2010年12月

2010年12月28日

2010年ありがとうございました!

早いもので2010年も終わろうとしています。皆さんにはどんな年だったでしょうか。私のビートルズライフ的には本当に充実した年でした。もちろん仕事、プライベート面でも大きなアクシデントもなく、お陰さまで無事一年を過すことが出来ました。本当にみなさん、ありがとうございます。

2010年も残すところあと数日になりました。2010年の「In My Life With The Beatles」的な出来事は色々ありましたねー。

sgt.bears2今年も本当にたくさんの方々と出会うことが出来て、充実した1年でした。7月のLive! The Bears結成10周年の記念ライブではサージェント衣装でアルバム「Sgt. Peppers」をまるまる1枚演奏することも挑戦しました。これは途中で本当に諦めようかと思うくらい難しく、大変でした(衣装を作ってくれた義母さんにも大変な思いをさせてしまいました・・)。

また遠方の方々とも交流が出来て、特に12月の軽井沢「苺畑でつかまえて」のイベントでは、普段お会いできない遠方のマイミクの方々ともお会いすることが出来て、本当にビートルズの音楽が取り持つ縁の凄さを実感しました。

残念ながら、Live! The Bearsのジョージ役、みやっちさんがお仕事の都合で、12月でベアーズを 卒業することになってしまいました。 しかし!後任ジョージに何とあのコピーバンド業界(どんな業界やねん)で有名なトッポの加入が決定!来年もLive! The Bears さらにステップアップ目指し頑張りますよ。

 

というわけで早速、来年2月にライブが決定しました。

               2011.2.26(土)
  Swinging London 50's-60's  「ビートルズとその時代」展

okazaki2okazaki1【場所】岡崎市美術博物館
【ライブ時間】第1回11:00~初期楽曲/第2回14:00~後期楽曲
【美術館観覧料】一般800円、小・中学生400円

ビートルズの新発見の貴重な資料が、岡崎市美術博物館のみに許可されて日本初公開!
レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミーペイジが、本展のために愛用のエレキギターや衣装を特別に出品!これも日本初公開!
詳細は岡崎市美術博物館HPをご覧下さい。

2011年も皆さん、ヨロシクお願いします!
そして皆さんにとっても良い年でありますように!
 

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 18:56|PermalinkComments(8)TrackBack(0)生活 | ビートルズマニア

2010年12月18日

苺畑ツアー!

12月12日、以前から何度かお伝えしていた軽井沢で行われるジョンのイベント『苺畑でつかまえて』が行われ、私達も総勢9名で軽井沢まで行ってきました。

12月12日正午からイベントが開場するということで、我々ベアーズのメンバーとアルマジロ・セッションナイトのお客さんであり友人、総勢9名で朝5時に名古屋を出発しました。途中での雪も心配しましたが、意外に順調で9時半頃には軽井沢に到着。

konchan

まだ時間があるということで、万平ホテル近辺の旧軽井沢あたりを時間まで散策しました。

そこでジョンが万平ホテルからよく自転車でやって来たというパン屋さん『French Berkery』を発見。ジョンが大好きだったというフランスパンをみんなで買いました。ジョンは焼きたてのこのフランスパンが大好きで、レジで買うとその場でちぎって食べていたそうです。お店にはジョンがお店に来た時の自転車を引いた写真も飾ってありました。

ジョンが好きだったフランスパンを買ってご満悦のこんちゃん!

そして早めの昼食を取ると、もういい時間です。早速、万平ホテルに行くと、もうすでに入口に長い行列。

ichigo1

しばらく並んでいると、名古屋にも来てくれたTeaさん、りっちぃさんに再会。極上の再会の挨拶は「もー、本当におバカなんだから!軽井沢まで来るか!?」と言ってハグです。もうすでに僕は泣きそうだったのでした。

そしていよいよ『苺畑でつかまえて2010』の開演です。オープニングアクトは元気一杯のビートルズ・ギャルバン「ブルーマーガレッツ」。そして中期バンド。ここで何と名古屋チーム、急遽エキストラで出演!それも『I Am The Walrus』のエンディングで、あのエッグマンでステージに登場させて頂きました。これはもう最高に楽しかった!10名で白い布に包まり白い帽子を被って「エブリバディ、ウッハ!エブリバディ、ウッハ!」と言いながら、練り歩きました。

ichigo2

そしてワシントンDCライブの完全再現。これはあのリンゴの回転ドラム台まで再現した最高のオマージュ。

後半はジョンの半生を描いた演劇とライブ仕立ての感動のステージ。やばい、泣きそうだ、と何度も涙を堪えました。

そして最後はみんなでHappy Christmasの大合唱。手作りの苺ふうせんがお客さんのトスで宙に舞う。また泣きそう・・、っていうか完全に泣いてた。

ジョンが好き、ビートルズが好きっていう共通項だけで集まった人たち。その人たちが半年間かけて手作りで創り上げた最高のイベントでした。最初は名古屋でビラ配りしようと思ったけど、遠いし行けるかな、って思ってました。でもスタッフのブログりっちぃのブログを読んでいくうちに、これは行かなきゃって思った。行って本当に良かった。その後の打ち上げも参加させて頂きましたが、もう皆さん、涙、涙です。そりゃそうだよね。好きなことをやりきるって素晴らしいなぁ。

