2010年08月

2010年08月24日

世の中には似ている人がいるもので・・

日本でもよく、ものまねやそっくりさんの番組がありますが、海外でも人気のようです。特にビートルズとなると世界中に色々なそっくりさんがいます。今回はその中で面白いもの2つを紹介します。

ひとつめはいわゆるビートルズ・そっくりさんバンド『The Fabfour』です。とは言ってもそれは「そっくりさん」の粋を越えています。見た目がそっくりなのは勿論のこと、その高い演奏力とメンバーの動きなども本物そっくりです。彼らはラスベガスでショーを行っている、いわゆるその道のプロであり、世界一のビートルズ・トリビュートバンドです。

先日、茨城でThe Aspreysさん(こちらは日本トップクラスだと私は信じている)のライブを見に行った時、夜飲みながらドラムのあんちゃん・☆と、このバンドのことを話していて、もうその凄さは並みじゃないことを聞きました。昨年のリバプールで行われたビートル・ウィークで、そのステージを見たそうなのですが、もう本物のビートルズを見ているような錯覚に陥り、感動で言葉が出なかったそう。(とはいえ、あんちゃん・☆も相当なもんだと思いますけど・・)

こんなビデオを見つけました。ジョージは特に似てますね。ポールも相当似てるけど近くで見ると、ちょっと化粧が濃いか・・?(笑) でも一度ステージ見てみたい!

 

次の人は、ひとりで4人の声真似をする人です。このエリック・ハウエルというオッサン、見た目は西田敏行(失礼!)のようですが、話し方、声、アクセントをそっくりにモノマネします。どうやらこのビデオ、来年から製作に入る予定の映画『Yellow Submarine』の監督であるロバート・ゼメキスにオーディション用に送ったもののようです。その後、採用になったかどうかは不明ですが。

映画『A Hard Day's Night』の冒頭の列車シーンをひとり四役でモノマネしていて笑えます。でも特徴を掴んでいて本当によく似ていますね。声だけだったら即採用かも(声だけです・・)

こちらは本物です。3:00からのセリフを比べて見てみてください

うーん、この世界にも上には上がいますね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:43|PermalinkComments(5)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2010年08月11日

遅ればせながら・・

遅ればせながら、我が家にビートルズのゲームROCKBANDがやって来ました、ニャーニャーニャー。とは言っても借り物ですが・・。家族でビートルズ大会、やってみっかー

rockband3

我が家に遅ればせながら、ビートルズゲームROCKBANDがやって来ました。とは言っても、ビートルズ楽器マニア大先輩、I 氏からお借りしたものです。

というのも、今まではギターショップKeithさんにあって、お客さん達で楽しんでいたのですが、Keithさんが来月、三重県鈴鹿市に引越しするに当たって、I 氏のもとに、このROCKBAND一式も帰ることになったのです。しかし、I 氏は特にゲーマーという訳ではなく、人がプレイしているのを見るのが好きだったらしく、ご自宅に引き取られても遊ばないということで、我が家で一時的にお預かりすることになりました。

ゲームが大好きな我が息子にバレないように隠していたのですが、本日見つかってしまい、ご覧のようにリッケンバッカーを持ってしっかりポーズです。まあ、しばらく家族でビートルズ大会で楽しませて頂きます。I さん、ありがとうございます。

でも折角ですから、皆さん、我が家でビートルズ・セッション大会、一緒にしませんか!ぜひ皆で楽しみましょう!

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:17|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2010年08月04日

東京ビートリー・ツアー

この週末、友人二人と『東京ビートリー・ツアー』に行って参りました。9月に閉館になる『ジョン・レノン・ミュージアム』にもう一度、ということで計画を立てましたが、せっかく行くならばビートルズを満喫しようということで、二日間ビートルズ漬けの旅になったのでした。

john lennon museum

残念ながら9月に閉館が決定したジョンレノン・ミュージアムにビートルズ好きの友人二名と行こうと、今回の旅行計画を立てました。

まずは今回の最初の目的地『ジョン・レノン・ミュージアム』です。私は2回目だったのですが、友人達は初めてということで、かなり興奮気味(?)でした。

以前は普通に見れた最初のジョンの生涯をまとめた約7分の映像なのですが、今回は何か熱いものが込み上げて来て涙が出そうになってしまいました。また前回同様に少し残念だったのは、ジョン愛用のギター達が3年前よりも更に全体的にホコリを被っていたことでした。ヨーコとの契約で、誰も触れられないためにそうなってしまっているそうなのですが、ギター達が可哀そうです。特に64年のリッケンバッカー325はホコリ以外にもネックの折れた部分が更に開いて来ているような気がしました。

でも、やはり私達にとって、ここはジョンに出会える場所なんですよね。何とか続けられないかな・・残念です。

cafe lennon

その後は東浦和の『Cafe Lennon』さんに。ここのマスターは、私のブログにコメントを入れてくださってから、ブログでのお付き合いが続いていたのですが、今回初めてお邪魔して初対面となりました。

でも初めてお会いしたという感じが全然しなくて、いきなりマニアックなディープな会話が。ビートルズ愛に溢れる落ち着いた雰囲気の素敵なお店でした。マスターとママさんのお人柄で、いつまでも楽しい会話が弾んで時間が経つのを忘れてしまいそうでした。マスター、ママさん、ありがとうございました。

the aspreys

そして一日目、最後の目的地は少し足を伸ばして、何と茨城県、勝田のホテル・クリスタルプラザです(全然、東京ツアーじゃない・・笑)

実はこのホテルの「生ビールまつり」イベントで、あのビートルズ・トリビュートバンド The Aspreysが出演するということでライブ観賞&生ビール&宿泊というセットなのでした。The Aspreysさんの演奏に、一緒に行った友人も大興奮。私は、初期〜中期のビートルズナンバーを演奏するバンドの中で間違いなくThe Aspreysは日本一だと思います。ロックバンドだったビートルズの荒々しさを本当に忠実に再現しているからです。ぜひ皆さんも機会があれば一度!そして生ビールまつりの後も、メンバーや他のファンの方々と一緒に夜遅くまで飲んで楽しい時間を過ごしましたよ。メンバーの皆さん、ファンの方々、本当に楽しい夜をありがとうございました。

そして二日目は、また東京に戻り高田馬場へ。ここでの目的はあの「なんでも鑑定団」でビートルズ系お宝鑑定で有名な、本多康弘氏が主宰する『ビートルズ研究所』です。最高の筆跡の190万円(!!)の直筆サインの前から暫く動けなくなってしまいました。(一瞬、真剣に分割払いの計算をしていた自分がコワい・・) でも今回はグッと堪えて、6,000円のレコードを1枚購入。

という感じで、2日間の東京ビートリーツアーは終了です。しかし今回お会いした方々は、最初はネットを通じてビートルズという共通項でお知り合いになった人達で、こうしてビートルズを中心として繋がっていくっていうのは、本当に嬉しく楽しいことです。これからも、ビートルズを通じて色々な方と出会っていきたいと感じた2日間でした。皆さん、ありがとうー!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 16:16|PermalinkComments(11)TrackBack(0)生活