2011年04月

2011年04月30日

Yesterdayの謎

アルマジロでのベアーズライブの企画で『アルバムまるごと1枚ライブ』というのがあります。1stの『Please Please Me』から始まって『For Sale』までいきましたので(昨年7月はベアーズ10周年ライブでSgt Peppersはまるごと演奏しましたが)、次は『Help!』の予定です。アルバム『Help!』にはポール役の私としては難関曲のこれがあるのでした・・。

paul with texan

そう、ビートルズといえば誰でもが知っている『Yesterday』です。66年のツアーではバンドスタイルで演奏していますが、アルバムを再現するならば、やっぱり弾き語りでしょうか。あまりにもベタな曲のため、ビートルズコピーバンドでも実は演奏しているバンドはあまりありませんし、私自身も今まで演奏したいと正直思いませんでした。

でも、2年前にポールモデルのTexanも買ったし、いっちょうやってみるか、という感じで自主トレ(個人練習?)に入りました。

で、ここでひとつ疑問が・・。実はYesterdayのキーはFなのですが、ポールはチューニングを1音下げて、Gのフォームで弾いています。何故、こんなことをしているんでしょう?コード的にも1音下げても、それほど弾きやすいわけではなく、むしろEm7が#Fm7になったりするので、弾きにくい感じが・・。

ただし、あの響きの感じはやっぱり1音下げないと出ない事が分かりました。というのはCDを聴くと分かりますが、バチンバチンという低音弦を弾く時のバズ音が入っています。Texanはもともと弦のテンションが少し強いギターで、この1音下げる効果により少しテンションが緩まって、このバズ音が発生します。ポールはこのバス音をパーカッション的な役割で、この曲に取り入れたかったのではないでしょうか。

いずれにしても、このような細かな事にも拘るポールは、やはり非凡なミュージシャンであると思わざるを得ませんね。おいおい、ウンチクはこれぐらいにして早く練習せーよ!皆さん、次回のアルマジロライブはどうか温かい目で、お願いします。

65年のエドサリバンショーでの『Yesterday』です。ここでもGポジションで弾いています。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 17:20|PermalinkComments(7)TrackBack(0)ビートルズマニア | The bears

2011年04月17日

久々の更新〜Some Other Guy

皆さん、すっかりご無沙汰しております。約1か月ぶりのブログ更新です。この1ヶ月間というもの、本当に色んな事があり、すっかりブログ更新を怠ってしまいました。(言い訳か?) でも気分的にそういう気にならなった、というのが本音です。しかし、久しぶりにブログ更新という事で、やっぱり基本路線に帰って、バリバリのマニアックな話題でいきたいと思います。

最近、YouTubeで見つけた動画で、非常に面白いものを紹介します。有名な『Some Other Guy』のフイルムをバージョン別に分けて、そして最後に全部のバージョンをマルチで収録している動画です。まずはご覧ください。

この動画を見つけて、このフイルムについて興味を持ったので調べてみました。このフィルムはマンチェスターに本拠を置くグラナダ・テレビが、1962年8月22日にキャバーン・クラブにて撮影したものです。ファンが送った1通の手紙から興味を持ったプロデューサーが、8月1日にキャバーンを下見をして22日に『Some Other Guy』と『KansasCity〜Hey HeyHey』の2曲が撮影されました。

cavern clubただし、実際にはその時にはお蔵入りとなり、放送されたのはビートルズに人気が出始めた1963年だったようです。しかも残念なことに『Kansas City』 のフイルムは破棄されて現存していません。

このフィルム音源からカッティングされたSome Other Guyのアセテート盤がのちにリバプールで出回ったそうですが、これはエプスタインが地元でプレスさせて、エプスタインのレコード店『NEMS』で販売したものです。(実際にこのアセテート盤は極少数現存しており、近年もサザビーズのオークションに出品されてます) 1962年8月22日というとリンゴがビートルズに加入して1週間足らず、また約2週間後の9月4日には『Love Me Do』の最初のレコーディング、という“歴史の間”という感じの時期であり、そう意識しながら見ると非常に興味深い歴史的なフィルムです。またフィルムの最後に「We want Pete! (ピートを出せ!)」と叫ぶ男性の声も収録されており興味深いです。

しかし、こうして見るとビートルズはやっぱりライブバンドであり、もしタイムマシンがあったらこの時期のライブを見たいと思ってしまいますね。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 12:54|PermalinkComments(8)TrackBack(0)