次の日は雨の降る寒い軽井沢でしたが、念願の万平ホテルのカフェで、これもジョンが好きだったロイヤルミルクティーとアップルパイを頂きました。

milktea&applepie

ああ、ここでジョンはヨーコとショーンと三人で、紅茶を飲みながら、このパイを食べてたんだなぁ。

前日の苺イベントが動でジョンを感じる日だったとすると、二日目のこのゆっくりとしたホテルのカフェや軽井沢は、静でジョンを感じる日でした。

そしてその後、りっちぃさんの案内で、あまり知られていないヨーコの別荘を見に行きました。広い敷地の中に、意外と小さい感じの質素な別荘でした。

manpeihotel

この別荘の中は最後に三人で訪れた時のままになっているそうです。新聞や読みかけの雑誌、そしてジョンが弾いていたギターも。ジョンが亡くなってしばらくの間、ヨーコはこの思い出の多い軽井沢に来れなかったそうです。そして8年後にヨーコは軽井沢をひとりで訪れ、思い出の地を回り、この別荘にも来たそうですが、中はそのままとのこと。そんな話を聞いて、何だか少し感傷的になってしまう僕なのでした。

ジョンがリバプールに似た空気感を感じて、大好きだった軽井沢で最高の友人達と最高の時間を共有出来たことが本当に嬉しい二日間でした。Teaさん、りっちぃさん、そしてスタッフの皆さん、夢のような一日を本当にありがとう!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 00:34|PermalinkComments(8)TrackBack(0)生活 

2010年12月09日

僕の好きなジョン

今年もジョンの命日がやって来ました。(12月8日ですが、日本時間では12月9日)今年はジョン没30年ということもあってメディアでも沢山取り上げられているようです。

walls&bridges

多くの記事では、ジョンのことを『愛と平和を歌い続けたジョン・レノン』とか『愛と平和の伝道師』みたいな表現がよく使われているのを目にします。

確かにそういった一面もあり、特に死後はそういった面がクローズアップされている傾向にあるように感じます。 でも僕自身がジョンにイメージするのは、寂しがりやで弱い男のジョン、孤独で影のあるロックンローラーのジョンです。

一番好きなジョンのアルバムは?と聞かれて、迷わず『Walls and Bridges』と答えます。このアルバムはジョンの作品の中では非常に地味な1枚であり、このアルバムが好きだという人は少ないと思います。ヨーコと別居をして寂しさを紛らわすために毎日浴びるように酒を飲み、悪友達と遊び回り、俗に言う『失われた週末』という時期に、ロスで製作されたアルバムです。

john&catでもこのアルバム、ジョンの一番人間臭いところが溢れているアルバムだと思います。全体に寂しいムードが漂い、ヨーコとの別居中に一緒に暮らしていた中国人女性の恋人メイ・パンに対して「君のような最高の女性に会った事がない」と歌う身勝手なジョン、「落ち込んでいる時は誰も愛してはくれない」と惨めな自分に歌うジョン。ImagineやHappy Christmasを歌うのもジョンですが、こうした屈折した心を歌うのも、紛れもなく人間ジョン・レノンです。

僕はこういう人間臭いジョンが好きです。70年代初めの平和運動に熱心なジョンは正直、嫌いです。弱い面もさらけ出したひとりの男としてのジョンが、僕にとって等身大のジョン・レノンです。

75年にヨーコと再び出会いショーンが生まれ、平穏とひとりの人間として平凡な幸せを手に入れた頃のジョン。そんな頃のジョン一家が何度も訪れた場所、軽井沢に今週末行ってきます。あの待ちに待った『苺畑でつまかえて』のイベントです。そこでまた人間ジョン・レノンに出会えると思います。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:23|PermalinkComments(7)TrackBack(0)生活 

2010年12月02日

Beautiful Boy

いよいよ明後日に迫りました。

今年はビートルズ結成50周年、ビートルズ解散40周年、

ジョン没後30年という節目の年で

何でも中日新聞も取材に来るらしいっす。

皆さん、盛り上がっていきましょー。

12月4日(土) ハートランドスタジオ
http://www.heartlandstudio.co.jp/

The Wizz presents
JOHN LENNON & GEORGE HARRISON TRIBUTE
"2000-2010 TENTH FANTASY"

 [出] The Wizz/Live!The Bears/
    ZSAZSAZSU/ハリソン5
17:30 open 18:00 start
前\2,000  当\2,500  (D代別途 500円)


 

そして、こんちゃん!&カオリン  快音(かいと)くん誕生です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)生活 | The bears