2010年09月

2010年09月27日

無人島レコード

皆さんは「無人島レコード」を考えたこと、ありますか?もし無人島にたった1枚レコードを持って行けるならば何を持っていくか。2回連続出演のレコスケくんもので「無人島レコード」という本があり、無人島に1枚だけレコード(CD)を持っていくとしたら、という質問に各界の著名人が答えている企画モノです。これはかなり究極の選択であり、恐怖の質問に対して自分も考えたりして・・。

mujin

無人島レコードのルールは基本1枚のみで2枚組以上はダメ。ですから残念ながらビートルズの赤盤やジョージのAll Things Must PassとかはNG(涙)。ただしレコードは2枚組だったが、CDは1枚になったというのはOK。例えばデレク&ドミノスの『いとしのレイラ』は、レコードは2枚組だったけど、CDは1枚なのでOKです。(そりゃそうだよね、ボックスセットだったら何枚でもいけちゃいますから)

これはかなりキツイ選択ですよね。皆さんも考えてみてください・・。

僕はウーン、やっぱり人生、基本ビートルズですからビートルズ系は外せない。本当はスタートの赤盤を選びたいところですが2枚組みなのでバツ。アルバム的には『Abbey Road』が一番好きなんですが、無人島というスチュエーションを考えてしまいます。

beatles1無人島で「I Want You」の延々続くリフレインが最後に突然 終わってしまうのを聴くと絶望的になってしまうのではないか!

かといって他のアルバムでは逆にあの曲も聴きたいよー、となってしまうような気が・・。あっ!いいのがあった「1」だっ。これならCD1枚で初期から後期まで万遍なくビートルズが聴ける!・・でもベスト盤だよねぇ。ビートルズが基本の人生を送って来て、誰もが聴くような曲が並んだベスト盤を選んでいいのか?俺はそんなに平凡なつまんない人間だったのだろうか・・。

もう一度仕切り直し。

jiainokagayaki

もう中途半端なら、いっそのことビートルズを切り離して、ソロを視野に入れてみる・・。

ジョンは大好きだけど、絶対に無人島には合わない。「Imagine」なんか持っていったら自殺しちゃうかもしれない。こういう時、不思議とポールは思い浮かばないなぁ。牧歌的なところはいいかもしれないけど。

やはりソロはジョージかな。さっきも言ったようにAll Things Must Passはダメでしょ。ならばやはり「慈愛の輝き」、これだ!これならば明るい曲あり、しんみりのバラードもあり、そして何より全体的に精神世界的に安定してるっ!決定!でも、これってレコスケくん作者の本秀康さんも選んだ1枚なんですよねー。

皆さんの無人島レコードは何を選びますか?相当キツイよ、これは

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 21:00|PermalinkComments(11)TrackBack(0)生活 

2010年09月19日

レコスケくん

皆さん、「レコスケくん」という漫画、ご存知でしょうか?漫画は知らなくても、この愛嬌のある「レコスケくん」は一度は見たことがあるのでは。実は僕はこの「レコスケくん」が以前から大好きで、先日単行本を買って読み直したら、さらにハマってしまったのでした・・。

rekosuke

rekosuke2

この漫画、雑誌「レコード・コレクター」に不定期に掲載されていた漫画で、作者は自他とも認めるジョージ・ファンのイラストレーター、本秀康氏です。

登場人物はレコード収集が趣味で、ジョージ・ハリソン大好き、人が良いレコスケくん。レコスケの友人でレコード収集ライバルのレコゾウ。そしてレコスケくんに想いを寄せる女性レコードコレクターのレコガール。あとはレコード屋のオヤジなどなど。

