その4 またそうしたグッズに後先考えずお小遣いを全部使ってしまう長女。「もっと計画してお小遣い使いなさい!」とカミサンが怒る。あれ?僕も最近、衝動でベース買って、後先考えずにサイケペイントの改造に出しちゃったなぁ。あの改造費、どうやってカミサンに話そうか・・

その5 ポリシーがあって、非公式グッズは絶対に買わない。「非公式グッズはジャニーズの敵だから!」だと。僕が東京出張した時、娘のために浅草のお土産屋でHey! Say! Jumpの写真の入ったキーホルダーを買って来たんだけど、それがどうやら非公式グッズだったらしく、使ってくれない。「だって、使ったらファンとして恥ずかしいもん」・・父涙。ブートCDやブートDVDを買いまくる私はファンとして失格なのだろうか・・反省。

その6 そして自分のジャニーズブログを立ち上げ、更新に余念がない。僕もこのビートルズブログの更新は週1回なんとかしたいなと思い、頑張っているのであります・・一緒じゃん! 娘はどうやら週2回は更新しているようで、訪問件数もかなり多いようだ。僕も頑張ります・・っておい!

総合すると、この親あってのこの子か。結局、一緒じゃないか。DNAが同じなんですね、行動パターンが全く一緒なのでした。と、いうかむしろ非公式グッズには手を出さない、自分のジャニーズブログにも肖像権の問題で、写真は絶対に使わない、とファンとして長女は徹底しているのでありました。同じマニアとして見習います。 このブログを絶対に娘に見られてはなるまいと思う父なのでした。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 11:00|PermalinkComments(9)TrackBack(0)ビートルズマニア | 生活