ビートルマニアが集まる楽しいお店次なる計画は・・

2010年02月11日

JLM閉館に

さいたまスーパーアリーナにある「ジョン・レノン ミュージアム」が今年の9月30日で閉館することが、正式に発表になりました。2年前、初めて私も行きましたが、やはり来る時が来たか、というのが正直な感想ですが、残念でもあり複雑な心境です。

john1

10年前にジョンレノン・ミュージアムはオープンし、オープン当時は非常に盛況で長蛇の列でなかなか入ることが出来なかったとメディアでは報道されていました。ジョンの貴重なギターや直筆の歌詞、ステージ衣装など、普段はとても目にすることが出来ないような品々が展示され、ジョンの生涯を直接肌で感じることが出来るミュージアムです。

私も遅ればせながら、2年前の6月に初めて訪れました。そして、その時の感想は半分は感動、そして正直半分は疑問でした。

まずひとつは、入場者の少なさ。確かに私は平日の昼間、それも雨の降る日だったのですが、2時間以上の滞在時間中に、館内で他の誰とも出会いませんでした。その分ゆっくり観ることが出来たのですが、正直これで続けていけるのかと思いました。

そして、これは今回の閉館についてのひとつのポイントかもしれないのですが、何か言葉で表すことの出来ない空虚感です。確かに貴重な品々を観ることが出来て、私自身は興奮状態だったのですが、ミュージアム全体からジョンが好きでたまらない、ジョンを皆に伝えたいという心の部分が希薄な感じがしたのです。2年前の時点で、すでに展示物のいくつかはレプリカに代わっており、また1時間その前から動くことが出来なかった58年リッケンバッカー325のヘッドには埃が被っていました。ジョンが大切にしていたリッケンバッカーが悲しそうに見えたんです。出口のアンケートで私はそのことを書いたところ、数日後に館長さんからお手紙を頂き、そこには契約によりオノヨーコさん以外は触れることが出来ないためご了承ください、と書かれていました。大変、丁寧なお手紙で館長さんの誠意は伝わってきましたが、何か残念な気持ちだったのを憶えています。

確かに貴重なジョンにまつわる品々が日本にあって、それを観ることが出来るというのは日本にファンにとっては嬉しいことです。でも反面、今の状態でミュージアムを存続させていくのは私には辛いこととも思えるのです。また博物館には必ずいる学芸員がいないことも問題なのかもしれません。デパートの催事場で行うような「ジョン・レノン展」の延長のようなものであれば、これ以上は続ける必要はないと思います。ジョンの伝えたかった事をゆかりの品々を通して、しっかり伝えられるような博物館でなければ意味がないのです。

次の移転地も決まっていて(海外であることは間違いないと思います)、ヨーコさんが近日中に発表する予定だそうですが、その辺をもう一度しっかり考えてジョンの想いが伝わり、何度も訪れたいと感じるような素晴らしいミュージアムを創り上げてほしいと願います。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

もしよろしければ下のバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ
にほんブログ村



nksmkzts4068 at 09:20│Comments(8)TrackBack(0) 生活 | ビートルズマニア

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しゅうかつ   2010年02月11日 10:31
ジョンが亡くなる直前のインタビューで

「エルビスみたいに博物館に飾られたくない」

と 語ったのを憶えています

僕も複雑に思っていました
オエイシスのノエルが「イギリスに返すべきだ」と言っていたのも、わかります
ジョンはいつも そばにいます

想像してごらん!
2. Posted by ダン・コレステ   2010年02月12日 08:51
>しゅうかつさん
そうですね。
ジョンはいつも心にいますから!
僕達はその気持ちとジョンの歌が聴ければ、それで充分!
3. Posted by Yuji   2010年02月12日 22:09
■こんなに大好きなのに
 実は一度も行った事がないんです。
 なんでだろ、って思ってたけど
 ひょっとしたらダンコレさんの見た
 「その感じ」を
 うすうすなんとなく感じていて
 それを見たくないからなのかもしれないな。
 でも
 そこも含めて、
 閉まる前に一度は行ってみようと思います。
4. Posted by にむぞう   2010年02月13日 10:49
昨日、行ってきました。

平日、雨(雪)、寒いとあったのかやはり人は少なかったです。自分の周りで10人前後でした。

やはり、貴重なものが見えるのは嬉しかったです。
58年リッケン325は特に埃が目立ちますね・・・。

行く人は、基本ビートルズが好き!という前提があるから、歴史云々については特に目新しさを感じれないし、特に楽しみな楽器を見るにしても、せめて埃ぐらいは取って欲しいですね。

それでも、見る品々でいろんな思いがこみ上げ目をウルウルしてしまうのが、ファンが故なんでしょうね。

閉鎖自体は残念ですが、貴重なものを見えたことはやはり嬉しかったですね。

ただ、レスポールjrが他の展示でなかったのが残念・・・。


折角埼玉に来たので、鉄道博物館にも行ってきました!人数限定のD51のシュミレートは難しかったけど、楽しいですよ。
5. Posted by ダン・コレステ   2010年02月13日 21:31
>Yujiさん
そうですね、ぜひ閉館する前に一度行ってください。
僕も2年前に初めて行った時に、なんで今まで行かなかったのかな、と思いましたが、多分行く前から何となく分かっていたのかもしれないなぁ。

>にむぞうさん
コメントありがとうございます。
私が行った時にはレスポールJrや、Gジャンなどもありましたが、今はないんですねー。
何でも別の展示会に貸し出しをされているそうです。
6. Posted by ニワジュンイチ   2010年02月15日 20:35
こんにちは。先般の新年会ではお世話になりました。

私も2年前に一度だけ見に行きました。私個人としては、やはりビートルズ時代の展示が最も興味深くて、特にカジノの現物の展示には感激しました。思ったよりもボロでしたが。

近くに住んでいれば、二、三回ぐらいは行ってみたい気もしましたが、やはり、距離を考えると、これ以上は無理かなとも思います。全国の巡回展示とかでもやれば、もうちょっとちがってたかもしれません(多分、契約上無理だったのでしょう)。

一ロックミュージシャンの展示として、十年続いただけでも御の字というところでしょうか。
7. Posted by Cafe Lennon   2010年02月17日 15:04
ダンさん、素直な感想ありがとうございます。
地元に貴重な博物館が出来た時は、感激でした。しかし、結果的に地元に根付いていなかったと思います。存続の為に署名活動を駅前でしたが「そんなミュージアムがあったの?」と言った人が複数いたと・・・、聞きました。展示の内容もジョン・ヨーコ・ミュージアムと疑う程にがっかりしたとの意見も聞きました。
 以前から閉館の噂があったが、凄くさびしい気持ちでいっぱいです。残念!
 ヨーコさんが「ジョンの魂、次の旅へ」と言っていました。ジョンは、皆の心の中で生きています。
8. Posted by ダン・コレステ   2010年02月20日 00:25
>ニワジュンイチさん
こんにちは。
そうですね、一人のミュージシャンのミュージアムで10年も続くこと自体が別格ですね。
しかし、僕もカジノの傷み具合には驚いた記憶があります。

>Cafe Lennonさん
認知度は意外と低いんですねー。
広報にも問題があったのかも・・。

そうそう、でもジョンの音楽はいつでも心にあるから物質的には関係ないですね。
ってコレクターの僕は言うのはヘン?(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ビートルマニアが集まる楽しいお店次なる計画は・・