2011年06月

2011年06月23日

PAUL BIRTHDAY LIVE 2011"It's just a Birthday"

6月18日のポールの誕生日ドンズバにPAUL BIRTHDAY LIVE 2011"It's just a Birthday"と題されたイベントがハートランドスタジオにて行われ、Live!The Bearsも参加させて頂きました。沢山のお客様に来て頂き、誠にありがとうございました。(かもめさん、古橋さん写真お借りしまっす!)

moondogs

今回は我々の他に、The Moondogs、Harrison5、そして主催者じゃっくにーやん率いるThe Wizz の計4バンドが出演し、それぞれの個性ある演奏でとても盛り上がりました。

まずトップバッターはThe Moondogs。初期ナンバーでオープニングにふさわしく、ぐいぐい引っ張っていきました。それにしても初期ナンバーといえばThe Moondogsという感じがすっかり定着した感じです。

harrison5

そして2番目はHarrison5です。このバンドもすっかりビートルズイベントの顔という感じです。

普段はオリジナルを中心に演奏しているバンドですが、個人的には出てくる音の雰囲気が大好きなバンドです。ハリソン5流にアレンジされたビートルズナンバーはすごくいい感じで、そのセンスの良さにビックリです。

 

paul's birthday bears

そして3番目が我々、Live!The Bearsです。

今回はアルバム『Help!』をまるまる1枚演奏するという企画でやらせて頂きました。で、アルバム『Help!』でポールと言えば、「Yeasterday」ですね。本当に緊張してギターとさをりんのシンセバッキングだけで演奏しました・・汗。さをりんの素晴らしいバッキングのおかげで何とか出来たという感じです。

 

wizzそしてトリはThe Wizz のポールナンバーの演奏です。ソロの曲を中心に選曲されて、じゃっくにーやんのピアノによる「Maybe I'm Amazed」は良かった〜! 

このバンドはいつも思うのですが、音の塊というか、音圧がドンとくる感じで凄い迫力の演奏です。年季が違います。

 

rockestra

そして最後は、主演者全員で「Birthday」と「Rockestra Theme」をセッションして、大盛り上がりで終了しました。

本当にビートルズ、ポールが大好き、という想いに包まれたイベントで楽しかったです。

次回は12月のジョン、ジョージトリビュートイベントがまた予定されていますので、こちらもぜひ皆さん遊びに来て下さいね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:38|PermalinkComments(3)TrackBack(0)The bears 

2011年06月18日

PAUL McCARTNEY BIRTHDAY LIVE 2011

paul & hofner

 

いよいよ本日です!

2011/6/18 (土)
PAUL McCARTNEY BIRTHDAY LIVE 2011
"It's just a Birthday"

場所:名古屋・伏見ハートランドスタジオ
時間:開場 18:00 /開演 18:30
チケット:前売り2,000円/当日2,500円(いずれも別途ドリンク代が必要です)
出演:Live! The Bears/The Moon Dogs/ハリソン5/The Wizz

恒例のイベントです。
今年はSirポールの誕生日ドンズバの日にあたりますよ〜!
みんなでお祝いしましょ♪

最後に出演バンド全員でこの曲をセッションしますよ!お楽しみに



nksmkzts4068 at 01:28|PermalinkComments(3)TrackBack(0)The bears 

2011年06月04日

手作りサージェント衣装

すっかりLive! The Bearsの定番になりつつあるサージェントペパーズの衣装ですが、最近よく質問を頂きます。「どこで作ってもらったの?」「いくらかかったの?」とか「小物はどうやって揃えたの?」などなど。

sgt.costume1

そもそも昨年7月のベアーズ10周年記念ライブに、バンマスこんちゃん!がサージェントの衣装を着てアルバム全曲を演奏しよう!という無謀(?)なアイディアから、この涙の衣装づくりはスタートしたのでした。

まずは参考にしたのはこのサイトです。The Costumer's Guide to Movie Costumes

いやー、こんなマニアックなサイトを作った人がいるのをまずは驚きました。このサイトから軍服用の型紙を海外から購入して、バンマスのこんちゃん!は何とメンバー全員分の衣装生地や色々なパーツを名古屋にある大塚屋という手芸店に何度も通って揃えたのでした。これだけでも涙モンです。

sgt.costume3

で、プラモデルのようにパーツをメンバーに渡し、「各自つくるのだ!」と指令が下ったのであります。私は裁縫が得意なカミさんのお母さんにお願いしたのですが、最初は引き受けてくれたものの、途中で何度も「この衣装が夢に出てきて、追いかけられるのでもう無理だから辞めさせて・・涙」と言われるのを何とかお願いして作ってもらいました。で、最終的にこの仕上がりです。素晴らしい!

そしてワッペンなどの小物にも苦労しました。まず左腕のワッペンは名古屋のワッペン屋さんに作ってもらい、勲章はMBE勲章のレプリカをこんちゃんが探して来てくれました。

 

sgt.costume4

そして左わきにあるワッペンは見つからなかったので、アルマジロのお客さんのもっちゃんがパソコンでデータを作ってくれて、それをアイロンプリント用紙に出力してアイロンプリントして作り、そして最後まで見つからなかった中央の金色のバッジは、これまたもっちゃんが韓国のアーミーショップのサイトで発見!それを通販で購入してようやくポールの衣装完コピとなったのでした。

ステージでは後ろはなかなか見えないのですが、後ろも出来る限り再現したので初公開します。ポールの衣装の後ろは「サージェントペパーズ」の裏ジャケではっきり確認出来るので、比較的楽でした(作ったのは僕ではなく、母ですが・・)

他のバンドではプロに1着20万円で作ってもらった、というのも聞いたことがありますがベアーズはこうして、多くの方々の協力を頂いて手作りしたのでした。でもある意味これは20万円以上の価値はあるね。

これからもイベント等々で着ていきたいと思いますので、皆さんぜひ実物を見に来て下さいね。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 18:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ビートルズマニア | The bears