その内容もレコード・コレクターの自分が思わずニヤッとしてしまうようなマニアックなネタを、レコスケくんが面白おかしく展開していくという非常に偏った(笑)漫画です。でも音楽、レコード、ビートルズそしてジョージに対して非常に愛が感じられる漫画で、そのほのぼのとした画風と相まって、本当に心温まる大好きな漫画なのです。

rekosuke3

その中でも僕が大好きなのは、2001年3月号「レコード・コレクターズ」に掲載された「レコスケのマイ・スィート・ロードの巻」です。この号はちょうどジョージの「All Things Must Pass」発売30周年に出されたリマスター盤の特集号で、この頃ジョージは、咽頭癌が発覚したり家に潜んでいた暴漢に胸を刺されたりと大変な頃でした。

漫画の内容はレコスケくんとレコゾウがジョージ談義に花を咲かせていると、レコガールから電話が掛りジョージが胸を何者かに刺された、と連絡が入ります。レコスケはAll Things Must Passを聴きながら、「ジョージ、もっと新作聴かせてよ」とつぶやき、そのまま寝入ってしまいます。そしてジョージの夢を見たレコスケは、朝起きるとジョージが無事だったことを知って涙する・・、という内容です。この時、ジョージはもちろん存命だったのですが、今改めて読むと複雑な感じで、僕自身もレコゾウくんのようにホロリとなってしまいます。

非常に偏った趣味(?)であるレコード・コレクションに対してこうした愛嬌のある漫画「レコスケくん」を読むと、レコードコレクターでよかったと改めて自分の趣味を正当化するのでした(笑)。

それではレコスケくんが大好きな「バングラデシュのコンサート」から1曲どーぞ

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 14:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記

2010年09月12日

愛こそはすべて

表現の仕方はそれぞれ違っても、『All You Need Is Love』

・・・・愛こそはすべて

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 13:57|PermalinkComments(5)TrackBack(0)生活 

2010年09月04日

魅惑のフランス生まれ

最近はブログの記事もバンドや楽器の比重が高くなって、以前のコレクターズ・アイテムについてあまり書かなくなっていましたが、久々にアイテム・ネタにいきたいと思います。その中でも代表的なアイテムは、やはりレコードでしょう。最近はなかなかレコードまでに手が回りませんが、ここらでまた少し紹介したいと思います。

france LPs

私のビートルズ・コレクションライフはもともとレコードで始まりました。その中でも力を入れて集めていたのは、各国独自のデザインのデフ・カバーと呼ばれるものです。特にヨーロッパで当時発売されていたものは、デザインや仕上がりが素晴らしいものが多く、特にフランス盤は群を抜いています。

美しい写真を使い、またフランス盤は独自の「Les Beatles」というロゴを使い、綺麗なジャケットです。フランス盤を収集するマニアも多く、価格的にも高騰しています。左の写真はフランス盤のオリジナル・アナログLPで、右上から時計回りに、通称ホースカバーと呼ばれるベスト盤、「Please Please Me」、「A Hard Day's Night」、「With The Beatles」です。特に上の2枚は枚数が少なく、私も手に入れるのに何年も探して、やっと手に入れることが出来ました。

france compacts

またフランス盤は33回転、4曲入りのコンパクト盤も人気があります。こちらもLP盤に劣らずの美しい写真を使用した厚手のコーティングジャケットで何とも言えない雰囲気です。

私も何年か掛けて、苦労してすいぶん集めましたが、探しても見つからないものも多く、特に通称「サンドイッチ・カバー」と言われる4人がサンドイッチを食べている写真のジャケットのものは20年以上探していますが、未だに現物に出会ったことがありません。これはパンを食べている4人の顔が良くないという理由で、マネージャーのブライアン・エプスタインが発売を中止にさせたため、数が極端に少なく世界中のマニアが探しているためです。

今は音楽がダウンロードが主流になり、レコードどころかCDさえも売れなくなった時代で、時代錯誤かもしれませんが、この美しいジャケットのレコード達をこれからも愛していきたいと思います。

フランスのレアつながりで、64年1月 1回目のフランス公演の珍しいカラーフィルムです。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村

 



nksmkzts4068 at 23:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記