2011年08月

2011年08月31日

モーニングライブに行って来ました

今回はビートルズネタではありませんが・・。モーニングライブというものに行って来ました。事の発端は、アルマジロ・ビートルズセッションナイトの常連さんでありますS氏(通称『もっちゃん』)が、あるひょなんことからお知り合いになった倉内 南さんのライブがあるから行かない?というものでした。

もっちゃんから聞くところによりますと「YouTubeにも倉内南ちゃんの動画がいくつかアップされているから見てみい。めっちゃくちゃ良いでー。もー大好きなんだわ」というので、早速見てみたら、あまりにも上手なギターと歌にビックリ!  ということで眠い目をこすりながらモーニングライブに行ったわけです。

otogibanasiモーニングライブという初めての形態におじさん達は戸惑いながら、朝8時スタートというライブハウスでは考えられないような早朝にも関わらず、まだお店が開いていない7時半にすでに到着していたのでした。

お店は愛知県岩倉市の『Acoustic Music Cafe  おとぎばなし』というお店で、良い感じのお店です。9月にはセンチメンタルシティロマンスの中野督夫さんのライブも予定されていました。

 

373chanそうこうしているうちに8時になり、ライブスタートです。倉内南ちゃんのレパートリーの曲が書かれた紙が配られて、リクエストをして歌っていくという形式で、色んな曲が用意されていました。ビートルズからキャロル・キング、ノラ・ジョーンズ、そしてトイレの神様まで多種多様。

で、早速演奏が始まったのですが、日曜の朝にぴったりの気持ちの良い歌とギターで、もう本当に上手いし、リラックスしていい演奏なのです。そして何よりも南ちゃんのチャーミングなキャラに、もうおじさん達はうっとりです。

 

ironartなんでも彼女は歌以外は、鉄のアートのオブジェを作っていて、普段は鉄鋼所に勤めて仕事後にオブジェを制作しているという芸術家なのです。

『おとぎばなし』のお店の外にあるトマトもオブジェも、何と彼女の制作したものと聞いてビックリです。

お店の2階にも作品が飾られていました。一緒に行ったドラマーのスタッチーさん、ドラムのオブジェに釘付けです。何でもリンゴのドラムセットをモデルに作ったオブジェで、今にも買いそうな勢いでした。

ぜひアルマジロのビートルズセッションナイトも遊びに来てねと挨拶させて頂きましたが、これからも倉内南ちゃんのライブがあったらおじさん達は、即行で飛んでいくと思います。

素敵なライブをありがとうございました。

当日も演奏してくれたノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」 素晴らしい!

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 23:35|PermalinkComments(6)TrackBack(0)生活 

2011年08月21日

ビートルズ人形劇

YouTubeにはビートルズ関係の様々な動画が投稿されていますが、人形を使った面白い動画もたくさんアップされています。結構色んな種類の「ビートルズ人形劇」がありますが、ビートルズがいかに多くの人に愛されているかが分かりますね。

最初はビートルズのマペットでは一番多くの種類が投稿されている街頭パフォーマンスのTV出演です。これは動きも特徴をとらえていてスゴイですね。一度生で見てみたいです。

 

次はレゴ・ビートルズです。映画のオープニングのイメージで作ってあり、口もしっかり歌に合わせて動かしています。1コマ1コマコマ送りで作った力作ですね。リンゴの手に大きな指輪が!

 

次はさらに高度な操り人形で動きもリアルです。でもI Saw Her Standing Thereなのにジョンがボーカルをとっているのが惜しいっす・・。

 

最後は極めつけのコレです。大型ジョージ人形で、サンダーバード的でもあります。この人もいくつか動画をアップしていて自身が操っているのが映っている動画もあります。ジョージが大好きなんでしょうねー。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 11:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ビートルズマニア 

2011年08月10日

ライブのお知らせ

【ベアーズ ライブのお知らせです】

来る8月20日(土) 刈谷わんさか祭り ステージイベントにてベアーズ出演します!

刈谷わんさか祭りhttp://www.kariya-guide.com/festival/?Mode=detail&code=6

時間 17:00〜17:20  場所 メインステージ

なお当日はドラムのエディさん欠席のため、『The Moondogs』のリンゴ、スタッチーがヘルプしてくれます!(ちなみにヘルプ!もやりますが)

このお祭り、盛大な花火大会があってとても沢山の方が来場されるお祭りだそうです。

ぜひぜひ皆さん、遊びに来てください。

当日はシェアの衣装予定なので、暑さで倒れるかもしれません

bears夏祭り

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 00:05|PermalinkComments(3)TrackBack(0)The bears 

2011年08月01日

この本、誰が買うの?

もう解散して40年以上になるというのに、ビートルズに関しての本は毎月のように新刊が出版されています。その中でも最近、私のマニア心のストライクど真ん中に入る本が発売されました。その名も『ビートルズUK盤コンプリート・ガイド』という聞いただけで鳥肌が立つような名前の本なのです。

UK complete guideこの本は音楽出版社CDジャーナルのムックとして発売された本で、その名の通りビートルズのUK盤(イギリス盤)のレコードをこと細かく解説した本です。ジャケットはもとより、レーベルの細かい変遷までオールカラーの写真で説明しています。

今まで我々のようなレコードコレクターと言われる人達は、一部のコレクター誌やインターネットの情報、はたまたレコード店のオーナーの人達との情報交換によって、こんなレーベルがあるのか、とかジャケットも年代によってこんな微妙な違いがあるんだ、ということを  情報収集していました。

それがこうした情報が整理されて一冊にまとめられた本が出版される、しかも日本語で、なんてことはコレクターにとっては本当にありがたいことです。

UK complete guide2

しかし、それはビートルズ・レコードマニアという非常にニッチな人種に言えることで、普通のビートルズ・ファンにはこんな細かいことを分厚い本にまとめられても全く買おうという気にならないのでは、と思います。

でも今回この本を企画し、出版しようと決定した方々に拍手を送って、この本を迎え入れたい気持ちです。だってこの本を沢山売ってひと儲けしよう、なんてこととは全く別の次元の本なのですから。しかしある特殊な人達からは宝物の解説本として大切に読まれると思います。(僕もそのひとり)

UK complete guide3

内容としては普段、博物館級でお目にかかることのできない「Please Please Me」の初版ゴールド・パーロフォンのステレオ盤(現存数は世界中でも数百枚と言われています)をはじめ、各種のアルバムのレーベル違い。またジャケットの細かな違いも写真付きで解説されています。

UK盤をコレクションしているコレクターはもちろんですが、オリジナルのアナログ盤は欲しいけど、とても手が届かない、というビートルズ・ファンの方々にもぜひ読んで頂いて、当時のアナログ盤の質感やジャケットの素晴らしさというのも感じて欲しいと思います。

でも大きなお世話かもしれませんが、一体この本は何冊ぐらい売れるんだろう?(笑) そいうい意味では廃刊も時間の問題だから早めに買っておいた方がいいかもしれませんよ!

 

さすがにUK盤レコードに関する動画はないだろう、と思ってたら、こんな動画発見!

この動画こそ一体誰が見るんだ? でもレコードマニアには堪らない動画です。

いつもお読みいただきありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーを、ポチッとお願いします

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 22:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ビートルズマニア | 蒐集日記